2021051706 (2)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い季節から、真冬の寒い時期まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




1年を通して年間50泊もキャンプに行っていると、それぞれの季節、キャンプでの過ごし方がわかってきます。


IMG_0005 (2)

2020111502 (8)

IMG_6070









「暑い時期は、それほど対策があまりできませんが、気温の低い時期は、寒さ対策をしないと、居心地が悪く寒くて寝れなくなることもあります」



2021051702 (4)









今回は、寒い時期の対策と、我が家が使用する値段が安く暖かいシュラフを、詳しくブログで紹介したいと思います。







2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










安くて暖かいコンパクトなシュラフ:


2021051706 (4)









「気温が低くなると、必ず発生するのが地面からの冷気」



地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも、必ず冷気は発生します。




テント内の気温を暖房器具で暖めて、暖かくしても、地面からの冷気を遮断しないと、快適には過ごせません。


2020013008 (7)









「我が家は、テントの床の一番下には、オールウェザーブランケットを敷いています」



オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれいます。



プラスチックフィルム、アルミニウム、ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造。



2021051701 (4)

2015111214









「最近は、ピンポイントで集中的に雨が振ることが多く、雨が集中的に振ると、水溜まりになってしまいます」


その上にテントがあると、テントの床部分から、浸水してくる可能性もあります。




防水性の高いオールウェザーブランケットを、テントの床一面に敷いておくと、浸水した雨水をシャットアウトし、インナーマットやシュラフを濡らしません。



3020011203 (4)









「オールウェザーブランケットのサイズは、152×213cmあるので、3人用のテントまでなら、グランドシートにもなります」


我が家は、テントのグランドシートとしても使用しています。


2021013101 (1)

2021013101 (2)









「いろいろな場面で使用できる、オールウェザーブランケットは、我が家のキャンプでの必需品」


2021051701 (5)
























「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを敷いています」



極厚の銀マットは分厚いので、地面からの冷気を完全に遮断してくれます。


2021051701 (6)









「1枚より2枚を重ねて敷くと、クッション性もアップし、かなり居心地が良いです」


極厚の銀マットを2枚重ねにすると、クッション性がアップするので、他のインナーマットは必要ありません。


2018092005









「専用のインナーマットを購入するより、銀マットの方が、コスパに優れており、使い勝手が良いです」


2021051701 (6)









「我が家は、オールウェザーブランケット+極厚の銀マットで、地面からの冷気を遮断し、寒さ対策をしています」


2021051701 (8)









「オールウェザーブランケットは、1枚持っておくと、どんな場面でも使用できるのでおすすめ」


2021051701 (5)

























「極厚の銀マットは、地面からの冷気を完全に遮断し、クッション性も高いのでおすすめできます」


2021051701 (7)

























WAQのインフレーダブルマット:


2021051703 (10)









「我が家が就寝する時に使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット」


WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。


2021051705 (1)









「WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります」


厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます。


2021051704 (5)

2021051704 (2)









「特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます」


2021051703 (7)

2021051703 (8)









「素材に、ひし形のウレタンを採用しており、就寝するのに快適」



ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません。


2021051704 (4)








「空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます」



2021051706 (10)


2021051706 (11)

2021051707 (1)

2021051707 (2)









「WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット」


2021051703 (10)

2021051704 (10)

















ダブルウォーム2way寝袋:


2021051706 (2)









「春や秋のキャンプ、我が家が必ず使用するシュラフがダブルウォーム2way寝袋」


ダブルウォーム2way寝袋は、羽毛を越える暖かさがあります。




蓄熱アルミシート+発熱保温わたで、寒い時期でも快適に就寝できます。


FullSizeRender









「蓄熱アルミシートは輻射熱効果で、身体から放出された体温を反射蓄熱し暖かく、冷気を遮断します」


発熱保温わたは、ヒートスターソーラーを使用し、身体から出る赤外線を吸収しエネルギーに変え、自ら蓄熱発熱する新素材。


2021051706 (3)









「思っている以上に暖かく、春や秋の気温が下がる季節でも、快適に就寝できます」


2021051706 (5)









「チャックを外すと、掛け布団にもなるので、とても便利」



ダブルウォーム2way寝袋のサイズは、掛け布団にすると150×210cm・シュラフにすると75×210cm。


2021051705 (6)

2021051706 (2)









「収納時は、22×55cmなので、けっこうコンパクトに収納できます」


収納する時は、くるくると巻いて、袋も大きいので楽に簡単に収納可能。


2021051706 (7)

2021051706 (8)

2021051706 (9)

2021051705 (3)









「シュラフの中に入ると、じんわりと暖かさが伝わり、発熱している感じが伝わってきます」


2021051705 (5)

2021051706 (1)










「ダブルウォーム2way寝袋は、年間50泊行く我が家が必ず持っいくシュラフで、とても暖かいのでおすすめできます」



2021051705 (4)

























まとめ:


2021051703 (10)









ダブルウォーム2way寝袋は、蓄熱アルミシート+発熱保温わたで、暖かく快適に就寝できます。


春や秋の、気温が下がる季節におすすめ。


薄くて暖かいので、持ち運びや使い勝手が最高。


4千円程で販売されているので、手軽に購入できます。


ダブルウォーム2way寝袋は、我が家おすすめの、暖かいシュラフです。


以上、「安い・暖かい・コンパクトなシュラフ!年間50泊キャンプ行く我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!