2021101701 (31)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2020112210 (4)









「1年で最も過ごしにくい季節が、朝晩でも気温が下がらない真夏のキャンプで、キャンプをしていて不快感があります」



IMG_6070









「真冬のキャンプも過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば、自宅にいるより快適に過ごせます」


2021101701 (31)









「今回紹介するのが、12月キャンプの必要なもの・装備・服装」


12月は、1月中旬から2月上旬の真冬のキャンプとは違い、気温が下がらない日もありますが、しっかりとした装備が必要です。


2020013008 (5)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、12月キャンプの必要なもの・装備・服装を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011650









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









寒さ対策・装備・服装:


2020112201 (1)









「気温が下がってくると、必ず発生するのが地面からの冷気」



地面を手で触ると冷たく感じるのが冷気で、テントの床部分からも必ず冷気が発生します。




冷気対策をしなければ、テントの床部分が冷たいので、冷えて快適には就寝できません。


2020013008 (4)




オールウェザーブランケット:


2021051701 (3)









「我が家はテントの床部分に、オールウェザーブランケットを使用」



オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。



2021051701 (4)









「テントの床部分、一面に敷いておけば、ダメージや傷の防止にもなります」



テントの劣化や、何かアクシデントで雨水がテント内に浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておけば、シュラフやインナーマットを濡らしません。



2020013007 (10)


























厚めの銀マット:


2021051701 (7)









「厚めの銀マットがおすすめな理由は、値段が安く手軽に購入できるから」



厚みがあるので、地面からの冷気を完全に遮断し、クッション性を高めます。





厚めの銀マットを2〜3枚敷いておけば、就寝する時、インフレーターマットを使う必要ありません。



2018061409









「厚めの銀マットを敷くと、冬場の地面からの冷気対策になります」



2020013010 (1)

























エルパソのブランケット:


2021101701 (19)









「極厚の銀マットの上には、エルパソのブランケット」



エルパソのブランケットは、昔も今も流行りのキャンプアイテム。




人気がありすぎて、一時期購入できませんでしたが、現在は落ち着いています。


2021101701 (31)









「エルパソブランケットの人気がある理由は、他にはない雰囲気で、見た目がかなりおしゃれ」


2021101701 (14)








「生地はかなり分厚く、とてもしっかりとしています」



触ってみると、思っている以上に、生地の分厚さがあります。


2021101701 (12)









「サイズが150×210cmなので、4人用のテントなら、2枚敷くとちょうどいい大きさ」



年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。


2021101701 (35)









「見た目以上に、かなりおしゃれなブランケットだと思います」



2021101701 (27)
























石油ストーブ:


FullSizeRender









「12月は、真冬程気温は下がらないですが、しっかりとした暖房器具が必要」



春・秋・冬とキャンプをされるなら、石油ストーブは購入された方がよいです。





タンク一体型で日本製の石油ストーブは、灯油を満タンにし、車で運搬したり持ち運んだりしても、灯油漏れを起こしません。



FullSizeRender









「我が家は、石油ストーブのフジカハイペットを使用」



フジカハイペットは、コンパクトで暖かく、冬キャンプに向いた石油ストーブですが、注文から購入まで2年待ち。



2020111502 (15)









「すぐに購入したいという方は、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズか、コロナ対流型ストーブがおすすめ」



FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、フジカハイペットよりひとまわり大きなサイズですが、フジカハイペットより暖かいです」



現在、とても人気があり、冬キャンプでかなり使用されている方が多いです。



FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、暖房出力が6.6kwあるのでかなり暖かく、ランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます」


FullSizeRender


























「コロナの対流型石油ストーブは、トヨトミKSシリーズと同じスペックですが、トヨトミKSシリーズより値段が安いのが特徴」



暖房出力が6.5kwになっており、こちらもランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます。


FullSizeRender


























「電源サイトの場合は、暖房器具で最強のホットカーペットを使用して下さい」



2019012601 (2)









「ホットカーペットを使用すると、就寝する時、高級なダウンシュラフは必要なく、分厚い化繊のシュラフだけでも快適に就寝できます」



我が家みたいに2人で使用するなら2畳用のホットカーペットで、家族4人なら3畳用のホットカーペットがおすすめ。



2019012601 (3)


























「電源なしサイトでは、電化製品が使用できないので、電源を使わない湯たんぽがおすすめ」



2020013009 (5)









「湯たんぽは、直火式のを使用すると、カセットコンロなどで、直接お湯を沸かせるので、とても楽です」



直火式湯たんぽは、やかんやケトルから、湯たんぽにお湯を入れる作業がないので、家族分の湯たんぽを使用しても苦にはなりません。



2019021005









「我が家は、マルカの湯たんぽを使用」



2019021506

























「ポータブル電源を使用すれば、電源毛布を使うことができます」



ポータブル電源で、電気毛布なら1泊2日使用することが可能。



FullSizeRender









「ポータブル電源のPowerArQ3は、新技術のバッテリー交換システムを搭載」



FullSizeRender









「これまで弱点だったバッテリーの劣化を、バッテリー交換をすることで克服」



バッテリーだけを交換すると、本体を購入するよりかなりお得に、半永久的に使用できます。





バッテリーのみを追加で購入すると、無限に容量を増やすことも可能。


FullSizeRender

FullSizeRender









「PowerArQ3は、最大555Whの容量」



555Whの容量があるので、例えば100Whを消費する機器だと、約5時間動作することができます。



FullSizeRender


FullSizeRender





電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「550WhあるPowerArQ3は、電気毛布1台、強50Whで使用しても、約11時間使用できる計算になります」



PowerArQ3のAC出力は最大500Wなので、消費電力が500Wまでの電化製品を使用することが可能。



FullSizeRender










「見た目がよくおしゃれなPowerArQシリーズは、最も売れているポータブル電源」


FullSizeRender

























「コンパクトに畳めるので、持ち運びや車の積載にも便利」


家族で電気毛布を使用されるなら、電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと暖かく、家族でシェアできます。


2020013010 (3)

























12月の服装:


2020112210 (4)









「12月のキャンプの服装は、普段着ている服装より、少し厚着にして下さい」



我が家は、ユニクロの超極暖のヒートテック+ユニクロのフリース+コロンビアのジャケットを着ています。



2020112210 (6)

2020112210 (3)









「コロンビアのジャケットは、裏地にドット状のアルミニウムを使用し、保温効果をアップしているので、とても暖かいです」



暖かくカジュアルなので、普段着としても着れるのでおすすめ。



2020112210 (5)


























「ボトムスは、超極暖のヒートテック+ジーンズを着用しています」



ごあつきが嫌なので、ボトムスは超極暖のヒートテックとジーンズだけを履いていますが、全く寒くありません。



2020112210 (3)









「防寒ブーツは、今流行りのワークマンから発売されているケベックがおすすめ」



我が家も、ケベックを使用しています。



2018110405







ワークマン公式サイトCheck!















まとめ:



IMG_0006 (3)









12月のキャンプは、1月中旬から2月上旬の真冬と同じような、装備でキャンプをして下さい。



12月でも朝晩は、一桁台前半まで気温が下がる時があります。



冬キャンプをされるなら、石油ストーブは必需品なので、あった方が絶対便利です。



以上、「初心者も超快適!12月のキャンプ必要なもの・装備・服装を詳しくブログで紹介!
」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック