2021010901 (1)








「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2020122701 (2)

IMG_6070









「1年を通して、最も快適にキャンプをできるのが、秋のキャンプ」


真夏ほど暑くはなく、冬場ほど冷え込まないので、重装備をしなくても、快適に過ごせます。




ただ、昼間晴れると、気温が高くなるので、日差し対策は必ず必要。


朝晩は冷え込むので、テントで過ごす場合は、寒さ対策も必要になってきます。


2020111502 (8)









今回は秋のキャンプ、年間50泊キャンプに行く我が家が、注意することを詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね!
Instagram









*タイトル
秋キャンプの注意点


FullSizeRender









「秋キャンプは、昼間晴れると気温が上がり暑く、朝晩は寒暖差で冷え込みます」



暑さ対策と寒さ対策の両方しなければいけないのが、秋のキャンプを快適に過ごす方法。


2022041002 (67)









「昼間、晴れると気温が上がるので、必ず日除けになるものが必要」



サイトに木があり日陰なら大丈夫ですが、日陰など何もないサイトなら、オープンタープを持参して下さい。


2022041002 (69)









「我が家は日除け対策に、ポリコットンタープを使用」


FullSizeRender

FullSizeRender









「ポリコットンタープは、ポリエステル+コットンが混ざった素材のタープ


ポリエステルに比べて、遮光性が高いのが特徴。




春は寒暖差が厳しく、昼間は太陽の日差しがきつくなってきます。



202201161 (59)









遮光性があり影が濃い、ポリコットンタープがあれば快適


最近は、ポリコットンタープが人気で、いろいろなアウトドアブランドから発売されています。




その中で、我が家がおすすめするのが、タトンカタープ。


FullSizeRender









「タトンカタープは、我が家が長年使用してきたタープで、2021年にリニューアルし、新しいタトンカタープに生まれ代わりました



従来のタトンカより軽量になり、遮光性が高く使いやすいのが特徴。




軽量ポリコットンながら、遮光性が高く影が濃いです。


FullSizeRender









おすすめは、我が家も使用するタトンカタープ1TC


425×445cmで、重量が2.8kgの
タトンカタープ1TCのサイズ




4人家族でも、十分なスペースを確保してくれます。


FullSizeRender









リニューアルしたタトンカタープは、色がサンドベージュになり、とてもかっこいいですよ


202201161 (31)









「タトンカタープ1TCは、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするポリコットンタープ


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

























地面からの冷気


2021051701 (2)









「気温が下がり寒くなると、必ず発生するのが地面からの冷気」


テントの床部分からも、冷気は発生します。


FullSizeRender









「地面からの冷気対策をしなければ、テントの中を暖房器具で暖めても、快適には過ごせません」


我が家はテントの床部分、一番下にオールウェザーブランケットを敷いています。


2021051701 (5)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれいます」



2021051701 (4)









「プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・プラスチックフィルムという4層からなる構造」



しっかりとしていて丈夫なので、我が家は10年以上使用しており、いまだに現役。



2015111214










「防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておくと、雨水の浸水もシャットアウトしてくれます」



3019052301 (2)









「最近は、雨がピンポイントで集中的に降ることがあります」



雨が集中すれば、地面が雨水を吸収できず、水溜りになることがあります。





水溜まりの上にテントを張っていると、雨水がテント内に浸水してくる可能性もあります。



3020011203 (6)









「オールウェザーブランケットは、防水性が高いので、地面からの雨水をシャットアウト」



シュラフやインナーマットを、雨水から濡らしません。



3020011203 (4)









「床一面に、オールウェザーブランケットを敷くと、痛みやダメージ防止にもなります」



オールウェザーブランケットは、我が家のキャンプのなくてはならないもの。



2021051701 (5)


























「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを敷いています」



極厚の銀マットは、値段が安く、手軽に購入できるのがメリット。





厚みがあるので、地面からの冷気を完全にシャットアウト。



2021051701 (6)









「2枚以上敷くと、クッション性がアップし、他にインナーマットを敷かなくても、極厚の銀マットだけで快適」



2018092005










「極厚の銀マットも、秋キャンプになくてはならないもの」



2021051701 (7)

























秋キャンプの暖房器具


2020111502 (7)









「秋キャンプは、真冬程冷え込まないので、外で過ごす場合は、焚き火だけでも暖が取れます」



テントの中で過ごす場合、朝晩は冷え込むので、何かしらの暖房器具が必要。





10月ぐらいは、少し朝晩が冷え込む程度なので、カセットガスストーブで充分。



FullSizeRender









「カセットガスストーブは、カセットボンベ1本でテント内を暖めてくれるので、とても手軽」



カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています。



FullSizeRender

























「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」



3019111701

























「10月以降は、朝晩の冷え込みがきつくなるので、トヨトミから発売されているトヨトミレインボーがあれば、十分に暖かいです」



トヨトミレインボーは、手軽な値段で購入できる石油ストーブで、燃費もいいので、キャンプで使うストーブにむいています。



FullSizeRender









「燃料を満タンにして車で運んでも、石油漏れを起こさないのが、日本製のトヨトミレインボーの良いところ」



我が家も、トヨトミレインボーを使用しています。



FullSizeRender

























キャンプグリーブの大型反射板



FullSizeRender









「風が強い日は、焚き火がやりにくくなります」


そんな時は、風除けにリフレクターがあると便利。




我が家は、キャンプグリーブの大型リフレクターブラック色を使用。


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender









色が黒色ので反射板としての役目はありませんが、風除け効果がかなりあります」



FullSizeRender

FullSizeRender









「我が家は、人気の幅120×高さ60cmのものを使っています」


FullSizeRender

FullSizeRender

























「秋キャンプは、朝晩が特に冷え込むことがあります」


我が家が、気温が下がる冬場も含めて、必ず持っていくのがキャンプグリーブの大型反射板。




真冬のキャンプでも、キャンプグリーブの大型反射板があると焚き火だけでも暖が取れます。


FullSizeRender










「焚き火の熱をキャンプグリーブの大型反射板に反射させることで、全ての熱が集中します」


熱を反射させるので、顔が近づけないほどの熱の強さでかなり強力。


FullSizeRender

FullSizeRender








「キャンプグリーブの大型反射板を使うと、真冬の一番気温が下がる朝晩でも焚き火だけで暖がとれるので、春や秋なら暑いくらいの暖かさ」


FullSizeRender









「サイズは、30cm・40cm・50cm・60cm・70cmの5種類の高さがあり、幅120cmは全て同じ」


5種類の高さの内、人気があり売れているのが60cm。




我が家も60cmを使用しており、ぴったりとしたサイズ。



FullSizeRender









「どんな焚き火台とも合い、我が家も使用するファイアグリルともかなり相性がいいです」


FullSizeRender












「収納袋は、600Dの生地を採用しておりかなり丈夫」


FullSizeRender









「付属のOリングで、鍛造ペグなどで固定ができます」


FullSizeRender

FullSizeRender









「キャンプグリーブの大型反射板の素材は、スチール製の板が使われており、亜鉛メッキされているので、耐久性があり錆に強い特徴」


FullSizeRender









「最近は、いろいろなブランドから反射板が販売されていますが、我が家も使用するキャンプグリーブの大型反射板が、一番人気があり売れている商品」


FullSizeRender

FullSizeRender



























まとめ



3020022905









秋キャンプは、寒暖差が大きいので、昼間と朝晩の気温の差が大きいです。



暑さ対策と寒さ対策の両方をして、秋キャンプを快適に過ごしてください。



寒くなると地面からの冷気対策が必要で、我が家はオールウェザーブランケットと極厚の銀マットを使用しています。



どれも、我が家の秋キャンプに必要なアイテムで、なくてはならないもの。


以上、「秋キャンプの注意点を徹底解説!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介
」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 






























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック