2020120802 (10)








「最近は、キャンプブームということもあり、オンシーズンだけではなく、オフシーズンの寒い時期もたくさんの方がキャンプをされています」


人気のキャンプ場は、冬場でもなかなか予約が取れない状態が続いています。


2020013008 (5)









「冬キャンプの暖房器具といえば、いろいろとありますが、主に石油ストーブを使われている方が多いと思います」


石油ストーブは、手軽に使える冬キャンプの暖房器具ですが、燃料に灯油を使っているので、灯油の持ち運びをしなければいけません。


IMG_0025









今回は、我が家の使用している灯油の入れ物を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









灯油の入れ物と量:


FullSizeRender









「冬キャンプの暖房器具で、手軽に使えるのが石油ストーブ」


石油ストーブがあれば、冬キャンプを快適に過ごせます。




冬キャンプをされるなら、石油ストーブは絶対に持っていてほしいキャンプアイテム。


2020111502 (18)









「我が家は、石油ストーブのフジカハイペットを使用」


フジカハイペットは、コンパクトで暖かいですが、現在人気がありすぎて2年程待たなければ、購入できません。


3019120201 (1)









「2年も待てないという方は、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズか、コロナ対流型ストーブがおすすめ」


トヨトミKSシリーズは、フジカハイペットより、ひとまわり大きなサイズですが、暖房出力が高いので、フジカハイペットより暖かいです。




暖房出力が6.6kwあるのでかなり暖かく、ランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます。



FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、冬キャンプに向いている石油ストーブ」


燃料を満タンにして車で持ち運んでも、灯油が漏れません。




トヨトミKSシリーズは、キャンプで使う我が家のおすすめの石油ストーブ。


FullSizeRender

























「コロナ対流型ストーブの暖房出力が6.5kwになっており、こちらもランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます」


FullSizeRender

























ヒューナースドルフ:


2020120803









「冬場は、昼間でも気温が下がるので、幕内にいると、石油ストーブをつけっぱなしにします」


IMG_0025








「石油ストーブを長時間付けると、灯油がいるので、灯油のポリタンクを別に持っていく必要があります」


灯油のポリタンクは、こだわりがなければホームセンターで売っている物でもよいと思います。




せっかく購入して長く使うなら、おしゃれな物がいいと思い、我が家はヒューナースドルフのポリタンクを使用。


2020120802 (9)









「ヒューナースドルフのポリタンクはドイツ製で、今人気がある灯油のポリタンク」



インスタグラムやツイッターでも、多くの方が紹介されていて、使用されています。


2020120802 (10)









「ヒューナースドルフのポリタンクの色は、レッド色とオリーブ色があり、我が家はレッド色を購入」


2020120802 (8)









「レッド色のポリタンクに、ステッカーを貼り、おしゃれにアレンジしています」


ステッカーを貼るのと貼らないとでは、雰囲気がとてもかわりますよ。


2018122701

























「どちらかいうと、人気があるのがレッド色よりオリーブ色で、オリーブ色を使用している方がかなり多いです」


FullSizeRender









「黒いホースで灯油を入れるのですが、タンクと黒いホースの接続部分が灯油漏れを起こしてしまいます」


2018122704









「我が家は、100円ショップの灯油ポンプを使用」



2020120802 (1)

2020120802 (3)









「おすすめは、センゴクアラジンとタカギがコラボした灯油タンク」


値段は高めですが、とてもおしゃれで、ヒューナースドルフのポリタンクと相性が良いです。


FullSizeRender

























「ヒューナースドルフのポリタンクは、5Lと10Lの入れ物がありますが、おすすめは10Lで、冬キャンプをされるなら10Lは必要」



2020120802 (7)









「冬場は、昼間でも気温が下がるので、幕内にいると1日中石油ストーブをつけっぱなしにします」


キャンプ場を2泊以上、連泊する可能性もあるので、灯油のポリタンクは5Lより10Lの入れ物を購入し、多めに灯油を持っていった方が安心。


2020120801 (9)









「キャンプをしている途中で灯油がなくなったら、灯油を買いに行がなければなりません」


近くにガソリンスタンドがあればよいですが、なければ遠くまで買いに行く必要があり、けっこう面倒。


IMG_0005 (2)









「我が家は、おしゃれなヒューナースドルフのポリタンク10Lを使用」



10Lあれば、2泊3のキャンプも安心で、石油ストーブに給油ができます。


2020120802 (6)

























まとめ:


2020120801 (7)









灯油のポリタンクは、ホームセンターで売っている物でも使えますが、せっかく購入するならおしゃれ方が良いと思います。


我が家は、ヒューナースドルフのポリタンクを使用。


ヒューナースドルフは、見た目がおしゃれで、置いとくとインテリアにもなります。


インスタグラムやツイッターでも紹介されている方が多く、今流行りのキャンプアイテムです。


以上、「こんなおしゃれなものがある!キャンプで使う灯油の入れ物はこれしかない!詳しくブログで紹介


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!