2021020305 (8)








「フライパンには、アルミ製・銅製・ステンレス製・チタン製など、いろいろな素材があります」



いろいろな素材かあるフライパンですが、主に自宅で使用されているのは、手軽に使えるフッ素加工されたフライパンだと思います。




フッ素加工されたフライパンは、今や100円ショップなどでも販売されており、気軽に購入できます。


3019091808 (3)









「我が家も自宅では、テフロン加工されたフライパンを使用しています」



毎日、自宅で料理を作るなら、手軽で後片付けも楽なテフロン加工のフライパンが便利ですが、キャンプでは頻繁にはフライパンを使いません。




フライパンを使って料理をする時は、出来るだけ美味しく料理を作りたいということで、鉄フライパンを使用しています。


2021020301 (3)









「鉄フライパンは、熱伝導に優れ蓄熱性が高いのが特徴」


特に肉のソテーなど、シンプルなメニューが美味しく作れます。


2020051204









そんな便利な鉄フライパンですが、サイズ選びはどうしたらいいの?


ということで、今回はキャンプで使用する鉄フライパンのサイズ選びを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









鉄フライパンサイズ選び:


2020051202 (1)









「キャンプで人気のあるフライパンで、圧倒的に売れているのがタークのフライパン」



FullSizeRender









「ターク社は、100年以上も続くドイツにある老舗企業」



ターク社がつくるフライパンは、しっかりとしたつくりで、メンテナンスさえすれば、半永久的に使うことができます。





値段は高いですが、購入する価値はあると思います。



FullSizeRender









「タークのフライパンは、ドイツの職人がひとつひとつ手作りしているクラッシックと、手軽な値段で購入できるローストがあります」


2020111102 (6)









「タークのフライパンの他に人気があるのが、同じくドイツ製の、ペトロマックスマックスから発売されているシュミーデアイゼンフライパン」



シュミーデアイゼンとはドイツ語で「鍛えられた鉄」という意味。




昔ながらの鍛造製法で、熱した鉄を叩き、のばしてフライパンに仕上げています。



FullSizeRender









「キャンプで人気のあるタークのフライパンや、ペトロマックスマックスのシュミーデアイゼンフライパンですが、いろいろなサイズがあります」



それ以外のメーカーの鉄フライパンも、いろいろなサイズがあります。



FullSizeRender









「購入する時、どのサイズの鉄フライパンを選んだらいいか、迷われると思います」



購入に迷ったら、28cmを買うべき。



2020051202 (1)









「28cmがおすすめな理由は、鉄フライパンでどんな料理でも作れるから」



肉を焼くだけなら26cm以下のフライパンでも使えますが、炒め物や揚げ物、煮込み料理をキャンプでされると思います。





28cmの鉄フライパンのサイズだと、ちょうどいい感じなんです。



2020052401 (7)









「フライパンでピザを焼きたいという方も、28cmあると、問題なく焼くことができます」



家族4人でキャンプをされていて、料理を鉄フライパンで作られる方も、28cmだとちょうどいいサイズ。



2020060303 (5)

2020060303 (8)









「我が家も、いろいろなサイズの鉄フライパンを使用してきましたが、28cmのサイズが一番使いやすかったです」



キャンプで使う鉄フライパンのサイズは、28cmばかり。



2020111103 (4)

2020111104 (3)










クラッシックとロースト:



2020051203









「タークのフライパンは、クラッシックとローストの2種類があります」



FullSizeRender









「クラッシックは、職人が一つ一つ手作りされており、一体型のつくり」



手作りされている分、値段は高く設定されています。





鉄の厚みが3mmもあり、熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴。  



FullSizeRender
























「ローストは、機械プレスされた大量生産型のタイプで、柄と本体が溶接されているので、一体型のつくりではありません」



大量生産型のフライパンなので、クラッシックの三分の一の値段で購入できます。



2020051201 (2)









「鉄の厚みは2mmあり、熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴」



2020051201 (8)









「我が家も、タークのフライパンのローストを使用」



ローストは、手軽な値段で購入できるので、おすすめできる鉄のフライパン。



2020051201 (6)









「我が家は、タークのフライパンのロースト28㎝を使用」


2021020305 (8)
























「ペトロマックスマックスのシュミーデアイゼンフライパン」


FullSizeRender









「伝統のペトロマックスのフライパンで、使い勝手がよく見た目がいいので、おすすめできます」



タークでフライパンより値段が安いので、手軽に購入できるのもメリット。



FullSizeRender

























まとめ:


2020111102 (5)









キャンプで使う鉄フライパンのサイズに迷われている方は、28cmのサイズがおすすめ。



28cmあると、どんな料理もキャンプで作れます。



炒め物・揚げ物・煮込み料理まで作れるので、キャンプで作れるレシピが増えます。



大は小を兼ねるといいますが、28cmが他のサイズと比べて、圧倒的に使いやすいです。



以上、「サイズ選びは超簡単!キャンプで使う鉄フライパンのサイズはこれしかない!詳しくブログで紹介
」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!