2021010901 (4)








「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021081430 (33)









「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」



平地だと夜も気温が下がらず、熱帯夜になることもあります。




キャンプをしていて、不快なのが夏のキャンプ。


2020082303 (2)









「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」


真冬ほど寒くはなく、真夏ほど暑くもないので、重装備でキャンプをする必要もありません。




焚き火だけでも暖がとれるので、焚き火好きにはたまらない季節。


2020122701 (2)









「冬場は、きっちりとした寒さ対策と、そのテントに合う暖房器具を使用すると快適に過ごせます」


2021010901 (3)









今回紹介するのが、春夏秋冬キャンプをしていてスカートは必要なのか?


スカートは、寒い時期のキャンプに重要で、一番の寒さ対策にもなります。


年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram 









スカートは必要:


2020102503









「最近は、キャンプブームということで、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のテントが発売されています」



テントの種類も、ドーム型テント・ワンポールテント・2ルームテント・シェルターなど、さまざまな形があります。




購入する時、どのメーカーのどの形のテントを選んだらいいか迷います。


2021081430 (20)









「どのテントを選ぶにしても、値段だけでは決めず、長く使えそうなものを選んで下さい」



テントを購入するのに、こだわってほしいひとつとして、スカートがあるかないか。




結論からいうと、スカートがあった方が、より快適には過ごせます。


2020111502 (8)









「テントにスカートがついている一番の理由は、寒い時期の隙間風を防ぐため」



2ルームテントやワンポールテントなど、床がないテントはスカートがないと隙間風が入ってきます。




特に冬場など、風の強い日は、隙間風が入ってきて、幕内の温度が下がります。


2017120704









「スカートは、出来ればある方がいいですが、春や秋ならそれほど気温が下がらないので、なくてもなんとか大丈夫」


冬キャンプをされるなら、スカートは必要になります。




春・夏・秋のキャンプなら、スカートがなくてもなんとか大丈夫ですが、冬キャンプをされるならスカートは必要。


2021010901 (4)









「冬キャンプをしたいけど、テントにスカートがないという方は、スカートを自作するか、より暖房出力の高い石油ストーブを選ぶ方法があります」


暖房出力の高い石油ストーブを選ぶと、少々の隙間風が入ってきても、テント内をしっかりと暖めてくれます。


FullSizeRender









「トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズか、コロナ対流型ストーブがおすすめ」



トヨトミKSシリーズは、フジカハイペットと共に人気があり、最近使用しておられる方がかなり多いです。



FullSizeRender









「フジカハイペットより、ひとまわり大きなサイズですが、フジカハイペットより暖房出力が高く暖かいので、冬キャンプに向いています」



見た目がよくかっこいい、トヨトミKSシリーズはかなりおすすめ。





トヨトミKSシリーズは、暖房出力が6.6kwあるので、ランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます。



FullSizeRender

























「コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.5kwになっており、こちらもランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます」


FullSizeRender

























「スカートは、寒い時期のキャンプに必要です」



スカートがない場合は、暖房出力の高い石油ストーブで暖めると、テント内の温度を下がらなく過ごせます。


FullSizeRender










床がくっついているテント:


FullSizeRender









「床がくっついているテントは、ドーム型テントが多いと思います」



インナーテントがあって、上からフライシートをかぶせるタイプ。




その場合、インナーテントは、メッシュにできて、フルクローズできるものを選んでください。



FullSizeRender









「寒い時期、インナーテントがフルクローズできると、風を遮断できるので、スカートがあるなしは、あまり関係がありません」


床がくっついているテントを選ばれる場合、インナーはフルクローズできるものを選ばれるのが大事。


FullSizeRender









「我が家は、TCルーテントを使用」


TCルーテントは、今流行りの3人用テント。



2〜3人用のテントで、一番売れている商品。


2021081430 (22)









「我が家は、ソロでも使用してますよ」


2021013101 (1)









「TCルーテントが売れていて人気のある理由は、素材がポリコットン製なのに、1万5千円ほどで購入できる手軽さ」


IMG_6073









「ポリコットン素材は、夏涼しく冬暖かいのが特徴」


TCルーテントも、ポリコットン素材なので、夏の強い日差しを軽減し、素材が分厚いので、冬場暖房器具で暖めた空気を外に逃しません。


2020100301 (6)









「出入り口の窓が2ヶ所あり、メッシュにできるので、風が通りやすいです」



TCルーテントは、インナーのみでフライシートはありません。


2020122701 (2)








「インナーのポリコットンは、防水加工されているので、雨の日でも単独で張れます」



我が家は、シェルターの中に入れ、カンガルースタイルとしても使用しています。


2020102501 (2)









「フライシートがない分、インナーテントのみの設営なので、設営撤収は5分ぐらい」



幕体を広げ、スリーブにポールを2本通し立ち上げたら設営は完了で、とても簡単。


IMG_6008

IMG_6017

IMG_6022









「3人までのインナーテントを探しておられる方は、我が家も使用するTCルーテントがおすすめ」


2021081430 (8)

2021081430 (16)

























まとめ:


2021081430 (22)








冬キャンプをされない方は、スカートがあるかないかは、それほど重要ではありませんが、スカートがある方が、より快適には過ごせます。


冬キャンプをされる場合は、スカートありを選んでください。


寒い時期、スカートがないと隙間風が入ってきます。


風か強い日は、隙間風によって、幕内の温度は上がりません。


最近は、いろいろなブランドからテントが発売されていますが、選ばれる場合は、スカートありのテントを選んでください。


以上、「春夏秋冬テントにスカートは必要なの?スカートの自作は必要なし!その理由を詳しくブログで紹介!
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック