2021010902 (3)








「年間50泊ほど、キャンプをしている我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021081430 (33)









「最近はキャンプ人口も増え、キャンプブームということもあって、いろいろなスタイルでキャンプをされる方が増えています」



FullSizeRender









「我が家は、夫婦2人で行くキャンプをメインに、ソロや家族でもキャンプに行きます」



キャンプに行く人数が変われば、スタイルも変わります。


2021070408 (1)









「今回紹介するのが、サーカスTCを使って、冬キャンプをするスタイル」



サーカスTCは、ワンポールテントで一番人気があり売れている商品。




一時期、人気があり過ぎて、購入できなかったこともありました。


2020111502 (7)









今回は、サーカスTCで冬キャンプを快適にする方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









サーカスTC:


2021010902 (1)









「サーカスTCは、素材がポリコットン製になっており、遮光性が高く影か濃いのが特徴」


暑い時期の強い日差しを、軽減してくれます。


出入り口が広いのでオープンにすると、風が通り抜けやすいです。




他のテントやより、夏場涼しいのがサーカスTC。


3019091601 (1)









「ポリコットン素材は分厚いので、暖房器具で暖めた空気が、外に逃げにくいのが特徴」



サーカスTCもポリコットン素材なので、冬場も快適に過ごせます。




テントの床部分に、スカートが付いているので、寒い季節、隙間風が幕内に入りにくいです。


2017111914









「スカートは、四隅がペグダウンできるので、地面にきっちりと固定されます」



風が吹いても、めくり上がりません。


2017111915









「サーカスTCで冬キャンプをするなら、お座敷スタイルがおすすめ」



冬場、イスやテーブルを置いてのロースタイルもしますが、どちらかいうとサーカスTCでは、お座敷スタイルが多い我が家。


2020111502 (11)









「サーカスTCは床部分がないので、お座敷スタイルにするなら、地面に何か敷く必要があります」


我が家は、床部分にグリーンシートを使用。




ブルーシートでも問題はありませんが、ブルーシートはあまりおしゃれではないような気がして、好きではありません。


グリーンシートは見た感じがよく、おしゃれな雰囲気もあるので、よく使っています。


2020111502 (1)

























「グリーンシートの上には、オールウェザーブランケット」


オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造



2020111502 (4)









「NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風、保温性に大変すぐれいます」



2020111502 (2)









「オールウェザーブランケットは、2~3人用のテントならグランドシートにもなります」



IMG_6436

IMG_6010

























「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット」



極厚の銀マットは、銀マットに厚みがあるので、地面からの冷気をシャットアウト。


2020013010 (1)









「寒くなると、必ず発生するのが地面からの冷気」



地面からの冷気を遮断しなければ、寝転がると床が冷たく感じます。




極厚の銀マットを2枚重ねて敷くと、よりクッション製がアップするのでおすすめ。


2020111502 (5)

























「オールウェザーブランケットの上に、我が家はアウトドアメーカーのインナーマットを敷いています」



アウトドアメーカーのインナーマットがなければ、自宅にあるマットでも何でもOK。



2020111502 (6)

2020111502 (13)

























石油ストーブ:



2020111502 (15)








「冬キャンプは、寒いから過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした暖房器具を使用すると、自宅より快適に過ごせます」



我が家は、フジカハイペットを使用。





フジカハイペットの暖房出力は2.5kwしかないので、真冬のキャンプ、フジカハイペットだけでは、サーカスTCの幕内は暖まりません。



IMG_0011









「3.0kwのアルパカストーブでも、サーカスTCの幕内は暖まりません」



FullSizeRender









「フジカハイペットに何かの暖房器具を併用しないと幕内は暖まりません」



我が家は、フジカハイペット+カセットガスストーブを使用。





アルパカストーブも同様に、アルパカストーブ+カセットガスストーブ。



2018123102 (1)









「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」



3019111701

























「安心の日本製、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています」


FullSizeRender

























「石油ストーブ1個で、サーカスTCの幕内を暖めるなら、暖房出力の高い石油ストーブを選ばれなければいけません」


FullSizeRender









「石油ストーブ1台で、ランドロックなど大型2ルームテントを暖められる、トヨトミKSシリーズやコロナ対流型ストーブがおすすめ」


アルパカストーブの暖房出力は3.0kwですが、トヨトミKSシリーズの暖房出力は6.6kwと倍以上の暖かさ。




サイズが、高さ58.3×48.2×奥行48.2cmと、やや大きめですが、これ1台で真冬でも快適になるので、選んで損はないと思います。


FullSizeRender









「真冬のキャンプ、ランドロックなど大型2ルームテントでも、トヨトミKSシリーズ1台あれば、幕内全部を暖めてくれます」



FullSizeRender

























「コロナ対流型ストーブも暖房出力が、6.59kwあるので、ランドロックなど大型2ルームテントでも、十分過ぎるほど暖めてくれます」



FullSizeRender









「サイズは、46×奥行46×高さ59.8cmなので、少々大きなサイズですがパワーがあるので、おすすめできます」


真冬のキャンプ、ランドロックなど大型2ルームテントでも、コロナ対流型ストーブ1台で十分過ぎるほど暖めてくれます。


FullSizeRender
























まとめ:


2020111502 (10)









真冬のキャンプ、サーカスTCで快適に過ごすなら、しっかりとした暖房器具と装備が必要。


我が家は、サーカスTCで冬キャンプをする場合、お座敷スタイルをよくします。


お座敷スタイルにして、石油ストーブをつけてゴロゴロすると、とても気持ちがいいです。


電源サイトなら、ホットカーペットを使用すると、より快適に過ごせます。


以上、「サーカスTCは冬のキャンプに使えるのか?3年間使い続けている我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!