IMG_9794








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなスタイルでキャンプをされる方が増えています」



我が家は基本、奥さんと2人でキャンプに行くことが多いですが、ソロやファミリーでもキャンプをします。



2020100301 (7)









「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」


気温が下がる真冬の季節や夏の暑い時期まで、1年を通して春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_6070









今回は、年間50泊する我が家がファミリーキャンプで必ず持っていくものを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
ファミリーキャンプの持ち物&必需品




分厚い銀マット


2020013010 (1)










「春や秋は、昼間は暑くなっても、朝晩は気温が下がることがあります」


気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気。




薄いマットだと、地面からの冷気が遮断されず、寒くて居心地が悪くなります。


2016121005








「我が家は、地面からの冷気対策・クッション性を高める為に、厚めの銀マットを使用」


厚めの銀マットは、値段が安い割には使い勝手がいいので、かなりおすすめです。


2016121004























オールウェザーブランケット


IMG_5992










「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に優れています」



テントの床一面に、オールウェザーブランケットを敷くと、床の痛み防止にもなります。



2020013007 (10)









「雨が強く降ると水溜りができ、その上にテントが長時間あると、テントの中まで雨水が浸水してくる可能性があります」



防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておくと、たとえテント内に雨水が浸水してきても、シュラフやマットを濡らしません。



IMG_5993









「オールウェザーブランケットは、テントのグランドシート代わりにもなります」



IMG_6010









「そんな便利なオールウェザーブランケットは、オールマィティーに使える、我が家のお気に入りキャンプアイテム」



2020111502 (2)
























充電式LEDランタン


2020061501 (1)









「充電式のLEDランタンは、電池がいらず、本体に充電するのみなので、コスパに優れています」



キャンプのたびに、電池を買う必要もありません。





我が家は充電式のLEDランタン、フィールドアのLEDスクエアランタンを使用。



2020061501 (4)









「LEDスクエアランタンの良い所は、最大の明るさが900ルーメンもあるので、これひとつでサイト全体を照らしてくれます」



2020061503 (3)








「ハンドルは、90度の調整ができ、ポールやランタンハンガーに吊すことができます」



2020061502 (6)









「モバイルバッテリーとしても使え、iPhone・iPad・スマホ・デジタルカメラ・携帯ゲーム機の充電も可能」


2020061502 (6)









「LEDスクエアランタンひとつあるだけで、他のランタンは何もいらず、サイト全体を照らしてくれるのでとても便利」



4000円程で購入できるので、かなりのお手軽さがあります。



2020061501 (2)

























カセットガスストーブ


3019111701









「春や秋のキャンプなら、朝晩もそれ程気温が下がらないので、焚き火だけでも暖が取れます」



外で過ごす場合は、焚き火で暖が取れますが、テント内で過ごす場合が寒いので、我が家はカセットガスストーブを使用。





外にいる時も、足の近くに、カセットガスストーブを置いておくと、とても暖かいです。



2020100301 (3)









「どんなスタイルでも暖かく過ごせるので、カセットガスストーブが1台あると便利」



2021013002 (7)









「我が家は、石油ストーブで有名なアラジン社から発売されている、おしゃれなカセットガスストーブを使用」



3019111701























「イワタニからも、カセットガスストーブが発売されています」



FullSizeRender























石油ストーブ


FullSizeRender









「春や秋でも、3月や11月は、まだ寒いです」



テント内にいる時は、暖房器具がないと寒いので、何か暖になるようなものが必要。





春や秋でも、また冷え込む季節は、トヨトミのレインボーがあると、テント内で快適に過ごせます。



FullSizeRender









「トヨトミレインボーは燃費がよく、灯油を満タンにしておけば、20時間ほど燃焼します」



灯油を満タンにして車で移動しても、灯油漏れを起こさないトヨトミレインボーがあれば、自宅で灯油を満タンにして運ぶことも可能。



FullSizeRender









「満タンにしておくと、灯油のポリタンクを持っていかなくてもいいので、車の積載にもありがたいです」



トヨトミレインボーがあると、真冬以外の季節、春と秋のキャンプで、テント内の暖として便利に使用できます。



FullSizeRender
























ポータブル電源


FullSizeRender










ポータブル電源は、いろいろな容量が発売されており、容量が高いほど値段設定も高くなっています



ただ、値段が安いからといって、容量の低いポータブル電源を購入すると、使用できる電化製品が限られてきます。




キャンプで使うポータブル電源の容量は、最低でも400Wh以上のものを購入して下さい

容量が高ければ高いほど、便利に使用できます




FullSizeRender









「我が家のおすすめは、ポータブル電源のjackery


FullSizeRender









jackery400は最大400Whの容量・jackery700だと最大700Whの容量があります





400Whの容量があると、例えば100Whを消費する機器だと、約4時間動作することができます










「700Whの容量だと、100Whで約7時間の電化製品を使用可能」


FullSizeRender

FullSizeRender






電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「400Whあるjackeryは、電気毛布1台、中30Whで使用しても約13時間使用できます」



FullSizeRender









「700Whあるjackeryは、電気毛布1台を中30Whで使用すると、約23時間使用できる計算になります」



電気毛布2枚を中で使用すると、およそ11時間。




700
Whだと、十分すぎるほどの容量があります。


FullSizeRender









「扇風機には、ACモーターとDCモーターの2種類があり、
DCモーターのせんぷうきだと(風量強)で20Wh程」



400Whあるjackeryは、扇風機の風量強(20Wh)で使うと、約20時間使用できる計算になります









「700Whのjackeryなら、扇風機の風量強(20Wh)で使うと、約35時間使用できます」



FullSizeRender









「扇風機2台だと17時間も使えるので、車の積載に余裕があるなら夏のキャンプ、扇風機2台体制でもいいですね」


2020040609









ポータブル電源のjackeryの人気がある理由は、値段の安さ


今、キャンプで使うポータブル電源で、一番人気かあるのが、ポータブル電源のjackery。




ポータブル電源のjackeryは、400Whの容量で、4万円ほどで販売されているので、とてもお手軽。


700Whの容量だと、8万円ぐらいの値段設定。


FullSizeRender

























カセットコンロ



2021072503 (4)









「キャンプで料理をするのに必要なのが、カセットコンロ」



カセットコンロは、自宅で使用しているものでも使えなくはないですが、風防がついていないので、風がある日は使用しにくいです。



キャンプでは、風防がついている屋外でも使用できるカセットコンロが使いやすいです。





おすすめは、我が家も使用するイワタニから発売されているタフまるjr。


2021072503 (9)









「 タフまるjrは、ダブル風防になっており、風のある日でも問題なく使用できます」



耐荷重が10kgあり、ダッチオーブンも置くことも可能。



image









「サイズが256×192×h122mmなので、とてもコンパクト」



持ち運びやすいように、専用ケースも付いています。


2021072501 (3)









「イワタニから発売されているタフまるjrは、今爆売れしているカセットコンロ」



見た目が良いのも、売れている理由。



2021072503 (10)

























湯たんぽ


FullSizeRender









「寒い時期、電源がないサイトでは、電化製品が使えません」



電化製品がなくても、快適に就寝するのにおすすめなのが、直火ができる湯たんぽ。



2019021506









「直火ができる湯たんぽは、湯たんぽ本体に水を入れ、直接火にかけ温められます」



湯たんぽに水を入れ、カセットコンロや石油ストーブの上に直接置けるので、扱いがとても楽。



2019021005









「4人家族のご家庭でも時間がかからず、湯たんぽを沸かせます」



FullSizeRender
























炉ばた焼器炙りや


FullSizeRender









「ファミリーキャンプで、昼食や夕食にバーベキューをされる方は多いと思います」



暑い時期、バーベキューコンロをセッティングして、炭を起こすのは大変。



2020092205 (1)









「炉ばた焼器炙りやを使うと、カセットボンベをセットし、ガスのツマミをひねるだけで、あっという間に焼肉ができます」



2022020601 (82)

2022020601 (80)










「炭を起こさなくてもよく楽なので、一家に一台、炉ばた焼器炙りやがあるととても便利」



2022020601 (86)









「ガスのツマミで火力調整ができるので、超弱火で焼いたり強火にしたり、いろいろな火加減で焼くことが可能」



食材が、手軽に簡単に美味しく焼けるのが、炉ばた焼器炙りやの魅力。



2022020601 (76)

FullSizeRender









「特に魚介類は、じっくりと火を通さなければ中まで焼くことができないので、炉ばた焼器炙りやで魚介類を焼くのに特におすすめ」



2022020601 (55)









「使用後は簡単に分解ができるので、きれいに掃除をすることができます」



2022020601 (90)









「暑い時期は、炭起こしがけっこう大変」



ガスをひねるだけで、焼肉ができる炉ばた焼器炙りやはとても便利。



FullSizeRender

























たこ焼きプレート


3019060402 (11)









「カセットコンロとたこ焼きプレートさえあれば、簡単手軽にたこ焼きができます」



特に、お子さんがおられるご家庭は、お子さんと一緒にたこ焼きが作れ、いつもとちょっと違ったキャンプ飯になります。



3019060404 (3)









「自宅でたこ焼きをする場合、電気のたこ焼き器を使うことが多いと思います」



電気でたこ焼きを焼く場合、焼き具合にムラができて、火力が小さいのでなかなか美味しく焼けません。





我が家がおすすめするのが、カセットコンロ+イワタニのたこ焼きプレート。



カセットコンロとイワタニのたこ焼きプレートを使うと焼きムラがなく、手早く焼けるのが使用するメリット。



3019060404 (1)
 









「プレートの底、五徳にのせる所が山切りになっているので、五徳にフィットしてずれません」



3019060403









「イワタニのたこ焼きプレートはどんなカセットコンロでも合い、手軽にたこ焼きができます」



外はカリッと中はトロッとおいしく焼けるので、イワタニのたこ焼きプレートはかなりおすすめ。



3019060402 (11)





















