2020111502 (8)









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のテントが発売されています」


購入する時、どの種類のどの形のテントを、購入したらいいか迷います。


今回紹介するのが、設営撤収が簡単で楽な、ワンポールテント。




ワンポールテントも、いろいろなブランドから発売されていて、たくさんの種類があります。


FullSizeRender









今回は、我が家がおすすめするワンポールテントを、詳しくブログで紹介したいと思います。











2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ノルディスク:


IMG_0005 (2)










「アスガルドは、デンマーク発のノルディスクから発売されているワンポールテント」


2020013008 (5)









「ノルディスクで、一番人気があり売れているのがアスガルド」


アスガルドは、我が家も保有しており、幕の色が白色でおしゃれ、キャンプサイトでとても映えます。


2020013008 (4)









「生地はポリコットンで、幕質は分厚くとてもしっかりとしているので、長く使えます」


アスガルドは、我が家が購入してよかったと思えるワンポールテント。


ワンポール+出入り口にクロスのフレームを使うので、ワンポールテントですが広く使えます。




4人家族で使用されるなら、アスガルド12.1がおすすめ。


FullSizeRender





アスガルド12.6:

素材:テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:400x375xH250 cm 

重量:18.5 kg


























「アルフェイムは、ノルディスクの代表的なワンポールテント」



アルフェイムもアスガルドと同じく、ノルディスク から発売されているワンポールテント。




形が三角形なので、デッドスペースがありますが、高さがある分広く使えます。


FullSizeRender









「サイズは、12.6と19.6の2種類があり、4人家族で使用されるなら、400×400×275cmのアルフェイム12.6がおすすめ」


素材は、ポリコットン製になっており、幕質は分厚く丈夫なつくりなので、長く使うことができます。


FullSizeRender





アルフェイム12.6:

素材:テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:400x400xH270 cm 

重量:12 kg


























テンマクデザイン:


2020040401









「サーカスTCは、我が家も保有しており、他のテントと比べて、最も使用回数の多いワンポールテント」


ソロから家族でキャンプをする時まで、幅広く使えます。




家族で使用される場合は、お座敷スタイルにすると、家族4人まで使用することが可能。



2020111502 (8)









「サーカスTCの人気がある理由は、値段が安く手軽に購入できること」



値段は安いですが、幕質に妥協はしておらず、分厚くしっかりとしたつくり。




思われている以上に幕質が分厚く、値段が安く手軽に購入できます。


3019110414 (2)





サーカスTC:

素材:コットン混紡生地(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:442x420xH280cm 

重量:10.88kg


























「サーカスTC DXは、片側の出入り口にサイドフラップが付いており、サイドフラップはファスナーで開けることも可能」



タープのように、張り出す事もできます。





サイドフラップのおかげで、天気の悪い日も快適で、幕内に雨が入りにくくなっています。



FullSizeRender





サーカスTC DX:

素材:コットン混紡生地(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:442x420xH280cm 

重量:12.3kg


























「サーカスTC DXダックグリーンは、サーカスTC DXのカラーがグリーン版」


サーカスTC DXと同様、サイドフラップがついており、タープのように張り出せ、雨が入りにくいのでとても便利。


FullSizeRender





サーカスTC DXダックグリーン:

素材:コットン混紡生地(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:442x420xH280cm 

重量:12.3kg


























「サーカスSTは、サーカスTCシリーズのポリエステル版」



軽量・耐久性・耐水性にも優れた、ポリエステルリップストップ生地を採用しています。



IMG_0996





サーカスST:


素材:ポリエステルリップストップ150Ⅾ

サイズ:442x420xH280cm 

重量:8.4kg



























「サーカスST DXは、ポリエステル素材で、サイドフラップ付き」



サイドフラップがあることで、雨が入りにくく、出入りがとても楽。



IMG_0995





サーカスST DX:

素材:ポリエステルリップストップ150Ⅾ

サイズ:442x420xH280cm 

重量:10.1kg


























「サーカスコットンバージョンは、素材がコットン100%のワンポールテント」


風合いがとても良く、幕の色が白っぽいので、とてもかっこいいです。


FullSizeRender





サーカスコットンバージョン:

素材:コットン100%

サイズ:442x420xH280cm 

重量:13.58kg


























「サーカスTC BIGは、サーカスTCをひとまわり大きくしたワンポールテント」


サイズが、520×520×350cmあるので、家族4人で使用しても、十分過ぎる大きさ。




サーカスTC BIGもTC素材で、ポリコットン製になっています。


FullSizeRender





サーカスTC BIG:

素材:コットン混紡生地(ポリエステル65%、コットン35%)

サイズ:520x520xH350cm 

重量:15.376kg


























ローベンス:


FullSizeRender









「ローベンスは、デンマークに本社を置く、北欧のアウトドアブランド」



最近は日本でも人気があり、使用しておられる方がかなり多い印象があります。




ローベンスで最も人気があり売れいるのが、ローベンスのクロンダイク。


FullSizeRender









「カラーは今流行りのベージュ色で、派手さはありませんが落ち着いた雰囲気で、高級感があります」


出入り口にクロスのフレームを設置することで、他のワンポールテントより、デッドスペースがなく広く使えます。


クロンダイクのサイズは、390×400×270cmになっており、高さが270cmあるので圧迫感がなく、4人家族でも十分使用できます。




素材はポリコットン製になっており、幕質は分厚くしっかりとしているので、長く使用できるのが良い所。


FullSizeRender





クロンダイク:

