FullSizeRender







「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021081305 (1)









「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」


平地だと夜も気温が下がらず、熱帯夜が続きます。


2020083101 (3)








「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」



真夏ほど気温は上がらず、真冬ほど寒くならないので、重装備ではなくてもキャンプができます。


2020100301 (6)









「冬のキャンプは、過ごしにくいと思われがちですが、きっちりとした暖房器具と装備をすれば、自宅にいるより快適に過ごせます」



真冬の暖房といえば、手軽に使える石油ストーブ。


2020111502 (15)








「冬キャンプに使う石油ストーブで有名なのが、アルパカストーブ・フジカハイペット・トヨトミストーブ・コロナ対流型ストーブなどがあります」


FullSizeRender









今回、我が家が紹介するのが、アルパカストーブを使用して冬キャンプを乗り切れられるか。


年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









アルパカストーブ:


FullSizeRender








「冬キャンプの暖房で、便利に手軽に使用できるのが石油ストーブ」


冬キャンプをされるなら、石油ストーブは絶対持っておきたいアイテム。


まだ石油ストーブを持っておられない方は、どの石油ストーブを選んだらいいか迷います。




今回紹介するのが、キャンプで使用する石油ストーブで有名なアルパカストーブ。


FullSizeRender









「冬のキャンプで、アルパカストーブ1台をテント内で使用してみて、暖かいかどうか」


石油ストーブの暖かさをみるのに、暖房出力という数値があります。


例えば、トヨトミから発売されている、トヨトミレインボーは2.5kw。




フジカハイペットが2.5kwで、アルパカストーブが3.0kw。


3019120201 (2)









「小さなテントなら、フジカハイペットやアルパカストーブ1台でも暖まりますが、大きなテントだと寒いです」



我が家は、 ノルディスクのユドゥンやアスガルド7.1など、こじんまりしたテントに使用しています。


IMG_0025

2020013008 (7)









「ランドロックなど、大きな2ルームテントだと、フジカハイペットやアルパカストーブ1台だけでは、幕内は暖まりません」



真冬のキャンプ、大型2ルームテントなど、大きなテントを使用される場合は、アルパカストーブ+カセットガスストーブをつけると暖かいです。


2018123102 (1)








「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」



3019111701






















「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています」



FullSizeRender

























「アルパカストーブは、暖房出力が強くないので、真冬のキャンプ、大型幕など大きなテントをアルパカストーブ1台で暖めるのは無理」


FullSizeRender









「真冬のキャンプ、ランドロックなど大型2ルームテントなど、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブ1台あれば十分過ぎるほど暖めてくれます」



FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズもコロナ対流型ストーブも、車で灯油を満タンして運んでも灯油漏れをおこしません」


FullSizeRender









「石油ストーブ1台で、ランドロックなど大型2ルームテントを暖めるなら、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがおすすめ」


アルパカストーブの暖房出力は3.0kwですが、トヨトミKSシリーズの暖房出力は6.6kwと倍以上の暖かさ。




サイズが、高さ58.3×48.2×奥行48.2cmと、やや大きめですが、これ1台で真冬でも快適になるので、選んで損はないと思います。


FullSizeRender









「真冬のキャンプ、ランドロックなど大型2ルームテントでも、トヨトミKSシリーズ1台あれば、幕内全部を暖めてくれます」



FullSizeRender

























「コロナ対流型ストーブも暖房出力が、6.59kwあるので、ランドロックなど大型2ルームテントでも、十分過ぎるほど暖めてくれます」



FullSizeRender









「サイズは、46×奥行46×高さ59.8cmなので、少々大きなサイズですがパワーがあるので、おすすめできます」


真冬のキャンプ、ランドロックなど大型2ルームテントでも、コロナ対流型ストーブ1台で十分過ぎるほど暖めてくれます。


FullSizeRender

























まとめ:


FullSizeRender









アルパカストーブは、キャンプで使用するストーブとして有名ですが、暖房出力がそれほど高くないので、大型幕だと暖まらないです。


まだ、石油ストーブを購入されていない方は、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがおすすめ。


サイズは少々大きいですが、これ1台で大型幕でも暖まるので、とても便利ですよ。


アルパカストーブより、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブの方が、我が家はおすすめです。


以上、「アルパカストーブは冬キャンプで使用して寒いのか?徹底的に詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!