2020112210 (6)









「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




1年間、毎週キャンプに行っていると、過ごしやすい季節と、過ごしにくい季節がわかってきます。


2021010902 (4)









「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」



平地だと、夜でも気温が下がらず熱帯夜が続き、キャンプをしていて不快。




夏場は出来るだけ、標高の高いキャンプ場を選んで下さい。


IMG_6070









「1年で最も過ごしやすいのが、秋のキャンプ」



2020100302 (2)









「昼間は、真夏ほど暑くはないので、割と快適に過ごせます」



ただ、寒暖差が大きいので、朝晩の冷え込みがあります。


2020112210 (4)









昼間の気温だけを参考にして行くと、朝晩は冷え込むので、寒い思いをしなければいけません。


今回は秋キャンプに使う、寝る時の服装・マット・シュラフを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









秋キャンプ寝る時の服装:


2020112210 (6)









「秋キャンプは、1年で最も過ごしやすい季節」



昼間は、真夏ほどの暑さはありませんが、朝晩の冷え込みがあります。


2021022006 (6)









「秋キャンプも冬キャンプと同様に、寒さ対策は必要です」



冷え込むのは朝晩なので、寝る時の服装・マット・シュラフが大事。


2021051704 (3)










秋キャンプのマット:


2021051704 (10)









「我が家が就寝する時に使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット」


WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。




WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります。


2021051704 (11)









「厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます」



2021051704 (5)









「寒い時期、必ず発生するのが地面からの冷気」



気温が下がる季節、地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。




WAQのインフレーダブルマットを敷くと、厚みが8cmもあるので、地面からの冷気を完全にシャットアウト。


2021051704 (4)









「特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます」



2021051703 (7)

2021051703 (8)









「素材に、ひし形のウレタンを採用しているので、就寝するのに快適」



2021051704 (6)









「ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません」



2021051704 (3)









「空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます」


2021051706 (11)

2021051707 (1)

2021051703 (2)









「WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット」


2021051704 (2)









「我が家は、いろいろなマットを使用してますが、最近はWAQのインフレーダブルマットばかり」


年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめできるマット。


2021051705 (1)

























秋キャンプシュラフ:


2021051705 (4)









「我が家が、春や秋のキャンプに必ず使用しているのが、ダブルウォーム2way寝袋」


ダブルウォーム2way寝袋のおすすめな理由は、4千円と手軽な値段で購入できること。


2021051706 (3)









「手軽な値段で購入できる寝袋ですが、暖かいので春や秋のキャンプに使えます」


厚着をして寝れば、冬場も使用可能。


2021051705 (10)








「サイズは、150×210cmなので、大柄の男性でもゆったりと就寝できます」



FullSizeRender









「畳むと22×55cmなので、とてもコンパクト」



汚れれば、洗濯機でも洗うことが可能。


2021051706 (8)

2021051705 (3)









「ダブルウォーム2way寝袋の良いところは、軽くて薄いのに暖かいこと」


軽くて暖かいのは、その理由があります。




素材が、蓄熱アルミシート+発熱保温わた。


FullSizeRender









「蓄熱アルミシートによる輻射熱効果で、体から放出された体温を反射し蓄熱」



遠赤外線で、冷気を完全にシャットアウトします。


FullSizeRender









「羽毛よりも暖かいと言われている、発熱保温わた」


発熱保温わたは、体から出る赤外線を発熱保温わたが吸収し、自ら蓄熱と発熱します。




発熱保温わたは、羽毛よりも暖かいと言われており、春や秋のキャンプに安心して使用できます。


FullSizeRender









「実際に使用されるとわかりますが、ダブルウォーム2way寝袋の中に入ってみると、じんわりと暖かさが伝わってきます」


暖かいので、自ら発熱しているのがわかります。


2021051706 (1)









「ファスナーを外すと、掛け布団にもなります」


2021051705 (6)

2021051706 (4)









「ダブルウォーム2way寝袋は、手軽に購入でき暖かいので、とても重宝しています」


年間50泊キャンプに行く我が家が、絶対におすすめできる寝袋。


2021051705 (4)

























寝る時の服装:


2020112210 (6)









「秋は、朝晩が冷え込むので、寝る時の服装もしっかりとしてください」


我が家は、上服にユニクロのヒートテック超極暖を2枚重ねにし、フリースを着ています。


IMG_0367









「下服は、ユニクロのヒートテック超極暖と、ユニクロのボアスウェットパンツを履いています」



IMG_0366





上服は、ユニクロのヒートテック超極暖を2枚重ねしフリース。

下服は、ユニクロのヒートテック超極暖とユニクロのボアスウェットパンツ。











「秋キャンプは、朝晩の気温が、一桁台まで下がることがあるので、しっかりとした服装か大事」


暖かい服装で就寝すると、ダウンシュラフみたいな高価な寝袋は必要ありません。




秋キャンプを快適に過ごすなら、寝る時の服装は、かなり大事です。


2020112210 (6)










まとめ:


2020112210 (4)









秋キャンプは朝晩、真冬ほどの冷え込まないですが、気温が一桁台まで下がることもあります。


しっかりとした服装をして、就寝して下さい。


気温が下がると発生するのが冷気で、地面からの冷気対策に、マットもしっかりとしたものを使用して下さい。




秋キャンプは、焚き火が楽しめる季節。


きっちりと寒さ対策をしながら、焚き火を楽しんで下さいね。


以上、「秋キャンプ!寝る時の服装はこれを着ると完璧!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!