2021101701 (28)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender









「年間50泊もキャンプをすると、晴れの日だけではなく、雨の日もあります」


2020061901 (5)









「天気の悪い日、皆さんキャンプに行きますか?」


我が家は、雨の日も問題なく、キャンプに行きます。




雨の日は、設営撤収が大変ですが、人も少なくゆったりとできます。


2020061901 (7)









一度利用したキャンプ場でも、雨の日と晴れの日とでは、雰囲気が違うので、また違った発見ができます。


今回は、1年で最も快適な季節、秋キャンプで雨の日に気をつけることを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね!
Instagram









*タイトル
秋キャンプ!雨の日に気をつけること


FullSizeRender









「1年で、最も過ごしやすいのが秋のキャンプ」


真夏ほど気温は上がらず、真冬ほど寒くはないので、割と快適にキャンプができます。




寒暖差が大きく、朝晩は冷え込む場合があります。



2020061802 (1)









「雨の日も気温が下がることがあるので、注意をして下さい」



2020061901 (8)









「雨の日は人も少なく、晴れの日と比べて、キャンプ場は静かで、比較的ゆったりと過ごせます」


静かでゆったりと過ごせる雨キャンプですが、設営と撤収が晴れの日と比べて大変。




秋は雨が降ると気温が下がるので、できるだけ雨に濡れないようにしなければいけません。


FullSizeRender









「雨にできるだけ濡れないようにするには、設営撤収するタイミングが大事」



天気予報で、事前に雨の降らない時間を調べておいて、チェックインより前に雨が降っていなければ、アーリーチェックインを選んで設営して下さい。




撤収時間は雨で、それ以降に雨が止むなら、レイトチェックアウトを選んで撤収して下さい。


FullSizeRender









「できるだけ、雨を避けるのが、設営撤収を楽にする方法」



設営撤収する時に雨が止まない場合は、できるだけ小雨の時に設営撤収をして下さい。


FullSizeRender









「ウェザーニュースの雨雲レーダーをみて、雨雲の動きと時間を確認してみて下さい」



雨雲の動きがわかれば、雨が小雨になる時間帯がわかります。


FullSizeRender








「雨の日はサイト選びがとても重要で、土や砂のサイトは絶対ダメ」


土や砂のサイトだとテントや道具が泥で汚れ、撤収する時に泥を取るのがけっこう面倒。


2020061901 (8)









「雨は強い時ばかりではなく、小雨になる時がぜったいにあります」



その時を狙って、一気に設営や撤収をして下さい。




小雨だと、自分も濡れにくいし、荷物も濡れにくいです。


FullSizeRender









「設営撤収はできるだけ、雨に濡れないのがポイント」


雨が止むタイミングや、小雨になるタイミングを選ぶと、楽に設営撤収ができます。


FullSizeRender









「夏場なら少々濡れても大丈夫ですが、秋にかけて雨の日は気温も下がってくるので、雨に濡れると体調を崩す原因にもなってしまいます」



FullSizeRender











鍛造ペグ


2020082901 (2)









「雨の日は、風が強くなることが多いので、しっかりとしたつくりの鍛造ペグがあると安心」


鍛造ペグは砂利など、地面が硬い所でも、ガンガン入っていきます。


2020092202 (4)









「ペグが貧弱だと、風でテントやタープが崩壊して飛んでいき、最悪怪我をさせてしまうかもしれません」


崩壊すると、テントやタープのダメージになることもあります。


2021040805 (8)









「テントやタープの崩壊がないように、しっかりとしたペグを使用して下さい」



2018022206









「我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用」


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)

2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























まとめ


2021040805 (5)









秋は、晴れの日は気温が上がっても、雨が降ると気温が下がってしまいます。


雨の設営撤収は濡れてしまうので、できるだけ小雨の時や雨が降っていない時にして下さい。


ウェザーニュースの雨雲レーダーで確認すると、雨の止み間や小雨になるタイミングがわかります。


雨の日は、出来るだけ雨の強い時間を避け、止み間や小雨の時にサッと設営撤収をして下さいね。


以上、「秋キャンプ!雨の日に気をつけることを徹底的にブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック