2020111502 (12)








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」



真冬の寒い時期から真夏の暑い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021081430 (33)









「1年を通してキャンプに行くと、過ごしやすい季節と、過ごしにくい季節がわかります」


2021010901 (3)









「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」


真夏ほど暑くはなく、真冬ほど寒くならないので、重装備をしなくてもキャンプを楽しめます。


20201222702 (4)









「焚き火で暖がとれるので、焚き火好きにはたまらない季節」


image









「一年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」


平地だと、夜も気温が下がらず熱帯夜が続き、キャンプをしていて不快になります。


2020083101 (2)









「夏キャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」


標高が100m上がると、気温は0.6度下がります。


2021081430 (33)









「冬キャンプは寒いので、居心地が悪いと思われがちですが、しっかりとした暖房器具と装備があれば快適に過ごせます」


冬キャンプをされるなら、絶対持ってて欲しいのが石油ストーブ。




石油ストーブは、寒い季節の必需品。


2020120801 (1)









「サッと出して、パッと片付けられるのも石油ストーブの良さ」


寒い時期、石油ストーブがあれば、快適に過ごせますが、キャンプで石油ストーブを使うリスクもあります。




石油ストーブは、必ず一酸化炭素が発生します。


FullSizeRender









テントやシェルターで石油ストーブを使用する場合、一酸化炭素に注意をして下さい。


今回は、キャンプで石油ストーブを使う時の、一酸化炭素対策を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









石油ストーブ:


2020013008 (7)









「冬キャンプは寒いし、居心地が悪いと思われがちですが、しっかりとした暖房器具と装備に気をつければ快適に過ごせます」



冬キャンプをされるなら、石油ストーブは必需品。


2020111502 (14)








「寒い季節、簡単手軽にテントやシェルター内を暖めてくれるのが石油ストーブ」



パッと出して、さっと片付けられるのも石油ストーブの良さ。


FullSizeRender









「寒い時期に、便利で暖かい石油ストーブですが、石油ストーブは一酸化炭素か必ず発生します」


テントやシェルターなど、幕内で石油ストーブを使うと、リスクが必ず発生するので注意して下さい。


FullSizeRender










一酸化炭素対策:


FullSizeRender









「一酸化炭素は空気よりやや軽く、天井にたまる習性があるので、天井付近にあるベンチレーションは、必ずあけて下さい」



2016020710









「我が家は換気をするのに、下部のベンチレーションや出入口のメッシュ部分を、最低30㎝以上を3ヶ所開けています」


あまり開けすぎると寒いので、さじ加減が難しいと思います。



2016020707









「シェルターなど床がついていない幕なら、そんなに一酸化炭素の心配はいりません」


壁と地面がくっついていないので、幕と地面の間には隙間があります。




隙間があるので、一酸化炭素はあまり神経質にならなくても、大丈夫だと思います。


2020030301 (2)









「壁と床がくっついているテントは、隙間がないので、一酸化炭素には注意してください」


IMG_0026









「一酸化炭素は、匂いはなく目には見えないので、テントやシェルターで石油ストーブをつける場合、一酸化炭素警報機を使用して下さい」


FullSizeRender

























「キャンプをしてると、風が強い日もあります」



風が強い日は、しっかりとしたペグを使用しないと、テントやシェルターの崩壊の原因にもなります。


2018022206









「石油ストーブをつけていて、テントやシェルターが崩壊してしまうと危険」



石油ストーブをつけていて、テントやシェルターが崩壊してしまうと危険なので、しっかりとした鍛造ペグがあると安心。




我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用。


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)

2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender



























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























まとめ:


3019061456









石油ストーブを使用すると、必ず一酸化炭素が発生します。


一酸化炭素は、換気をきっちりすれば、それほど大変でもありません。


幕内を少し開けて、一酸化炭素警報機を置き、一酸化炭素対策をして下さい。


石油ストーブは、寒い時期のメインになる暖房器具なので、あればとても重宝します。


テントやシェルターで使用される場合は、一酸化炭素に気をつけてくださいね。


以上、「キャンプで石油ストーブ!一酸化炭素はこうして防ぐ!徹底的にブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!