2020090508 (1)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


キャンプは夫婦で行くことが多いですが、1人で楽しみたい時は、ソロでもキャンプに行きます。


2019021401 (2)









「ソロキャンプは、家族や友人と一緒に行くのとは違い、自分の時間をめいっぱい楽しめます」


決められた時間がないので、ゆったりと自分のペースでキャンプをできるのが、ソロキャンプをするメリット。


2020100301 (8)









「ソロキャンプをするのに、最も過ごしやすい季節が春のキャンプだと思います」


春キャンプは冬場程気温が下がらず、夏場程気温が上がらないので、1年を通して一番キャンプがやりやすいと思います。




ただ、朝晩は冷え込むので、寒さ対策は必ず必要です。



2020100301 (3)









今回は、ソロキャンプで必要な、暖房器具を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ソロキャンプの暖房:


2020090508 (1)









「1年を通して、最も過ごしやすいのが、春のキャンプだと思います」


真冬ほど気温が下がらず、真夏ほど気温が上がらないので、1年を通してキャンプがやりやすいです。




春のキャンプは外にいる時、焚き火だけでも暖が取れますが、テントやシェルター内で過ごす場合は、暖房器具が必要になってきます。


IMG_9300









「冬キャンプは、石油ストーブが必要ですが、春は冬場程気温が下がらないので、カセットガスストーブで大丈夫」


ソロキャンプのテントやシェルターは、1人から2人用なので、カセットガスストーブだけでも、暖がとれます。




我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用。



3019111701









「センゴクアラジンのガスストーブは、石油ストーブのブルーフレームで有名な、アラジン社から発売されており、今人気のあるカセットガスストーブ」


火をつけるとブルーの炎がきれいで、見てるだけでも癒されます。


2018102103 (4)









「センゴクアラジンのガスストーブは、カセットボンベを使うので、手軽に使用できるのが良いところ」



カセットボンベは、どのメーカーでも使用可能。



2018102101 (8)









「連続燃焼時間は、約1時間40分~4時間20分と記載されていますが、我が家は「強」で使用して、2時間使うことができました」



「強」で2時間ですから暖かさを調整して使うと、ガスボンベを長く使用することができます。



2020100301 (2)









「最大発熱量は2.0kWありますが、めちゃくちゃ暖かいとは感じません」



暖かいのは上部だけで、横面は暖かくないで、めちゃくちゃ暖かさを感じないのは、その影響だと思います。



3019120201 (5)









「ただ、春のキャンプは気温が真冬ほど下がらないので、センゴクアラジンのガスストーブだけで十分だと思います」



2018102102 (4)









「見た目がおしゃれで雰囲気がよく、使い勝手がいいのが、センゴクアラジンのガスストーブの良いところ」



我が家は、センゴクアラジンのガスストーブを購入してよかったと思っています。



3019111701


























「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています」



image

























焚火陣幕:


2020100302 (6)









「春は、焚き火をするのに最も適した季節で、外で過ごす時は、焚き火だけでも暖が取れます」



焚き火をしながら、ゆったりと過ごすのも、ソロキャンプの楽しみ。





ただ、春は春一番もあるように、風が強い日が多いです。



2020100302 (3)









「風が強いと焚き火をする時、火が安定しないので焚き火がやりにくく、火の粉が舞ってしまいます」



我が家は、風よけに焚火陣幕を使用。



2020100302 (5)








「焚火陣幕は、クイックキャンプから発売されている焚き火専用の陣幕」



焚き火の周りに、コットン布を張るので、風の影響を少なくし、風の強い日でも他に迷惑をかけず、焚き火ができます。



IMG_9531









「焚火陣幕の素材は、コットン100%で出来ており、焚き火の火の粉でダメージや穴があきにくくなっています」



IMG_9503









「高さが70cmあり、焚き火の前に座ると周りを見渡せて、焚き火だけを隠し、風から守ってくれます」



幅が240cmあるので、焚き火台だけではなく、テーブルや台なども焚火陣幕内に置けます。





風の強い日は、焚火陣幕があるのとないとでは、全く居心地がちがいます。


 

2020100302 (1)

























TCルーテント:


20201222702 (4)









「TCルーテントは、ビジョンピークスから発売されている2人用のテント」



素材がポリコットン製になっており、結露が少ないのが特徴。





フライシートがないシングルウォールですが、インナーテントに防水機能があるので、雨が降っても大丈夫。



IMG_6073









「フライシートがなくインナーテントのみなので、設営がとても簡単」



ポール2本をスリーブに通し、立ち上げるだけなので、5分もあれば設営ができます。



IMG_6017









「出入り口の窓が大きく、風通しがいいので夏場涼しく、ポリコットン製なので寒い季節でも暖かいのが特徴」



IMG_6039

IMG_6041









「生地は、分厚くしっかりとしたつくりなので、長く使えるのがTCルーテントの良いところ」


2020102502 (5)


IMG_6044









「220×180×130cmの2人用のテントなので、荷物も入れられて、1人で使うなら十分以上に使用しやすいテントです」



2020100301 (8)
























まとめ:


2020090508 (1)









春は冬場ほど冷え込まず、夏場ほど暑くないので、1年の内で最もキャンプがやりやすいです。



ただ、朝晩は冷え込むので、寒さ対策は必要。



春キャンプは、焚き火もやりやすいので、春の焚き火キャンプも楽しんでくださいね。


以上、「春キャンプ!ソロキャンプで必要な暖房器具・テントはこれしかない!詳しくブログで紹介!
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック