FullSizeRender









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類の2ルームテントが発売されています」


購入する時、どの2ルームテントを選んだらいいか迷われると思います。




購入に迷ったら、売り上げナンバーワンの2ルームテントを選ぶのも、ひとつの方法。


FullSizeRender









「コールマンから発売されている、タフスクリーン2ルームハウスシリーズは、最も売れてる2ルームテント」


手軽な値段で購入でき、使い勝手もかなり良いです。


FullSizeRender









「タフスクリーン2ルームハウスシリーズの中で、今回紹介するのが、2020年に発売されたタフスクリーン2ルームハウス/LDX+」



タフスクリーン2ルームハウス/LDX+には、もうひとまわり小さな、タフスクリーン2ルームハウス/MDX+もあります。





広く使うなら、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+がおすすめ。


FullSizeRender









今回は、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+を、見て触れて感じたことを、詳しくブログで紹介したいと思います。










2020011650








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










タフスクリーン2ルームハウス/LDX+:


FullSizeRender









「タフスクリーン2ルームハウスのダークルームシリーズには、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+と、タフスクリーン2ルームハウス/MDX+の2種類があります」



購入する時、二つの内どちらを選んだらいいか迷よわれるて思います。




タフスクリーン2ルームハウス/MDX+のサイズ:


560×340×215(h)cm




FullSizeRender










タフスクリーン2ルームハウス/LDX+のサイズ:

610×365×220(h)cm




FullSizeRender










「数字をみた感じ、それほど大きな違いを感じませんが、実際に2ルームテントの中に入ってみると、大きさの違いを感じでしまいます」


IMG_0376

IMG_0382








「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+の中に入ってみると、けっこう大きいんだなと感じました」



圧迫感が全くなく、4人家族でも、ゆうゆうリビングで過ごせます。


IMG_0383








「MDX+は、4人家族でも使えないことはないのですが、少し狭さを感じます」


リビング内で広く、ゆったりと過ごしたいならLDX+がおすすめ。





リビングのサイズは、320×365で高さが220cm。



IMG_0378








「寝室内も一緒で、広く使いたいなら、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+が良いと思います」


IMG_0405









「寝室のインナーテントのサイズは、300×250cmで、高さが185cmあるので、圧迫感がなく広く使えます」



4人家族ならLDX+で、3人家族までならMDX+を選ばれる方が、ゆったりと過ごせます。



IMG_0387










ダークルームテクノロジー:


FullSizeRender









「以前発売されていたタフスクリーン2ルームハウス+は、2ルームテント全体に、ダークルームテクノロジーが採用されていました」



天気の良い日は、日差しをさえぎるので、リビング内は涼しいというメリットがありましたが、天気の悪い日はかなりリビング内が暗かったです。





タフスクリーン2ルームハウス/LDX+の屋根には、ダークルームテクノロジーが採用されていません。


FullSizeRender










「代わりに、ルーフシートが、ダークルームテクノロジーの役割を果たしてくれます」



ルーフシートを付けると、ダークルームテクノロジー採用で、リビング内が暗くなり、日差しをシャットアウトしてくれます。



FullSizeRender

FullSizeRender









「天気が悪い日は、ルーフシートを外すことで、外からの光を取り入れ、リビング内で明るく過ごせます」


FullSizeRender









「インナーテントもダークルームテクノロジーを採用されており、テントを締め切ると昼間でも真っ暗」



ダークルームテクノロジーが日光を90%ブロックし、温度の上昇を抑えてくれます。 



IMG_0389








「ダークルームテクノロジーが採用されている、タフスクリーン2ルームハウス/LDX+は、他の2ルームテントより、夏場快適に過ごせます」



FullSizeRender










幕質とポール:


IMG_0380









「テントを実際に見て触れてきましたが、幕厚はそれなりに分厚く、しっかりとしたつくり」


ポールも太く、しっかりとしていました。



IMG_0404









「天候の悪い日に使用しても、安心感があります」



値段は、9万円ほどしますが、長く使用できると思います。



IMG_0375









インナーテント:


FullSizeRender









「インナーテントは、吊り下げ式になっており、2ルームテントを張ったまま付け外しが可能」



雨が降っても、インナーテントの付け外しの際、濡らしません。



IMG_0390










寒い時期と暑い時期:



FullSizeRender










「暑い時期は、メッシュが多いので、風通しがよく涼しく過ごせます」



IMG_0384









「リビング部分の底には、スカートが付いていますが、寝室部分にはスカートがありません」



IMG_0397









「春夏秋は、使いやすいテントですが、寝室部分にスカートがない為、隙間風が入ってくるので、真冬のキャンプだと寒いかもしれません」



真冬は、キャンプをやらないという方に、おすすめできる2ルームテント。





真冬以外の春や秋なら、それほど冷え込まないので、問題ないと思います。


IMG_0399









「タフスクリーン2ルームハウスに付属されているのは、アルミ製のペグ」



アルミペグだと、地面が硬いと入っていきません。





風が強い日は、ペグダウンをしないと危ないので、しっかりとしたペグがあると安心。



2020092202 (4)









「我が家は、スノーピークから発売されている ソリッドステーク30㎝を使用」



2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender



























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























まとめ:


FullSizeRender









タフスクリーン2ルームハウス/LDX+は、4人家族でも十分にゆったりとできる広さ。



大は小を兼ねるといいますが、我が家はMDX+よりLDX+の方が、良い感じがしました。



ダークルームテクノロジーで、暑い時期でも、他の2ルームテントより、快適に過ごせると思います。


以上、「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+の使い勝手と購入するメリットを詳しくブログで紹介
」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!