2020082904 (2)









「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」



真冬の寒い時期から、真夏の暑い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021040803 (4)









「1年を通してキャンプに行っていると、どの季節が過ごしやすいか、過ごしにくいかわかります」


春や秋は、キャンプをしていて過ごしやすい感じもしますが、寒暖の差があり、昼間が暑い時があります。


2020102501 (1)









「我が家が思う、1年で最も過ごしやすい季節が、冬のキャンプ」



1日を通して気温が下がり寒いので、設営撤収の時も汗をかきません。




石油ストーブやホットカーペットを、テント内でつけていると、自宅にいるより快適。


2020111502 (7)









「しっかりとした暖房器具さえあれば、キャンプで快適に過ごせます」



2020111502 (16)









「我が家が1年を通して、最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」


平地のキャンプ場だと、朝晩を通して暑く、夜は熱帯夜になることもあります。




夏キャンプは、設営と撤収の時間帯を変えると、意外に快適に過ごせます。


2020082904 (1)










今回は、夏キャンプを快適に過ごす方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。










2020011650









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









夏キャンプの撤収:


2020082904 (6)









「夏キャンプは他の季節と違い、最も過ごしにくい季節」



夏キャンプを快適にされるなら、何かしらの工夫が必要。


2020082904









「標高の高いキャンプ場を選ぶと、より快適に過ごせます」



100m標高が上がると、気温が0.6度下がると言われており、夏キャンプをされるなら、標高の高いキャンプ場が良いと思います。


2017081807









「夏場は、平地のキャンプ場は、おすすめできません」


平地のキャンプ場は、朝晩と1日を通して暑く、夜は寝苦しく熱帯夜になることが多いです。




梅雨明けの、7月中旬から8月末の1ヶ月半は、平地のキャンプ場を避けることをおすすめします。



2018072026









「真夏は標高の高いキャンプ場と、もうひとつ過ごしやすい場所が、山沿いにある林間サイト」


山沿いにある林間サイトで、できればサイトの横に、川が流れている方が涼しく過ごせます。




川から流れる風は涼しく、周りの温度を下げてくれます。


2016082131









「テントを設営する時間を、気温の下がる夕方にすると、設営するのに暑さを軽減し楽」


真夏だと19時ぐらいまで明るいので、16時過ぎにテント設営を始めると、日が明るい内に完了できます。


2020061201 (1)









「撤収する時間は、8時ぐらいを目処にすると、涼しい時間帯に終えられます」


真夏だと、8時ぐらいから暑くなるので、それまでの涼しい時間帯に設営を終わらすと楽。


2020082904 (3)









「真夏は、気温が低くならないので、テントが結露しません」


IMG_6044









「テントの結露がないので、テントを乾かす必要もなく、早い時間帯から撤収作業を行えます」


できれば、暑くなる時間帯は、撤収作業を避けて下さい。


202009602 (3)









「夏場は、サッと設営撤収できるオープンタープとテントの組み合わせがおすすめ」


スノーピークから発売されているエントリーパックT Tは、ヴォールトとヘキサタープの組み合わせ。


FullSizeRender









「スノーピークのテントとタープが、5万円程で購入できるので、とてもお手軽」



FullSizeRender

























「我が家は、生地がポリコットン製のタトンカタープを使用」


IMG_6070









「タトンカタープは、ポリコットンの生地でできており、遮光性がよく影が濃いので、日差しのきつい日でも快適に過ごせます」


2020081601 (4)









「タトンカタープは、いろんななサイズがありますが、サイズが445×425cmある、タトンカタープ1TCがおすすめ」



タトンカタープ1TCは、我が家も使用しており、おすすめのポリコットンタープ。


2020081601 (2)

























「ビジョンピークスから発売されているファイアプレイスTCレクタタープは、1万円台で購入できるポリコットン製のタープ」



幕の厚みがあり幕質がよく、しっかりとしたつくりで遮光性があるので、かなりおすすめなオープンタープ。



FullSizeRender


























「夏キャンプにおすすめなのが、我が家も使用しているTCルーテント」


TCルーテントは、アウトドア用品販売店、ヒマラヤのプライベートブランド。


IMG_6431









「我が家が、TCルーテントをおすすめする理由は、素材がポリコットン製になっており、春夏秋冬使えるから」


20201222702 (4)









「ポリコットン素材が分厚く、暖房器具で暖めたテント内の空気を外に逃しません」



冬場でも、快適に過ごせます。


2021013101 (1)









「夏場は、素材のポリコットン素材が分厚く、日差しをシャットアウトしてくれます」


IMG_6028









「出入り口のメッシュは2ヶ所あり、大きいので、風通しが良いです」



IMG_6435









「夏場でも、他のテントより快適」



IMG_6039

IMG_6041









「TCルーテントは、インナーテントのみで、フライシートがありません」


インナーテントは、撥水加工されているので、雨の日でも使用できます。




フライシートがないので、設営が簡単で楽。


IMG_6136









「幕を広げ、2本のポールを通し、立ち上げたら設営完了」



設営撤収は簡単で、5分もあればできます。


IMG_6006

IMG_6008









「サイズは、220×180×130なので、3人まで使用可能」



IMG_6036









「TCルーテントは、春夏秋冬使える、我が家のお気に入りテント」



夏場でも、けっこう快適。


IMG_6041

IMG_6435

























まとめ:


IMG_6070









夏キャンプは、出来るだけ平地のキャンプ場を避けて下さい。



標高の高いキャンプ場は、真夏でも快適に過ごせるのでおすすめ。



設営撤収するのを、涼しい時間帯に変えると、夏キャンプが楽にできます。



設営は夕方、撤収は早期を目処にすると、涼しい時間帯に終わらすことができます。



以上、「夏キャンプは撤収をする時間に気を付けて下さい!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!