FullSizeRender








「年間50泊、キャンプに行く我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




1年を通してキャンプに行っていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります。


FullSizeRender








「1年で最も過ごしやすいのが、春と秋のキャンプ」



真夏ほど気温が上がらず、真冬ほど寒くないので、重装備でなくてもキャンプができます。




焚き火だけでも暖がとれるので、焚き火好きにはたまらない季節。


FullSizeRender









「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」



平地だと夜も気温が下がらず、熱帯夜が続きます。




1日を通して暑いので、キャンプをしていて不快。


FullSizeRender









「夏のキャンプは、標高の高いキャンプ場がおすすめ」



標高が100m上がると、気温が0.6度下がります。




夏のキャンプは、標高が高いキャンプ場ほど涼しくいられます。


2021081430 (33)









「冬キャンプも寒いし過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば快適に過ごせます」



冬キャンプをする上で最も大事なのが、寝る時の装備。




電源があるサイトでは、ホットカーペットが使えるので快適ですが、電源かないサイトでは、寝る時の対策はかならず必要。


2019012601 (3)









「冬場は冷え込むので、就寝する時、マットとシュラフがかなり大事です」



冬キャンプをするのに、値段の高いナンガなど、ダウンシュラフが必要だと思われがちですが、そんなことはありません。


FullSizeRender









封筒型のシュラフでも2重にすると暖かいので、冬キャンプを乗り切れます。


今回は、我が家も冬キャンプによくする、2重シュラフのやり方を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652





*タイトル
シュラフを2重にするとダウンシュラフなんて必要なし!冬キャンプにおすすめ


2019021401 (9)









「冬場は気温が下がるので、地面から必ず冷気が発生します」


地面からの冷気対策に、必ずしっかりとしたマットが必要です。




我が家は、マルチマットレスを使用。



2021070404 (6)









「就寝する時、マルチマットレスがあれば、自宅で寝る時のような快適さになります」



マルチマットレスは、低反発ウレタン1㎝と高反発ウレタン3㎝の二重構造。




低反発ウレタンが柔らかく沈み込み、高反発ウレタンで適度な硬さで跳ね返してくれるので、快適な寝心地になります。


2018020202









「クルクルと丸めることができ、持ち手もあるのでとても便利」


少しかさばりますが、快適に就寝できるので、我が家は自宅でも愛用しています。



2018020208

2018020209









「マルチマットレスがあれば、地面からの冷気を完全に遮断し、クッション性をアップします」



2019021401 (6)















封筒型のシュラフを2重


2019021401 (9)









「冬キャンプをするなら、ナンガなどのダウンシュラフを買わなけば快適に過ごせないと思われがちですが、そんなことはありません」


FullSizeRender









「ダウンシュラフは高級なので、購入しにくいし、使用するのが冬場だけなので、よく考えたらもったいない感じもします」


特にナンガは、値段が高いのが有名で、使用頻度を考えるとコスパが悪いです。


3019102702









「我が家は、冬キャンプに封筒型シュラフを2重にして就寝しています」


封筒型のシュラフを2重にすると暖かいのですが、気をつけてほしいのが、シュラフの組み合わせ。




2重にする時は、封筒型の分厚いシュラフの中に、夏用の薄いシュラフを入れて下さい。


夏用シュラフ+夏用シュラフの組み合わせだと、寒くて就寝できません。


2019021401 (8)

2019021401 (9)









「我が家は、快適に就寝する為、湯たんぽを使用しています」


より快適に過ごすなら、ポータブル電源を使い電気毛布をシュラフな中に入れて下さい。


FullSizeRender









「ポータブル電源のPowerArQ3は、新技術のバッテリー交換システムを搭載」



FullSizeRender









「これまで弱点だったバッテリーの劣化を、バッテリー交換をすることで克服」



バッテリーだけを交換すると、本体を購入するよりかなりお得に、半永久的に使用できます。



FullSizeRender

FullSizeRender









「バッテリーのみを追加で購入すると、無限に容量を増やすことも可能」


FullSizeRender









「PowerArQ3は、最大555Whの容量」



555Whの容量があるので、例えば100Whを消費する機器だと、約5時間動作することができます。



FullSizeRender


FullSizeRender






電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh









「550WhあるPowerArQ3は、電気毛布1台、強50Whで使用しても、約11時間使用できる計算になります」



PowerArQ3のAC出力は最大500Wなので、消費電力が500Wまでの電化製品を使用することが可能。



FullSizeRender









「見た目がよくおしゃれなPowerArQシリーズは、最も売れているポータブル電源」


FullSizeRender

























「コンパクトに畳めるので、持ち運びや車の積載にも便利」


家族で電気毛布を使用されるなら、電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと暖かく、家族でシェアできます。


2020013010 (3)

























「湯たんぽを使うと、電源がなくても使えます」



2020013009 (5)









「電源なしサイトで使用してほしいのが、直火式の湯たんぽ」


直火式の湯たんぽは、湯たんぽ本体に直接水を入れ、カセットコンロや石油ストーブで温められます。


2019020601 (2)









「やかんやケトルでお湯を沸かし入れなくてもいいので、家族で湯たんぽを使っても楽です」


湯たんぽを使用するのとしないのとでは、快適差がかなり違ってきます。




我が家は、マルカの湯たんぽを使用。


2019020601 (1)
























まとめ


2019021701 (6)









冬キャンプは、シュラフがかなり大事ですが、ナンガなどの高級シュラフは必要ありません。


封筒型のシュラフを重ねて使うことで、快適に就寝ができます。


封筒型のシュラフを重ねる時は、分厚いシュラフの中に、薄いシュラフを入れて下さい。


より快適に就寝するなら、電気毛布か湯たんぽがおすすめ。


以上、「シュラフを2重にするとダウンシュラフなんて必要なし!冬キャンプにおすすめ」でした。










キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!









 











キャンプ用品セール
(amazon)
Check!











キャンプ用品セール
(楽天)
Check!















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック