2021060603 (5)








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています」



いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのメーカーのどのキャンプアイテムを購入したらいいか迷います。




購入に迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法。


IMG_0006 (2)









「今回紹介するマキシマムも、昔から人気のあるロングヒット商品」



マキシマムは、キャンプで使う3大スパイスの中のひとつで、とても人気があり売れています。




今流行りの、ホットサンドで作る料理にも使えます。


2021060603 (3)









今回は、ホットサンドで作る料理にも使えるマキシマムを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011650









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









マキシマム:


2020081702 (6)









「マキシマムは、キャンプで使う3大スパイスの中のひとつで、とても有名で人気があります」


マキシマムの他に、ほりにし・黒瀬のスパイスがあります。


2021060603 (3)









「マキシマムの原材料は、食塩・胡椒・野菜粉末・醤油・ナツメグ」



野菜粉末や醤油が入っているので、和なスパイスだと思われがちですが違います。




ナツメグの風味もあり、どちらかというと、和な感じより洋な感じ。


2021060603 (5)









「ナツメグが入っているので、肉の臭みも消してくれます」



2021030904 (5)

2021030904 (7)

2021030905 (2)









「使い始めは、少しくせがあるスパイスですが、使っているうちに慣れ、そのくせがやみつきになります」


キャンプで使う3大スパイスのうちで、マキシマムが一番使いやすいスパイスだと思います。


2021060603 (3)









「マキシマムと、特に相性がいいのは、牛肉・豚肉・鶏肉の肉類」


肉類に振りかけると、美味しさが倍増します。


2021060603 (7)

2021060604 (3)









「特に肉類に合うマキシマムですが、他のいろいろな食材にかけても美味しいです」



我が家は、マキシマムをさまざまな料理に使用してきました。


2020081702 (6)










ホットサンド:


2020081704 (1)









「我が家のおすすめは、マキシマムで作るホットサンド」


材料は、食パン8枚切り・チェダーチーズ・ベーコン・トマト。


2020081701 (1)









①食パンに、マヨネーズを塗ります。



2020081702 (2)

2020081702 (3)

2020081702 (4)









②ベーコンをのせます。


2020081702 (5)









③ベーコンの上から、マキシマムを振りかけます。


2020081702 (6)

2020081702 (7)









③オピネルナイフで、薄く切ったトマトをのせます。


オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、一番人気で売れているナイフ。


2020081702 (1)

2020081702 (9)









④チェダーチーズをのせます。


2020081701 (2)

2020081702 (10)









⑤食パンを上にかぶせたら、ホットサンドメーカーに挟んで、焼いていきます。


2020081703 (2)

2020081703 (5)









「我が家は、ホットサンドメーカーにバウルーを使用」



バウルーは、キャンプで使うホットサンドメーカーで、一番人気があり売れているホットサンドメーカー。


2020100305 (4)









「中のトマトに火が通るように、弱火でじっくりと焼いて下さい」


濃厚なチェダーチーズ・トマト・ベーコンと、マキシマムがとても合っていて美味しいです


2020081703 (8)

2020081703 (10)

2020081704 (2)










オピネルナイフ&バウルー:


2021050904 (8)









「我が家は、いろいろな食材をオピネルナイフで切っています」


オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、一番人気があり売れているナイフ。



2020090701 (7)









「オピネルナイフの人気のある理由は、見た目がよくおしゃれなところ」



グリップが木製になっており、グリップとブレードのバランスがとても良いです。





手軽な値段で購入できるのも、オピネルナイフの人気がある理由。



2020090701 (8)









「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、どのサイズを購入したらいいか迷います」



2020060401









「おすすめは、我が家も使用している、10番のオピネルナイフ」



10番のオピネルナイフは、キャンプで食材を切るのに、ちょうどいい大きさ。



2020060201 (9)









「ブレードにも種類があり、カーボンスチール製とステンレス製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですがメンテナンスが面倒で、濡れたまま放置するとすぐに錆び付いてしまいます。



FullSizeRender









「ステンレス製は、メンテナンスがいらず、錆びつくこともありません」



切れ味もよく、食材もよく切れます。



2020090702 (2)









「どちらかいうと、カーボンスチール製より、メンテナンスがいらないステンレス製がおすすめ」



我が家は、オピネルナイフ10番のステンレス製を使用しています。



2021050901 (10)


























「バウルーは今大人気で、売れているホットサンドメーカー」



バウルーは、キャンプで使うホットサンドメーカーのロングヒット商品で、ナンバーワンの人気商品。




インスタグラムやツイッターでも人気があり、かなり使っておられる方が多いです。
 

2020071301 (3)









「バウルーは、本体のアルミの素材が分厚く、しっかりとしたつくり」


2020071301 (5)









「手に持つと、ずっしりとした重さを感じます」


2020071301 (9)









「ノーブランドのホットサンドメーカーなら、2千円程で買えますが、バウルーは4千円と少し高め」


値段は、4千円程しますが、しっかりとした丈夫なつくりで長く使用できるので、手軽に購入できるホットサンドメーカーを買うよりお得感があります。


2020071302 (1)









「アルミが分厚いので、より熱伝導が高く、食材がパリッと美味しく焼けます」


バウルーは、純国産のホットサンドメーカーでフッ素加工されており、とても使いやすいです。


2020071301 (8)









「本体表面にある、バウルーという文字がとてもおしゃれ」


2020071301 (10)









「バウルーにはダブルもありますが、便利に使えるのはシングル」


FullSizeRender

2020071302 (5)

























まとめ:


2020081702 (6)









マキシマムは、キャンプで使う3大スパイスのひとつ。


他に、ほりにしや黒瀬のスパイスがありますが、マキシマムが人気で、一番売れています。


人気があり売れているのは、それだけの理由があります。


肉類に、特に合いますが、どんな食材にも振りかけられて、美味しさが倍増します。


キャンプでマキシマム、ぜひ試してみて下さいね。


以上、「マキシマムがあればホットサンドメーカーで美味しい料理が作れる!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!