2020041401 (3)








「最近は、キャンプブームということもあり、女性でキャンプをする方も増えています」


以前のキャンプアイテムといえば、ゴツゴツとしたものが多かったですが、最近はキャンプのアイテム数も増え、可愛いキャンプグッズが多く発売されています。




せっかく購入されるなら、可愛くおしゃれなキャンプアイテムが良いと思います。


IMG_0006 (1)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、女子キャンプでおしゃれな持ち物を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
女子キャンプの持ち物・道具・グッズ


2020041401 (6)









「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


1年を通して春夏秋冬、夫婦でキャンプを楽しんでいます。




我が家は、赤と白を基調に道具選びをし、色を揃えて統一しています。


2021010901 (4)









「色を揃えて統一した方が、サイトがまとまり、おしゃれ度がアップ」


我が家のキャンプアイテムは、夫婦でチョイスし、そのおかげで女性の方にも好まれている感じがします。


FullSizeRender




カラーメスティン


「よく我が家が使用しているクッカーが、カラーメスティン



FullSizeRender









「カラーメスティンは、今流行りのアルマイト加工されたメスティン



FullSizeRender









アルマイト加工されたメスティンは、焦げ付くことがないので、いろいろな料理が作れます


FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_1831




カラーメスティンは、炊く・焼く・煮る・蒸すができるオールマイティーなクッカー









アルマイト加工されたカラーメスティンは、皮膜による耐久性が高いのが特徴


フッ素加工されたものより皮膜による耐久性が高いので、長く使用できます。


FullSizeRender




カラーメスティンは、アルマイト加工+見た目に高級感がありおしゃれなのが特徴









おしゃれなクッカーを使うと、それだけで料理が楽しくなってきます


FullSizeRender








カラーメスティンには、グリーン・イエロー・レッドの3種類があります


3種類共に高級感があり、おしゃれなのが特徴。


FullSizeRender









サイズは、S・M・Lの3種類があります


Sサイズの大きさは、108×167mmで高さ55mm

満水の容量は600ml

ご飯は、1.5合まで炊くことが可能。

Mサイズの大きさは、122×182mmで高さ61mm

満水の容量は850ml

ご飯は、2合まで炊くことが可能。

Lサイズの大きさは、129×197mmで高さ66mm

満水の容量は1000ml

ご飯は、2.5合まで炊くことが可能









カラーメスティンは、年間50泊行くキャンプに必ず持っていきます


おしゃれで高級感のあるカラーメスティンは、使い勝手のいい我が家のおすすめクッカー。


FullSizeRender

























焚き火陣幕


2020100301 (6)









「焚火陣幕は、クィックキャンプから発売されている、焚き火専用の陣幕」



発売されてしばらく経ちますが、人気がありすぎて生産が追いつかず、購入できない時がありました。




焚火陣幕は、焚き火の周りにコットン布を張るので、風の影響を少なくし、風の強い日でも他に迷惑をかけず、焚き火ができます。



リフレクターの代わりもなり、焚き火をしていて、かなり暖かいです。


IMG_9531









「焚火陣幕の素材は、コットン100%になっており、焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています」



生地がコットン100%なので触ってみると、かなり分厚さを感じます。



2020090503 (4)









「生地が分厚いだけに、丈夫で長く使えるのが、焚火陣幕を購入するメリット」



高さが70cmあり、焚き火の前に座ると周りを見渡せて、焚き火だけを隠し、風から守ってくれます。



2020090507 (9)









「幅が240cmあるので焚き火台だけではなく、テーブルや台なども、焚火陣幕内に置けます」



シェラカップやランタンを吊すと、見た目がかなりおしゃれになります。



2020090506 (4)









「焚火陣幕は、我が家が購入して良かったと思える、キャンプアイテムです」


2020100301 (9)

























オピネルナイフ


2020060202 (7)









「オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、一番人気があり売れているナイフ」


2020072704 (7)









「オピネルナイフの人気がある理由は、その見た目の良さ」


グリップが木製になっておりおしゃれで、ブレードとグリップのバランスがよく、見ていて美しさを感じます。


2020060201 (7)









「値段も安く手軽に購入できるのも、オピネルナイフの良さ」


オピネルナイフには、2番から12番のサイズがあり、どのサイズを購入したらいいのか迷います。


2020060401









「おすすめは、我が家も使用している、10番サイズのオピネルナイフ」


キャンプで食材を切るのに、ちょうどいい大きさ。


2020072704 (10)









「オピネルナイフには、カーボンスチール製とステンレス製があります」


カーボンスチール製は、メンテナンスが大変で、メンテナンスをおろそかにすると、すぐにサビでしまいます。


FullSizeRender









「メンテナンスがいらない、ステンレスの方が人気」



我が家は、ステンレス製のオピネルナイフ、10番を使用しています。


2020072704 (7)























ノルディスクのユドゥン


FullSizeRender










「暑い時期に、快適に過ごせるテントの条件は、素材がポリコットン製のテント」


ポリコットン製は、夏の強い日差しを軽減し、幕内の温度を下げます。


FullSizeRender









出入り口が広く、風通しがよくなければ、熱が幕内に溜まってしまいます


FullSizeRender









我が家が、暑い時期に快適に過ごせるテントが、ノルディスクから発売されているユドゥン


ノルディスクのユドゥンは、ポリコットン製になっており、夏の強い日差しを軽減。




出入り口の2ヶ所が大きいので、風通しがかなり良いのが特徴。


FullSizeRender









尚且つ、サイドにも4ヶ所の窓があります


FullSizeRender

FullSizeRender










我が家が、ノルディスクのユドゥンをおすすめする理由は、夏涼しいだけではなく、冬場も快適に過ごせること


ポリコットン素材は、暖房器具で暖めた空気を外に逃がさないのが特徴。


202201161 (81)









ノルディスクのユドゥンもポリコットン製になっており、寒い季節も暖かく過ごせます


202201161 (79)









ポリコットン生地は分厚く、かなりしっかりしたつくりなので、長く使用できるのもノルディスクのユドゥンの良いところ


触ってみると、生地の分厚さがわかります。


IMG_9178









値段は安くはないですが、痛むことなく長く使用できるので、購入して損はないと思います


IMG_0006 (1)









ノルディスクブランドは、廃盤がほとんどなく、流行り廃りがないので、ユドゥンもいつまでも古臭さを感じず、長く使っていけます


IMG_3039









210×260cmで、高さが150cmのサイズ


こじんまりしたテントですが、荷物を入れなけば4人で就寝することも可能。


FullSizeRender









我が家は荷物を入れて、夫婦2人で使用する時もあります


IMG_0026









ノルディスクのユドゥンは、見た目がかなりおしゃれなので、サイトで映えます



FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender









シロクマのロゴが、めちゃくちゃかわいいです


FullSizeRender









ノルディスクのユドゥンは、我が家が一番キャンプで使用しているテントで、購入して良かったと思えるテント


年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするテントです。


FullSizeRender

























ユーコの焚き火台


3019120802 (6)









「ユーコの焚き火台は、女子で一番人気のある焚き火台」



焚き火台によくある、男っぽいゴツゴツ感はなく、可愛さのある女性的な焚き火台。




前から見ると、ハートの形がとても人気があります。


3019122201 (6)









「値段は7000千円程と手軽に購入でき、値段の割には素材が分厚くしっかりとしたつくり」


収納袋・網・網用のハンドルが付いています。




ユーコの焚き火台は、女性に一番人気のある焚き火台。


3019122201 (2)


























バウルー


2020081602 (10)









「バウルーは、純国産のホットサンドメーカーで、40年以上の歴史があります」



素材のアルミは分厚く、しっかりしているので、長く使えます。





フッ素加工で、焦げ付かないのもバウルーの良いところ。



2020081604 (7)









「手にとってみると、ずっしりとした重さを感じます」



2020071301 (9)








「バウルーがあると、ホットサンド意外にも、いろいろな料理が作れます」



2020071303 (6)









「バウルーには、シングルとダブルがありますが、便利に使えるのはシングル」



2020081604 (2)

























コベアキューブ



2020112202 (2)









「おしゃれなカセットガスコンロを探しておられるなら、コベアキューブがおすすめ」



シンプルな形なので、飽きません。





総合的にみると良くできたカセットコンロだと思います。



2020051205 (2)









「コベア キューブは、コンパクトなコンロで五徳を外せるので、収納しやすいのも良い所」



全面ステンレスでできており、ステンレスだから汚れても、サッと拭くだけで落ちやすく清潔に保てます。



2020050703









「あまり使っている方が少ないので、人とかぶりません」



人と違ったガスコンロで、見た目がおしゃれなのでおすすめできます。



2020050701 (6)

























センゴクアラジン



2020100301 (2)









「センゴクアラジンのガスストーブは日本メーカーなので、アフターフォローもしっかりとしています」



値段が3万円と高価ですが、長く使用することができるので購入して損はないと思います。



3019120802 (5)









「幕内を暗くしてガラス窓から見えるブルーの炎はきれいで、ブルーの炎を眺めるだけで購入して良かったと思える雰囲気」



2018102103 (3)










「センゴクアラジンのガスストーブの最大発熱量は、2.0kWあります」



春や秋のキャンプは、気温が真冬ほど下がらないので、センゴクアラジンのガスストーブだけで十分だと思います。



3019111701









「値段は高いですが、思い切って購入して良かったと思います」


見た目がおしゃれで、とてもかわいいです。



2020100301 (4)

























LEDスクエアランタン


2020061501 (1)









「フィールドドアのLEDスクエアランタンは、我が家が購入したキャンプアイテムで、最も便利で使い勝手が良かった商品」



サイズが、12×11.5×4cmで重さが330g、手のひらサイズでポケットにも入り、道具箱に入れて置いても邪魔になりません。



2020061501 (5)









「ハンドルは、90度の調整ができ、ポールやランタンハンガーに吊すことができます」



2020061501 (8)









「キャンプで100%の状態、900ルーメンで使用したのが下記のような感じで、LEDスクエアランタンひとつで、サイト全体を照らしてくれます」



100%の900ルーメンで使用すると、眩しいくらいの明るさ。



2020061503 (3)









「充電式のLEDランタンが、4千円までで手軽に購入でき、使い勝手もかなり良いので、我が家の一押しキャンプアイテム」



2020061502 (8)









「防水機能もあり丈夫で、ガンガン使用できるランタンだと思います」



2020061501 (2)


























ボンボネールココット


2020022002 (1)









「ボンボネールココットは、イシガキ産業から発売されている、見た目がよくおしゃれで、手軽に購入できるホーロー鍋」



ホーロー鍋は、ル・クルーゼやストウブが有名ですが、値段が高く2万円以上します。




今回、我が家が紹介するボンボネールココットは、7千円程で購入できるホーロー鍋。



2020022002 (3)










「ボンボネールココットを夏以外の季節、いつも車に積載してキャンプに持っていきますが、割れたり欠けたり全くしていません」



2019011302 (2)









「ボンボネールココットは、ル・クルーゼやストウブの高価なホーロー鍋と、料理の出来具合はほぼ一緒」



蓋が重く密閉性があり、特に煮込み料理では肉や野菜がやわらかく、おいしく仕上がります。



2019011304









「蓋に突起があり、素材の水分で無水鍋になります」



イシガキ産業から発売されている、ボンボネールココットを使用すると、温かい料理がキャンプで美味しく作れます。



2020022002 (7)
























ちびパン


2020102202 (5)









「ちびパンは、ユニフレームから発売されている黒皮鉄板を採用したミニフライパン」



スキレットよりも使い勝手がよく、使い終わった後の手入れも楽。



2020102202 (7)









「黒皮鉄板は、スキレットや鉄のフライパンより錆びにくく、使用後は洗剤を使って洗っても特に問題はありません」



油を塗り忘れても表面に付着した水分をバーナーで飛ばしておけば、スキレットみたいにすぐには錆びません。



2020102202 (8)










「ちびパンは、スキレットと同じく肉類を焼くと、外の部分はカリッと中はジューシーに焼けるのでおいしくいただけます」



我が家は、唐揚げや揚げ物を上げる時にも、ちびパンを使用。





ちびパンは、スキレットより使い勝手がいい、ミニフライパンだと思います。



2020022403 (6)

























ミニシリコーンホットハンドルホルダー



2017090203









「ロッジのミニシリコーンホットハンドルホルダーは、いろいろなハンドルカバーとして使用できます」



我が家は、ちびパン・スキレット・メスティン・ラージメスティンなどのハンドルカバーに使っています。



2021011053 (5)









「レザーを使うと見た目がいいのですが、油が飛ぶと油じみになってしまいます」



汚れても洗えないのが、レザーハンドルカバーの欠点。





ロッジのミニシリコーンホットハンドルホルダーはシリコンでできており、油などで汚れたらきれいに洗えます。



20201222706 (9)









「見た目がとてもおしゃれなので、おすすめできます」



値段も1000円ほどで販売されているので、とてもお手軽。



2020062201 (6)

























アルミコンテナ



2021012201 (2)









「ダルトンのアルミコンテナは、今流行りのキャンプアイテム」



一時期は人気があり過ぎて、購入できない時があり、我が家は3ヶ月待ちで購入しました。



2020122701 (9)









「ダルトンのアルミコンテナの人気がある理由は、その見た目」


見た目がよくおしゃれなので、サイトに置いとくと映えます。


2021011060 (9)









「我が家は、テーブルとして使用」



素材がアルミなので熱に強く、熱いフライパンや鍋を直接置けます。





シングルバーナーなどを直接置いて調理しても、全く問題がありません。



20201222707 (1)









「アルミコンテナの中は、いろいろな物が入れられるので、とても便利」



2021012201 (5)









「我が家は、ダルトンのアルミコンテナMを使用しています」



20201222702 (1)















エルパソのブランケット


2021101701 (19)









「我が家はインナーマットに、エルパソのブランケットを使用」



エルパソのブランケットは、昔も今も流行りのキャンプアイテム。




人気がありすぎて、一時期購入できませんでしたが、現在は落ち着いています。


2021101701 (20)









「エルパソブランケットの人気がある理由は、他にはない雰囲気で、見た目がかなりおしゃれ」


2021101701 (14)








「生地はかなり分厚く、とてもしっかりとしています」



触ってみると、思っている以上に、生地の分厚さがあります。


2021101701 (12)









「サイズが150×210cmなので、4人用のテントなら、2枚敷くとちょうどいい大きさ」



年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。


2021101701 (25)









「見た目以上に、かなりおしゃれなブランケットだと思います」



2021101701 (27)























まとめ


20201222702 (4)









今回は、年間50泊キャンプをする我が家が、女子キャンプにおすすめな持ち物と道具を紹介しました。



おしゃれな物や可愛いアイテムなので、ぜひ参考にしてください。




以上、「おしゃれで超便利!女子キャンプの持ち物・道具・グッズ18選!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック