2021010901 (3)









「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」



真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2020122701 (1)

IMG_0006 (2)

IMG_6070








「年間50泊もキャンプに行くと、その時期にあった装備や暖房器具がわかります」



秋キャンプは、寒暖差が大きいので、寒さ対策と暑さ対策の両方が必要。


3019111701









今回は秋のキャンプ、電源がないサイトで、何を持って行くべきか、詳しくブログで紹介したいと思います。









3020011205








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









秋キャンプで電源なしサイト:


IMG_0025









「秋キャンプは、昼間晴れると気温が上がり、日が落ちると気温が下がって、寒くなってきます」


寒暖差が大きいので、寒さ対策と暑さの、両方をしなければ快適には過ごせません。




昼間は、晴れると気温が上がるので、日除けはとても大事。



サイトに木陰がない場合、日除けになるようなタープは必ず必要。


2020083101 (3)









「我が家は日除けタープに、タトンカタープを使用」



タトンカタープは、素材がポリコットン製になっており、夏場の強い日差しでもシャットアウト。




他のポリコットン製のタープより軽量ですが、遮光性が高く影が濃いのが特徴。


IMG_6070









「我が家は、タトンカタープ1TCを使用」



タトンカタープ1TCのサイズは、425×445cmなのて、4人家族でも十分の広さ。


2020081601 (3)
























地面からの冷気:


2021051701 (10)









「秋のキャンプ、日が落ちると気温が下がってきます」


気温が下がると、必ず発生するのが、地面からの冷気。


2021051702 (4)









「寒い日に、地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テント内の床からも冷気が発生します」


地面からの冷気対策をしなければ、テント内の温度を上げても、快適には過ごせません。


2021051701 (1)









「我が家は、テントの床の一番下に、オールウェザーブランケットを使用」



2021051701 (5)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれいます」



プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・プラスチックフィルムという4層からなる構造。



2015111214




仕様/規格


●材質:ポリエチレンフィルム・アルミニウム・繊維・有色ポリエチレンフィルムの4層です
●サイズ:152×213cm
●重量:350g(CS:6/CT:50) カラーブルー メーカー品番22146 



商品説明

●医療機器としてFDAに正式登録されているほか、アメリカの軍隊やボーイスカウトでも正式に使用されています。NASA開発の4層構造の多目的なシートで、毛布・レジャーシート・タープと様々な用途に使う事が出来る耐久性があります。 










「しっかりとして丈夫なので、我が家は10年以上も使用しています」



最近は、ピンポイントで雨が降ることが多く、集中的に雨が降ると、地面が雨水を吸収せず、水溜まりになることがあります。



3020011203 (4)









「水溜まりにの上にテントを張ると、テントの床部分から浸水してくる可能性もあり得ます」



防水性の高いオールウェザーブランケットを敷くと、雨水が浸水してきても、インナーマットやシュラフを濡らしません。





テントの床一面に敷くと、テントの床が傷やダメージを防ぎます。



3020011203 (6)









「オールウェザーブランケットは、サイズが152×213cmあり、2〜3人用のグランドシートとしても使えます」



2021013101 (2)

2021013101 (1)









「オールウェザーブランケットは、我が家の秋キャンプの必需品」



2021051701 (5)



























「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを敷きます」



極厚の銀マットは分厚いので、地面からの冷気を完全にシャットアウト。





2枚敷くと、クッション性がアップするので、その上にインナーマットを敷かなくても、極厚の銀マットだけでも大丈夫。



2018092005









「極厚の銀マットは、我が家のキャンプの必需品で、絶対になくてはならないもの」



2021051701 (7)










暖房器具:


2021013002 (7)









「電源がないサイトでは、電化製品が使用できないので、電気を使わない暖房器具になってしまいます」



10月ぐらいなら、朝晩でも、それほど冷え込まないので、カセットガスストーブで十分。



FullSizeRender









「カセットガスストーブは、カセットボンベ1本で、だいたい3時間ほど暖かくなります」



燃料のカセットボンベは、コンビニでも購入できるので、とてもお手軽。





簡単お手軽に使えるのが、カセットガスストーブの良い所。



FullSizeRender









「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」



3019111701

























「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています」



FullSizeRender


























「10月を過ぎると、気温もだんだんと下降していき、寒くなる日も増えてきます」



カセットガスストーブだけでは、暖が取れないので、それ以上暖かい石油ストーブが必要。





春や秋のキャンプで暖を取るなら、トヨトミから発売されている、トヨトミレインボーがおすすめ。



FullSizeRender









「トヨトミレインボーは、値段が安く手軽に購入でき、燃費がとても良いです」



暖かさを最大にしても、燃焼時間は20時間もあるので、1泊2日のキャンプなら灯油を補給しなくても大丈夫。



FullSizeRender









「自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら、空になることはありません」



日本製のトヨトミレインボーは、灯油を満タンにし車で運んでも、灯油漏れを起こしません。





トヨトミレインボーは、我が家も愛用しています。



FullSizeRender

























まとめ:


2021010902 (2)









秋キャンプは、寒さ対策と暑さ対策の両方が必要です。



昼間晴れると暑いので、日除けタープがいります。



朝晩は、気温が下がるので、暖房器具が必要になってきます。



気温が下がると、地面から冷気が発生するので、暖房器具と一緒に、冷気対策もして下さいね。


以上、「秋キャンプは電源なしでも大丈夫!我が家の方法を詳しくブログで紹介
」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!