2020112210 (4)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021040803 (2)

2021013001 (6)

2021010901 (2)

2020122701 (2)

2020100301 (7)

IMG_6073









「1年を通してキャンプに行っていると、それぞれその季節にあった寒さ対策がわかってきます」


2020013008 (5)









今回は11月のキャンプ、我が家の寒さ対策と暖房器具を、詳しくブログで紹介したいと思います。









3020011305









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










11月キャンプの寒さ対策:


2020111502 (10)









「11月は、真冬の寒さはありませんが、だんだんと気温が下がってきます」



早朝は、一桁台まで気温が下がり、昼間でも暖房器具がないと肌寒いくらいです。




11月のキャンプは、しっかりとした暖房器具が必要になってきます。


2020013008 (4)










地面からの冷気:


2021051702 (3)









「気温が下がり寒くなると、必ず発生するのが地面からの冷気」


寒い時期に、手で地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも発生します。


2021051701 (2)









「テント内の冷気対策をしないと、快適には過ごせません」


我が家は、テントの床部分の一番下に、オールウェザーブランケットを使用。


2021051701 (3)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風、保温性に大変すぐれいます」



プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスチックフィルムという、4層からなる構造でとても丈夫。





我が家は、10年以上使用してますが、いまだに現役で、破れなど一切ありません。



20210416200









「キャンプで、いろいろな場面で使え、丈夫でしっかりとしているのが、オールウェザーブランケットの良さ」



テントの床一面に敷くと、ダメージや汚れ防止になるのでおすすめ。


2020013007 (10)








「サイズが152×215cmあり、2〜3人用のテントならグランドシートにもなります」



IMG_6010









「防水性と保温性に優れた、オールウェザーブランケットは、我が家のおすすめのシート」



2021051701 (4)


























「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを敷きます」



極厚の銀マットは分厚いので、地面からの冷気を完全にシャットアウト。





2枚敷くと、クッション性がアップするので、その上にインナーマットを敷かなくても、極厚の銀マットだけでも大丈夫。



20210416201









「極厚の銀マットは、我が家のキャンプ必需品で、絶対になくてはならないもの」



2021051701 (7)

























電源サイト:


2021051701 (10)









「11月のキャンプ、電源サイトと電源がないサイトでは、暖房器具が変わってきます」



電源サイトなら、暖房器具で最強の、ホットカーペットが使用できます。



2020013008 (7)









「ホットカーペットは最強の暖房器具で、ホットカーペットにかなう暖房器具は、他にはないと思います」



ホットカーペットのサイズは、2畳用が176×176cmで、3畳が195×235cmになっています。


2019012601 (2)









「2、3人用のテントならホットカーペットの2畳用で、4人用のテントなら、ホットカーペットの3畳用を選んで下さい」



2019012601 (3)

























「ホットカーペットは、寝転がったり座ったりすると暖かいのですが、テント内の温度は上がりません」


ホットカーペットプラス、補助的な暖房器具が必用。


11月のキャンプ、我が家がおすすめする暖房器具は、ホットカーペット+トヨトミレインボー。




ホットカーペットがかなり暖かいので、それ程暖房出力の高くないトヨトミレインボーで、十分にテント内は暖かいです。



FullSizeRender









「トヨトミレインボーを、我が家がおすすめする理由は、燃費がかなりいいから」



最大の暖かさにして使っても20時間、燃焼時間が続きます。


1泊2日のキャンプなら、灯油を満タンにしておけば、燃料が空になることはありません。




追加の燃料がいらないので、灯油を入れたポリタンクを持っていかなくてもよく、とても楽です。


FullSizeRender









「日本製のトヨトミレインボーは、灯油を満タンにし、車で運んでも灯油漏れを起こしません」


トヨトミレインボーは、我が家も保有しており、おすすめできる石油ストーブ。


FullSizeRender

























電源なしサイト:


2021040803 (2)









「11月になると、昼間も肌寒いくらいで、朝晩は冷え込み、早朝は一桁台前半まで気温が下がることがあります」



電源なしサイトでは、手軽に使える石油ストーブがメインの暖房器具になりますが、11月になるとかなり冷え込むのでしっかりとした石油ストーブが必要。


FullSizeRender









「我が家のおすすめは、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズか、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブの2種類」



トヨトミKSシリーズか、コロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも1台でかなり暖かいです。


FullSizeRender









「暖房出力が、トヨトミレインボーの2倍以上ある暖かさなので、大型2ルームテント・大型シェルター・大型ワンポールテント内で使っても、真冬のキャンプ1台で十分の暖かさ」


真冬のキャンプでも暖かいので、秋キャンプなら十分に快適に過ごせると思います。


FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、トヨトミレインボーより、ひとまわり大きなサイズですが、かなり暖かいです」


トヨトミKSシリーズの暖房出力は6.66KWあり、トヨトミレインボーの2.5KWと比べて、圧倒な暖かさ。


FullSizeRender









「丸型の石油ストーブを探しておられる方は、トヨトミのKSシリーズ」



FullSizeRender


























「コロナの石油ストーブも、トヨトミレインボーよりひとまわり大きなサイズですが、かなり暖かいです」


暖房出力が6.59KWあるので、2.5KWのトヨトミレインボーと比べて圧倒的な暖かさ。


FullSizeRender









2020013008 (5)









秋キャンプは、真冬ほどの寒さはありませんが、朝晩が冷え込むことが多いので、しっかりとした暖房器具が必要。


初心者の方で、11月のキャンプが不安なら、電源サイトを利用されるのも、ひとつの選択。


電源サイトなら、自宅で使用している家電が使えるので、自宅と似たような環境で過ごせます。


電源サイトなら、キャンプで使う最強の暖房器具、ホットカーペットが使用すると、より快適に過ごせます。


以上、「初心者必見!11月のキャンプ!寒さ対策は超簡単!我が家の暖房器具を詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック