IMG_9091








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


寒い時期から暑い季節まで、1年を通して春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_0006 (1)









「我が家は、夫婦で行くキャンプがメインですが、1人でゆったりと過ごしたい時、ソロキャンプにも行きます」


2021013001 (6)









「ソロキャンプに行く時、必ず持って行くのが、オールウェザーブランケットという多目的シート」



オールウェザーブランケットは、グランドシートからインナーシートまで、いろいろと便利に使えるので、1枚は持っておきたいキャンプアイテム。


IMG_5992









今回は、ソロキャンプに絶対便利、オールウェザーブランケットを詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
ソロテントのグランドシート


2020111502 (12)









「オールウェザーブランケットは、一時期人気があり売れ過ぎて、購入できない時がありました」


現在も品薄で、タイミングによっては、購入できないこともあります。




そんな人気のあるオールウェザーブランケット、どこにそんな人気があるのかというと、いろいろな場面で使用できる多目的シートで、使い勝手がよく便利だからという理由があります。


2020013007 (10)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています」



我が家は、ソロテントのインナーシートやグランドシートにも使用しています。


3019052301 (2)

2021013101 (2)









「オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスチックフィルムという4層からなる構造」



4層からなる厚みのあるしっかりとしたシートで、我が家は10年間キャンプでオールウェザーブランケットを使用し続けていますが、いまだに破れやダメージがありません。



20210416200









「値段は、他のシートより少し高めですが、何十年と使用できるので、選ばれて損はないと思います」



NASAが開発した多目的シートだからこそ、丈夫で使い勝手が良いのだと思います。



2020102502 (6)






















インナーマット



2020013007 (10)









「最近は昔と比べて、集中的に短時間で雨が降ることがあります」



キャンプ場は、土などを入れ替え、水はけがよくしてあるのですが、集中的に雨が降ると、どうしても地面が吸収できず水溜りになることもあります。





水溜りにテントを張ってしまうと、気をつけてほしいのが、地面からの雨水の浸水。



3019052302









「防水性の高いオールウェザーブランケットを、インナーマットとして敷いておくと、雨水がデント内に浸水してきても、マットやシュラフを濡らしません」



オールウェザーブランケットが、雨水をシャットアウトしてくれます。





オールウェザーブランケットをテント一面敷くことで、テントの床の痛みやダメージ防止にもなります。



3019052301 (2)









「我が家は、テントを張る時、オールウェザーブランケット+厚みのある銀マットを敷いています」



寒くなると必ず発生するのが、地面からの冷気。





厚みのある銀マットは、地面からの冷気を遮断し、クッション性を高めます。



2020013010 (1)








「1枚より2枚敷いた方が、よりクッション性を高めるので、我が家は厚めの銀マットを2枚敷いています」



できれば、厚みのある銀マットを、2枚重ねにして下さい。





真冬の時期でも、テントの床に敷く敷物は、オールウェザーブランケット+厚みのある銀マットでOK。



20210416201




















グランドシート



20201222702 (4)










「テントを張る時、必ず敷いてほしいのが、グランドシート」



グランドシートを敷くことで、テントの床部分の痛み防止や汚れ防止になります。






特に、地面が砂利や石が多いサイトだと、テントの床部分に、穴があく可能性もあります。


2020122701 (8)









「我が家は、テントの床下部分に、グランドシートとして、オールウェザーブランケットを使用しています」



オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスチックフィルムという4層からなる構造で、雨水をシャットアウト・テントの床のダメージ防止にもなります。





サイズは、サイズ152x213cmなので、ソロやデュオ向けのテントのグランドシートに、ちょうどいい大きさ。



2021013101 (1)

2021013101 (2)









「我が家は、年間50泊行くキャンプに、必ずオールウェザーブランケットを持っていきます」



オールウェザーブランケットは、いろいろと使える、便利な多目的シート。



2020013007 (10)





















まとめ


IMG_9215









ソロキャンプ・デュオキャンプ・ファミリーキャンプに、オールウェザーブランケットがあれば、とても便利。



我が家は、10年間使用し続けています。



テントのインナーシートやグランドシート、グロメットがついているので、タープの代わりにもなります。





オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。


使い勝手や見た目もいいオールウェザーブランケットは、我が家のお気に入りのシート。


以上、「ソロテントのグランドシートは絶対これ!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!