素材:ハイドロテックスポリコットン(35%コットン/65%ポリエステル)

サイズ:390x400xH270cm 

重量:16.1kg


























「クロンダイクより、ひとまわり大きなサイズが、クロンダイクグランデ」



FullSizeRender









「サイズが、460×460×300cmあり、6人ほどの収容人数があります」


ゆったりと幕内で過ごすなら、クロンダイクグランデがおすすめ。


FullSizeRender





クロンダイクグランデ:

素材:ハイドロテックスポリコットン(35%コットン/65%ポリエステル)

サイズ:460x460xH300cm 

重量:21.1kg


























テントファクトリー:


FullSizeRender









「テントファクトリーで、今一番人気が、TCワンポールテント180V」


素材は、ポリコットン製になっており、しっかりとしたつくり。


FullSizeRender









「TCワンポールテント180Vは、出入り口にVフレームを設置するので、こじんまりした前室ができます」


前室があるので、横殴りの雨などによる、雨の吹き込みがないので、天気が悪い日でも快適。




スカートがついているので、寒い時期でも使用できます。


FullSizeRender





TCワンポールテント180V:

素材:TC(コットン65%・ポリエステル35%のポリコットン)

サイズ:320x270xH180cm 

重量:9.3kg


























「TCワンポールテントは、ポール1本のみで設営する、定番のワンポールテント」


他のワンポールテントとの違いは、出入り口がメッシュにできること。




素材は、丈夫なポリコットン製になっています。


FullSizeRender





TCワンポールテント:

素材:TC(コットン65%・ポリエステル35%のポリコットン)

サイズ:460x390xH280cm 

重量:13kg


























コールマン:


FullSizeRender









「エクスカーションティピーは、コールマンから発売されているワンポールテント」



設営は簡単で、6ヶ所をペグダウンし立ち上げ、フロントポールを設置したら完成。




慣れれば10分程で、設営することが可能。


FullSizeRender









「エクスカーションティピーは、ワンポール+フロントポールを設置するので、こじんまりした前室ができます」



前室があると雨の日にも便利で、靴置き場などを確保できます。



FullSizeRender









「サイズは325×230×200cmと、大きなサイズではありませんが、4人家族なら荷物をおかなければ就寝できます」


幕質は、分厚くもなく薄くもない感じですが、しっかりとしたつくりなので長く使えます。



FullSizeRender





エクスカーションティピー:

素材:75Dポリエステルタフタ

サイズ:325x230xH200cm 

重量:6kg


























ハイランダー


FullSizeRender









「ハイランダーは、アウトドア通販サイト、ナチュラムが運営しているプライベートブランド」



全体的に手軽な値段で販売されてますが、値段が安い割にはしっかりとしたつくり。




ナチュラムのプライベートブランド、ハイランダーから発売されているのが、ワンポールテントのフィンガル。


FullSizeRender









「フィンガルが他のワンポールテントと違う所は、ワンタッチで設営できること」



ポップアップ式のフィンガルは、幕に細い骨組が入っており、ポールを通したりすることがないので、ワンタッチでとても楽。


これまで、ポップアップ式といえば、サンシェードや小型テントに採用されてましたが、今回は大型のフィンガルにも採用されています。




サイズは、500×400×240cmなので、家族4人でもゆったりと使用可能。


FullSizeRender





フィンガル:

素材:75Dポリエステルタフタ

サイズ:325x230xH200cm 

重量:6kg


























フィールドア:


FullSizeRender









「フィールドアから発売されているのが、ワンポールテント500」



ワンポールテント500は、ポリエステル生地ですが、しっかりとしたつくり。


FullSizeRender









「16000円程と手軽に購入できるのが、ワンポールテント500の良い所」


カラーは、グレー・ボルドー・ブラウンの3種類から、自分好みのカラーを選べます。




サイズは、500×500×280cmあるので、4人家族で荷物を入れても、ゆったりと幕内で過ごせます。


FullSizeRender





ワンポール500:

素材:ポリエステル

サイズ:500x500xH280cm 

重量:10.5kg


























DOD:


FullSizeRender









「アウトドアメーカーのDODから発売されているのが、ワンポールテントS・M・L」


DODのワンポールテントは、3種類のサイズから選べ、家族4人でゆったり幕内で過ごすなら、ワンポールテントLがおすすめ。




ワンポールLのサイズは、インナーが410×360×300cmになっています。


FullSizeRender









「素材がポリエステルですが、しっかりとしたつくり」


メッシュインナーですが、標準装備されているので、別途購入する必要はありません。


FullSizeRender





ワンポールL:

素材:ポリエステル

サイズ:460x460xH300cm 

重量:12kg


























まとめ:


2020111502 (7)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめのワンポールテントを紹介しました。


どれも使い勝手が良いので、自分好みのワンポールテントを選んで下さいね。


ワンポールテントは、設営撤収が簡単で、ひとりでも設営可能。


ワンポールテントに慣れると、他のテントが設営できません。


以上、「年間50泊キャンプに行く我が家が選んだワンポールテント17選!ファミリーでおしゃれに使える!詳しくブログで紹介
」でした。