2021080302 (1)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender

FullSizeRender









「1年を通してキャンプに行っていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります」



1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ。




平地だと、夜も気温が下がらず、熱帯夜が続きます。


2020061503 (2)









「1日を通して暑く湿度もあり、キャンプをしていて不快」


1年で最も虫が多い季節で、虫対策は必ず必要です。


2020082303 (8)









「1年を通して、最も過ごしやすいのが、秋のキャンプ」


真夏ほど気温は上がらず、真冬ほど寒くないので、重装備をしなくても大丈夫。


2021040803 (1)









「秋は、夏に比べて虫が少なくなりますが、発生がゼロではありません」


気温が上がると、必ず虫は発生します。


2020061401 (8)









秋キャンプも、虫対策は必要です。


今回は、秋キャンプの虫対策を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね!
Instagram









*タイトル
秋キャンプの虫対策


2020082902 (6)









「キャンプ場の場内に、きれいな川があったら、必ずといっていいほど、ブヨが発生します」


ブヨは、体長15mmほどの丸みを帯びたコバエのような体つきで、春から夏にかけ発生します。





目に見える大きさなので、近くでブヨが飛んでいるとわかります。



FullSizeRender









「ブヨは、蚊みたいに刺す感じではなく、皮膚を噛みちぎります」



唾液成分が、蚊より毒性が強いので、炎症とアレルギー反応を起こしてしまいます。



ブヨに刺されると、腫れた中心が、小さく赤点ができるので、ブヨに刺されたことがわかります。




この時は、キャンプを始めた頃で、ブヨに刺されて1週間ほど治らなかったことがあります。


23202dd2









「ブヨが発生するのが夏までですが、10月ぐらいまではまだ気温が高いので、対策が必要です」



ブヨ対策で、一番効き目があるのが、肌を露出しないこと。



ブヨが発生するのが朝晩なので、朝晩は長袖長ズボンを着て、肌の露出を控えて下さい。





最も刺されやすいのが、足首の部分なので、裸足や短い靴下は要注意。



2016062708









「肌を露出する場合は、肌の露出部分に必ず虫よけスプレーを散布して下さい」



虫除けスプレーの裏の効能の欄に、ブヨと書かれているか、チェックをして下さい。





ブヨと書かれていれば、効き目があるということです。



2020082905 (3)









「虫除けスプレーは、振りかけるだけではなく、振りかけた後、まんべんなく、手で伸ばして下さい」



そうすることで、肌を完璧にガードしてくれます。



2020082905 (2)

























「ブヨに刺されたら、ポイズンリムーバーで、刺された場所を吸いとって下さい」



ポイズンリムーバーは、軽量で小型ですが、強力な吸引作用で毒液や毒針を吸い出します。


FullSizeRender

























「ポイズンリムーバーで毒を吸い取り、ステロイド系の塗り薬、ムヒアルファEXを刺された場所に塗り込んで下さい」



FullSizeRender














「森林香は、唯一、ブヨに効く蚊取り線香なので、キャンプに持っていくと安心」


FullSizeRender










FullSizeRender

























「秋でも、気温が高いと発生するのが蚊」



夏場ほどではないですが、秋キャンプでも蚊の対策は必要。



2020061401 (8)









「蚊の対策で、一番効き目があるのが、肌を露出しないこと」



足首は、特に刺されやすいので、裸足は避け、靴下を履いて下さい。



352bfa62.jpg









「虫除けスプレーは、振りかけるだけではなく、全体にまんべんなく手で伸ばして下さい」



そうすることで肌全体に、虫除けスプレーが行き渡ります。


2020082905 (2)









「足首は一番蚊に刺されやすい場所なので、蚊取り線香は足首の周辺に配置して下さい」


我が家は、蚊取り線香スタンドや蚊取り線香ホルダーの代わりに、鍛造ペグを使用。




鍛造ペグをペグダウンし、穴に蚊取り線香を通すだけで、蚊取り線香立ての出来上がり。


2020082901 (3)

2021080301 (1)

「鍛造ペグは、我が家も使用している、スノーピークから発売されているソリステ28cmか、村の鍛冶屋さんから発売されているエリステ30cmがおすすめ」


我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用。


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)




















「ちょうど高さ的にも、足首の周辺に配置できるので、とても便利」



蚊取り線香は、1人1個、足首の辺りに配置して下さい。




そうすることで、蚊が寄り付かなくなります。


2021080302 (4)









「イスに座っている時は動かないので、最も蚊に刺されやすく、蚊対策は必ず必要」


蚊対策に、蚊取り線香は、必ず持っていって下さい。


2020082902 (6)

























まとめ


2020082905 (2)







秋は、夏場と違い虫は減りますが、ゼロではありません。


秋キャンプも、虫対策は必要。


ブヨや蚊は、特に気をつけておいて下さい。




刺されたら、ポイズンリムーバーで毒を吸いとり、ムヒアルファEXを塗っておくと、痛みや痒みが長引きません。


特に小さなお子さんがおられるご家庭は、気をつけてあげて下さいね。


以上、「秋キャンプの虫対策は超簡単!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 






























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック