2020100302 (4)








「年間50泊程、キャンプに行っている我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_0006 (1)









「1年で最も過ごしにくいのが、気温が高い真夏のキャンプ」


平地だと夜間でも気温が下がらず、寝苦しいキャンプになってしまいます。


IMG_6070









「反対に1年で最も過ごしやすいのが、春と秋のキャンプで、昼間は夏場程気温が上がらず、朝晩も真冬程冷え込みません」


真夏ほど暑さ対策はいらず、真冬ほど重装備な寒さ対策は必要ありません。




春や秋キャンプは、焚き火だけでも暖が取れ、ゆったりとキャンプを楽しめます。


2021010901 (3)









「我が家は、基本夫婦で行くキャンプが多いですが、ゆったりと過ごしたい時は、ソロでキャンプにもよく行きます」


2020100301 (7)









「ソロキャンプの楽しみといえば、やはり1人でゆったりと楽しむ焚き火」


パチパチと、焚き木の燃える炎を見ながら飲むお酒は、何事にも代えがたい最高の贅沢。


IMG_9503









今回は、ソロキャンプで我が家のおすすめの焚き火のやり方を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ソロキャンプ:


2020090506 (4)









「ソロキャンプの楽しみといえば、焚き火と言う方も多いはず」



キャンプに焚き火は、なくてはならないもの。


IMG_9531









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類の焚き火台が発売されています」



昔に比べて、いろいろな焚き火台を選べるので、焚き火台を選ぶ選択の幅が広がりました。


3019120201 (5)









「我が家は、ハートの形で有名なおしゃれな焚き火台、ユーコの焚き火台を使用しています」


ユーコの焚き火台は、正面から見るとハートの形。




楽天の焚き火台ランキングでも常に上位で、人気のある焚き火台です。


3019120501 (1)

























焚き火の火の起こし方:


IMG_9534









「焚き火の火の起こし方は簡単で、ガストーチで焚き木を炙ると、あっという間に火が起きます」


焚き火台に着火剤を置き、その上に焚き木を並べます。


IMG_9456









「ガストーチで、2〜3分ほど炙ると、着火剤にも火が付き、焚き木が燃え始めます」


焚き木は、細い薪ではなく太い薪でもOK。




2〜3分ほど、ガストーチで炙ると燃えます。


IMG_9454









「我が家のガストーチは、SOTOのフィールドチャッカーを使用しています」



SOTOは、日本のアウトドアブランドの火器メーカーでとても有名。





ガストーチは、カセットボンベを使用するので、信頼のできるメーカーが安心だと思い、我が家はSOTOのフィールドチャッカーを選びました。



2020102203 (9)









「フィールドチャッカーが便利なのは、空気調整レバーがついていること」



1300℃の強力集中炎から、900℃のソフトな炎まで調整ができます。



フィールドチャッカーは、2000円程で購入ができるガストーチ。





値段が安く手軽に購入できるので、一家に一個あるととても便利。



2020092204 (7)









「炎の調整ができるので、炭の火付けから料理まで幅広く使うことができます」



2020060303 (2)


























焚火陣幕:


2020090507 (8)










「ソロキャンプにあった方が、絶対便利なのが焚火陣幕」



我が家は、クィックキャンプの焚火陣幕を使用しています。


2020100302 (1)









「焚火陣幕を使用すると、サイトがかっこよく見た目がアップ」



焚火陣幕を設置することで、サイトにまとまりができ、おしゃれなサイトになるのでおすすめ。




設営はとても簡単で、3本のポールを建て、5ヶ所をペグダウンするだけなので、5分あれば設営ができます。


2020090503 (1)








「焚火陣幕は、リフレクターの代わりもなり、焚き火をしていてかなり暖かいです」



焚火陣幕の素材は、コットン100%になっており焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています。



IMG_9503









「見た目と使い勝手がいい焚火陣幕は、我が家の超おすすめキャンプアイテム」


2020100301 (9)


























まとめ:


2020100302 (6)









ソロキャンプに焚き火台は、なくてはならないキャンプアイテム。


焚き火台と同時に、焚火陣幕もそろえて欲しいと思います。


焚火陣幕があれば、今までと少し違ったスタイルに変身します。


焚き火をするだけのスペースが出来上がり、ゆったりと焚き火をすることが可能。


焚火陣幕は、見た目と使い勝手がいい、最高のキャンプアイテムです。


以上、「ソロキャンプの焚き火のやり方!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!