2021010901 (1)








「三重県は、人気のキャンプ場が多く、オフシーズンでも予約が取れない状態が続いています」


人気のキャンプ場で、キャンプをするのも楽しいと思いますが、ゆったりと静かにキャンプをするなら、リバーサイド茶倉がおすすめ。




リバーサイド茶倉は、こじんまりしたキャンプ場なので、ゆったりとキャンプを楽しむことができます。


2021010902 (1)









今回は、我が家が利用した、リバーサイド茶倉を詳しくブログで紹介したいと思います。











2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram








リバーサイド茶倉:


2021011510 (6)









「リバーサイド茶倉は、三重県の松坂市にあるキャンプ場」


松坂市街から、車で30分程で行けるので、アクセルがよく、気軽に利用できると思います。


2021011501 (2)














買い出し:


2021011510 (7)














「リバーサイド茶倉から、一番近いスーパーが、プライスカット松阪大石店」



プライスカット松阪大石店までは、車で10分程で行けるので、連泊の時など買い出しにとても便利。


外観は古さを感じるスーパーですが、中は割ときれいで、外と中のギャップを感じます。




食料品の品揃えはいいので、買い出しをして不便はありません。



2021011510 (8)









「我が家も買い出しをしましたが、品揃えが良かったので、食料品がけっこう買いやすかったです」


2021011510 (9)










道の駅:


2021011508 (5)









「道の駅の茶倉駅は、リバーサイド茶倉のフリーサイトから階段を登り、橋を渡って歩いて5分程で行けます」



2021011511 (8)














「橋は高い場所にあり、橋の長さもあるので、ゆったりと景色を眺められながら渡れます」


2021011508 (2)









「橋から見る眺めは、けっこう良かったですね」



2021011508 (3)









「茶倉駅は、それほど広い道の駅ではないですが、展望台・地元の農産物などの特産品・レストランなどがあります」



2021011508 (5)









「車で15分程で行けるのが、道の駅の飯高駅」


2021011508 (6)














「割と大型の道の駅で、地元野菜や地元の特産品など、いろいろな物が販売されています」



我が家はお土産など、いろいろなものを購入しました。


2021011509 (3)









「サイトに帰ってお酒のおつまみに、松坂豚のウィンナーを購入して食べましたが、美味しかったです」


2021011510 (1)

2021011510 (2)









「我が家は、茶倉駅より飯高駅の方が気に入りました」



2021011508 (7)










温泉:


2021011508 (8)














「道の駅、飯高駅の中にあるのが、香肌温泉いいたかの湯」



道の駅の中にあるので、手軽に入浴ができます。


2021011509 (2)

2021011508 (9)









「入り口にある自動販売機で、入浴券を購入します」



タオルも買えるので、手ぶらで来てもOK



2021011509 (1)









「お茶のシャンプー・リンス・ボディソープが備え付けられているので、持っていく必要はありません」



お湯は少しヌルッとした感じがあり、薬湯も日替わりで楽しむ事ができます。



2021011508 (10)










リバーサイド茶倉:


2021011510 (6)






リバーサイド茶倉:

住所 三重県松阪市飯南町粥見1084-1

アクセス案内 松阪ICから約20km(約30分)

勢和多気ICから約10km(約15分)



【テントサイト】


[平日]:3,500円/区画・1泊

[土・日・祝、及び前日]:4,000円/区画・泊


【電源付きオートサイト】


[平日] ・4,000円/区画・泊

[土・日・祝、及び前日]:5,000円/区画・泊 


【フリーサイト】 

1泊1人1,000円(子供500円)+テント1張り1,000円











「リバーサイド茶倉は、山奥にあるキャンプ場ではなく、松坂市街からも近いということもあり、気軽に利用できます」



松坂市街から川と並行に、車で30分程の距離。



2021011501 (1)

2021011501 (2)









「事前予約が必要で、電話かネットのどちらかで予約します」



当日は、管理棟で受付をし、サイト料金を支払います。



2021011510 (6)









「管理棟内は、日用品や食料品が販売されていないので、忘れ物がないようにして下さい」



水500mlが100円・缶ジュース100円・松坂茶100円・缶ビール300円は、販売されています。





薪は1束600円なので、現地で購入されてもいいですね。



2021011505 (10)

2021011506 (1)









「ジビエ肉も販売されており、猪肉300gが1950円・鹿肉300gが1650円」



2021011506 (2)










コインシャワー:


2021011509 (4)









「場内には、コインシャワーが5室あり、便利に利用できます」



2021011509 (6)









「コインシャワーは1回200円で、5分間使えます」



2021011509 (7)

2021011509 (9)









「ドライヤーもあるので、とても便利」


2021011509 (10)










遊具:


2021011501 (3)









「フリーサイト内には、こじんまりとした公園があり、誰でも利用することが可能」


遊具に滑り台などがあるので、小さいお子さん向きですね。


2021011501 (4)










3種類のサイト:


2021011503 (1)









「リバーサイド茶倉は、フリーサイト・オートキャンプ・テントサイトの3種類のサイトがあります」



3種類のサイト共に、チェックインが13時でチェックアウトが10時。





アーリーチェックインはできませんが、レイトチェックアウトが可能で、12時まで500円で延長することが可能。



2021010901 (2)









「通常のチェックアウトが10時と早いので、レイトチェックアウトを入れて、12時まで伸ばす方が、ゆったりとキャンプができます」



我が家もレイトチェックアウトし、12時まで延長しました。



2021010902 (1)










フリーサイト:



2021011502 (9)









「フリーサイトは、リバーサイド茶倉で、一番人気があるサイト」



利用料金は、大人1人1000円(子供1人500円)+テント1張り1000円になっています。





車は、乗り入れできませんが、サイトはフリーなので好きな場所にテントが張れます。



2021011501 (5)









「フリーサイトを利用するメリットは、大型の2ルームテントが自由に張れること」



区画サイトに大型2ルームテントを張ると、どうしても窮屈になってしまいます。





リバーサイド茶倉のフリーサイトは、けっこう広いので、ゆったりとキャンプができます。



2021011502 (2)

2021011502 (1)

2021011502 (3)

2021011502 (4)

2021011502 (5)

2021011502 (6)

2021011502 (8)









フリーサイト動画:













「車は、フリーサイト横にある駐車場に停めて、荷物を運ぶ感じになります」



フリーサイト横に駐車場があるので、駐車場近くにテントを張ると荷物運びが楽ですが、奥の方にテントを張ると荷物運びが遠くなってしまいます。



2021011510 (3)









「フリーサイト横の駐車場は、数台しか車が停められないので、荷物を下ろして、数十メートル先にある広い駐車場に、車を停め直す必要があります」


2021011510 (4)

2021011510 (5)









「フリーサイトを利用する場合、キャリーワゴンがあった方が、荷物運びが楽」



我が家は、コールマンのキャリーワゴンを使用しています。


3019103102 (8)


























「地面は芝で、きっちりと管理されているので、居心地がいいです」



我が家が利用した時は、オフシーズンということもあり、芝は枯れていましたが、オンシーズンはふかふかの芝で、きれいに管理されています。



FullSizeRender









「フリーサイトの炊事棟」



2021011503 (2)









「炊事棟はトイレの横にあり、きれいに管理されて使用しやすいです」



洗い場が少ないので、時間帯が重なれば混み合うこともあります。



2021011503 (3)









「フリーサイトトイレ」


2021011503 (2)








「トイレも、きれいに管理され、使用しやすいです」



水洗ですが、和式トイレというのが、残念なところ。


2021011503 (6)









「多目的トイレは、洋式の水洗トイレになっています」



2021011503 (5)










オートキャンプ:


2021011506 (6)









「オートキャンプの利用料金は、平日が4000円。土日祝日前日は、5000円になっています」



利用料金が5000円ですが、電源が付いているので、それ程利用料金が高いとは感じません。





オートキャンプは、全て電源サイトになっており、電源を使用することが可能。


2021011511 (3)









「車が横付けできるオートサイト」



やはり、車が横付けできるのが大きく、我が家も利用しましたが、荷物運びをしなくてもいいのでとても楽でした。





サイトの広さは、6m×4mとホームページに記載されていますが、もう少し広い感じがします。



2021011506 (4)

2021011506 (5)

2021011506 (6)

2021011506 (7)

2021011506 (8)

2021011506 (9)

2021011506 (10)

2021011507









オートキャンプ動画:











「車を入れて、サーカスTC+2人用のテントを張っても余裕で、後1張りできる感じでした」



大型2ルームテント+オープンタープは、なんとか張れる感じです。



オートキャンプは、サイト数が少ないので、ゆったりとキャンプができます。





我が家も利用しましたが、けっこう雰囲気が良く、ゆったりキャンプができました。



2021010902 (3)









「地面は、土や砂利になっており、地面が硬いところが多いので、しっかりとした頑丈なペグが必要」



我が家は、鍛造ペグのエリッゼステーク28cmを使用。



2020092202 (5)

























「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」



2020112205 (1)

























テントサイト:


2021011503 (9)









「テントサイトは、車が横付けできるサイトと横付けできないサイトの2種類あります」



2021011504 (9)









「P付きテントサイトは、平日3000円。土日祝日前日4000円になっています」



車は横付けできますが、4m×5mとサイトが狭くなっています。



2021011505 (6)









「テントを張ると、かなり窮屈感があります」



大型2ルームテントを張るのは厳しく、ソロキャンプ向きのサイトという感じですね。



2021011504 (9)

2021011504 (10)

2021011505 (1)

2021011505 (4)









「Pなしテントサイトは、平日2500円・土日祝日前日3000円で利用できます」



サイト料金は安いですが、サイトが狭いので、家族で利用される場合、とても窮屈。





大型2ルームテントを張るのは難しく、こじんまりとしたテント向きです。



2021011503 (9)

2021011503 (10)

2021011504 (1)

2021011504 (2)









テントサイト動画:











「地面は、土や砂利になっており、地面が硬いところが多いので、しっかりとした頑丈なペグが必要」



我が家は、鍛造ペグのエリッゼステーク28cmを使用。



2020092202 (5)
























「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」



2020112205 (1)

























「テントサイトのトイレ」



2021011504 (6)









「トイレは水洗の洋式トイレで、きれいに掃除され管理されています」



外観もきれいで、清潔感があります。


2021011504 (8)









「炊事棟は2ヶ所あり、メインの炊事棟はきれいに掃除されています」



2021011504 (3)

2021011504 (4)

2021011504 (5)









「もう1ヶ所の炊事棟は、外観がとても古い感じで、外観が古さを感じる為、きれいに掃除されていても、どうしても清潔感がなくなってしまいます」


2021011505 (8)

2021011505 (7)












その他:


2021011505 (9)









「ゴミは捨てられますが有料になっており、分別用3300円で購入する必要があります」



川は、遊泳禁止になっており、リバーサイド茶倉横の川で、泳ぐことはできません。



2021011503 (8)










まとめ:


2021010901 (2)









我が家は、オートキャンプを利用しましたが、次に利用するならフリーサイトもいい感じだと思いました。



フリーサイトは、自分の好みの場所に、ゆったりとテントが張れます。





テントサイトは、サイトが狭いので、張れるテントが限られているので注意して下さい。



2ルームテントは、サイズ的に厳しいと思いました。



以上、「徹底的に解説!リバーサイド茶倉でキャンプをした我が家が詳しくブログで紹介! 」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!