2020071802 (4)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_0006 (2)









「我が家がほぼ毎週、頻繁にキャンプに行く理由は、キャンプをしながらゆったりと夫婦で過ごしたいから」


普段忙しく夫婦でいる時間は少ないので、キャンプを通して夫婦の時間を増やし、いろいろな会話ができるようにしています。


2021061302 (3)

























「自宅の料理は、奥さんが作ることがほとんどで、キャンプの時くらいはゆったりしてほしいので、簡単に作れるキャンプ飯にしています」



最近、簡単手軽に作れると流行っているのが、ホットサンドを使ったキャンプ飯。


2021040503 (7)









「ホットサンドメーカーは、パンを挟んでホットサンドを作るだけではなく、いろいろな料理が作れます」



我が家もホットサンドで、いろいろなキャンプ飯を作ってきました。


2021040505 (5)

2020081604 (10)









「今回紹介するのが、鶏もも肉を使ってホットサンドメーカーで作る焼き鳥」



ホットサンドメーカーを使って焼くと、裏表が簡単に焼けとてもお手軽。


2020071802 (1)









今回は、ホットサンドメーカーを使った焼き鳥を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ホットサンドメーカーで焼き鳥:


2020071802 (4)








「最近流行っているのが、ホットサンドメーカーで作るキャンプ飯」


ホットサンドメーカーで作ると、火加減の調整もでき、裏表使えるので簡単に料理が作れます。




料理は雰囲気もあるので、ホットサンドメーカーで作ると、よりキャンプ感が味わえます。


2021050901 (6)









「我が家のホットサンドメーカーは、バウルーを使用」



バウルーは、日本で発売されてから40年以上も経つ、昔から人気のあるロングヒット商品。




長く人気のあるのは、それだけの理由があります。


2021050901 (9)









「バウルーは、キャンプで使うホットサンドメーカーのロングヒット商品で、ナンバーワンの人気商品」


インスタグラムやツイッターでも人気があり、かなり使っておられる方が多いです。
 

2020071301 (3)









「バウルーは、本体のアルミの素材が分厚く、しっかりとしたつくり」


2020071301 (5)









「手に持つと、ずっしりとした重さを感じます」


2020071301 (9)









「ノーブランドのホットサンドメーカーなら、2千円程で買えますが、バウルーは4千円と少し高め」


値段は、4千円程しますが、しっかりとした丈夫なつくりで長く使用できるので、手軽に購入できるホットサンドメーカーを買うよりお得感があります。


2020071302 (1)









「アルミが分厚いので、より熱伝導が高く、食材がパリッと美味しく焼けます」


バウルーは、純国産のホットサンドメーカーでフッ素加工されており、とても使いやすいです。


2020071301 (8)









「本体表面にある、バウルーという文字がとてもおしゃれ」


2020071301 (10)









「バウルーにはダブルもありますが、便利に使えるのはシングル」


FullSizeRender

2020071302 (5)

























もも肉を使った焼き鳥の作り方:


2020071303 (7)









①もも肉を用意し、食べやすい大きさに切ります。



我が家は、オピネルナイフを使います。


2020071801 (1)

2020071801 (2)









「オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、一番人気があり売れているナイフ」



2020090701 (7)









「オピネルナイフの人気のある理由は、見た目がよくおしゃれなところ」



グリップが木製になっており、グリップとブレードのバランスがとても良いです。





手軽な値段で購入できるのも、オピネルナイフの人気がある理由。



2020090701 (8)









「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、どのサイズを購入したらいいか迷います」



2020060401









「おすすめは、我が家も使用している、10番のオピネルナイフ」



10番のオピネルナイフは、キャンプで食材を切るのに、ちょうどいい大きさ。



2020060201 (9)









「ブレードにも種類があり、カーボンスチール製とステンレス製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですがメンテナンスが面倒で、濡れたまま放置するとすぐに錆び付いてしまいます。



FullSizeRender









「ステンレス製は、メンテナンスがいらず、錆びつくこともありません」



切れ味もよく、食材もよく切れます。



2020090702 (2)









「どちらかいうと、カーボンスチール製より、メンテナンスがいらないステンレス製がおすすめ」



我が家は、オピネルナイフ10番のステンレス製を使用しています。



2021050901 (10)



























②100円ショップのダイソーで購入した竹串を、もも肉にさしていきます。


2020071801 (4)

2020071801 (6)









③串をさしたもも肉を、ホットサンドメーカーにのせ、裏表薄いきつね色になるまで、弱火で焼きます。


2020071802 (1)

2020071802 (2)









④味付けは、焼き鳥のタレを使用。



2020071802 (3)









⑤上からサッと流しかけ、蓋をして裏表弱火で焼きます。


焼き鳥に、照りがでたら完成。


2020071802 (4)









「ホットサンドメーカーを使うと、焼き鳥が簡単手軽に作れます」



出来たては美味しいので、ぜひ試してみて下さいね。


2020071802 (7)










まとめ:


2020071802 (5)









ホットサンドメーカーで、ぜひ試してみてほしいのが焼き鳥。


もも肉を切り、ホットサンドメーカーで、焼き鳥のタレとからめて焼くだけなので、とても簡単。


我が家は、キャンプで使うホットサンドメーカーで、一番人気があり売れているバウルーを使用。


バウルーは、見た目がおしゃれで使い勝手がいいので、おすすめできます。


以上、「ホットサンドメーカー&もも肉で我が家はこれを作る!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!