鉄板焼きプレート


2020100303 (1)









「カセットガスストーブで、手軽に鉄板焼きを作りたい方におすすめなのが、イワタニから発売されている鉄板焼きプレート」


イワタニの鉄板焼きプレートの良い所は、五徳がフィットする所におうとつがあるので、完全に固定され、鉄板がずれて食材がこぼれたりすることはありません。





下記のように、五徳と鉄板が固定されているので、使う時にとても安心感があります。


2020100302 (9)








「我が家は、鉄板焼きプレートで、お好み焼きや焼きそばを作っています」



2020100304 (6)









「手軽にガスコンロで、鉄板焼きができるのでおすすめ」



2020100302 (7)






















シュラフ


2021051705 (4)









「我が家が、春や秋のキャンプに必ず使用しているのが、ダブルウォーム2way寝袋



ダブルウォーム2way寝袋のおすすめな理由は、4千円と手軽な値段で購入できること。


2021051706 (5)









「手軽な値段で購入できる寝袋ですが、暖かいので春や秋のキャンプに使えます」



厚着をして寝れば、冬場も使用可能。


2021051706 (3)









サイズは、150×210cmなので、大柄の男性でもゆったりと就寝できます


FullSizeRender









「畳むと22×55cmなので、とてもコンパクト」


汚れれば、洗濯機でも洗うことが可能。


2021051705 (3)









「ダブルウォーム2way寝袋の良いところは、軽くて薄いのに暖かいこと」


2021051705 (10)









「軽くて暖かいのは、その理由があります」


素材が、蓄熱アルミシート+発熱保温わた。


FullSizeRender









「蓄熱アルミシートによる輻射熱効果で、体から放出された体温を反射し蓄熱」



遠赤外線で、冷気を完全にシャットアウトします。


FullSizeRender









「羽毛よりも暖かいと言われている、発熱保温わた」


発熱保温わたは、体から出る赤外線を発熱保温わたが吸収し、自ら蓄熱と発熱します。




発熱保温わたは、羽毛よりも暖かいと言われており、春や秋のキャンプに安心して使用できます。


FullSizeRender









「実際に使用されるとわかりますが、ダブルウォーム2way寝袋の中に入ってみると、じんわりと暖かさが伝わってきます」


暖かいので、自ら発熱しているのがわかります。


2021051706 (5)









「ファスナーを外すと、掛け布団にもなります



2021051706 (2)









ダブルウォーム2way寝袋は、手軽に購入でき暖かいので、とても重宝しています


年間50泊キャンプに行く我が家が、絶対におすすめできる寝袋。


2021051705 (4)

























スタンレーボトル


3019090201 (2)









「暑い時期にキャンプに行くと、冷たいジュースやお酒を飲むことが多いので、氷は暑い時期のキャンプの必需品」



我が家がキャンプで、氷の保存に使用しているのが、スタンレーから発売されている真空断熱ボトルグロウラーの1.9L。


2020061207 (7)









「スタンレーグロウラーが、他の水筒とは違う所は、注ぎ口が広いこと」



注ぎ口が口径60㎜あり、注ぎ口が広く氷の出し入れもしやすいのでとても便利。





大きい氷も、問題なく入ります。



2020061208 (2)









「留め金付きの蓋になっているので密閉性がアップし、長時間の氷の保存ができます」



ワイン・ビール・炭酸飲料・ジュースなんでも入れられるので、とても便利な水筒。



3019090201 (1)









「創業100年を超えるスタンレーは、古き良きアメリカの風情があり、強度や耐久性に優れ、長く使用することができます」



高度12000mから落としても壊れないほどの丈夫さで、アメリカの軍隊でも使われていたスタンレーボトル。





いろいろなスタンレーボトルの中で、我が家の一押しがスタンレーグロウラー。



2020061207 (6)

























エルパソブランケット


2021101701 (19)









「エルパソのブランケットは、我が家がキャンプで敷いている超おしゃれなラグ」



昔も今も流行りのキャンプアイテムで、ロングヒット商品。




人気がありすぎて、一時期購入できませんでしたが、現在は落ち着いています。


2021101701 (20)









「エルパソブランケットの人気がある理由は、他にはない雰囲気で、見た目がかなりおしゃれ」


2021101701 (14)








「生地はかなり分厚く、とてもしっかりとしています」



触ってみると、思っている以上に、生地の分厚さがあります。


2021101701 (12)









「サイズが150×210cmなので、4人用のテントなら、2枚敷くとちょうどいい大きさ」



年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。


2021101701 (25)









「見た目以上に、かなりおしゃれなブランケットだと思います」



2021101701 (27)
























まとめ


2021081430 (33)









最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなキャンプスタイルが流行っています。


我が家も、ソロキャンプからファミリーキャンプまで、いろいろなスタイルでキャンプをしています。


今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするファミリーキャンプアイテムを紹介しました。


ぜひ、参考にして下さいね。





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック