FullSizeRender








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています」


いざ購入しようと思っても、たくさんありすぎて、どのメーカーのどの種類のキャンプアイテムを選んだらいいか迷います。


FullSizeRender









「購入するのに迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法」



ロングヒット商品は、昔から長く人気があるので、その種の定番商品にもなっており、購入しても流行りすたりがありません。




長く使えるのも、ロングヒット商品の良いところ。


FullSizeRender









「今回紹介するコールマンのツーリングドームLXも、昔から人気があるロングヒット商品」


小さなマイナーチェンジはありましたが、形やサイズが変わるフルモデルチェンジはありません。


FullSizeRender









「ツーリングドーム
LXは、STよりひとまわり大きなサイズなので、2人で使用しても狭くはありません」


インナーのサイズが、210×180cmあるので、2人でゆったりキャンプができるのも良いところ。


FullSizeRender









今回は、コールマンから発売されているツーリングドームLXを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
ツーリングドームSTプラスは春夏秋冬使えるのか?


FullSizeRender










「コールマンのツーリングドームは、STとLXがあり、STのひとまわり大きなサイズがLXになっています」



STのインナーサイズは、210×120cmで高さが100cm。

LXのインナーサイズは、210×180cmで高さが110cm。










「STかLXのどちらかを選ぶポイントとして、ソロキャンプがメインならSTで、2人でよくキャンプに行かれるならLXを選んで下さい」


FullSizeRender









「触れてみるとわかりますが、フライシートは意外に分厚いなという印象をもちました」


値段の割には、幕質が分厚くしっかりとしたつくり。


2021092220 (6)

2021092220 (3)









「インナーテントも、しっかりとしています」



2021092220 (2)









「フレームがグラスファイバー製なので、劣化しやすく折れやすいのがデメリット」



ただ、無理矢理折り曲げたりしなければ、長く使えます。


2021092220 (1)

2021092220 (4)








「我が家も、フレームがグラスファイバー製のテントを使用してますが、丁寧に設営撤収しているので、5年以上使用しています」


2020061203 (2)









「高さが110cmと、やや低めですが、慣れるとそれほど気にならないと思います」



FullSizeRender









「フライシートは、巻き取ることもでき、キャノピーにすることも可能」


キャノピーにするポールは、150cmぐらいの長さがちょうどいい感じ。




150cmのポールが高いと感じたら、傾けたら低くなり、高さの調整ができます。



FullSizeRender










夏の使用


FullSizeRender









「コールマンのツーリングドームLXは、ベンチレーション+前後に出入り口になる窓が大きいので、風通しがいいです」


思っている以上に、暑くなりません。




前後の窓は、もちろんメッシュにすることが可能。


FullSizeRender










冬の使用


FullSizeRender









「フライシートに、スカートがないので、地面と幕の間から隙間風が入ってきます」



ツーリングドームは、前室があるのですが狭いので、普段はインナーテントの中にいることが多くなると思います。


FullSizeRender









「インナーは、フルクローズできるので、隙間風がテント内に入ってきません」


FullSizeRender









「冬場の暖房はテントが小さいので、カセットガスストーブ1台で、十分にあたたまります」


カセットガスストーブは、カセットボンベ1本で3時間ほど暖まるので割と手軽。




我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用。


2020100301 (3)

























「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが販売されています」



FullSizeRender

























グランドシート


「グランドシートは、オールウェザーブランケットがおすすめ」



2020110101 (1)









「テントと地面の接触する所に、汚れ・ダメージ・防水の為に敷くのがグランドシート」


グランドシートは、テントの痛み防止なので、必ず敷いて下さい。




我が家が2人用テントのグランドシートに使用しているのが、オールウェザーブランケット。


2021013101 (2)









「オールウェザーブランケットのサイズは、152×213cmなので、2人〜3人用のテントなら、どのサイズでも合います」


オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスチックフィルムという4層からなる構造





NASA
が開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれいます。



2021081430 (3)

























「我が家はテントの床部分に、極厚の銀マットを敷いています」



極厚の銀マットは、厚みがあるのでかなりクッション性が高く、極厚の銀マットを2枚敷いておくだけで他の敷物はいりません。




厚みがある分、寒い時期は地面から冷気も遮断してくれます。


2018061410





















「コールマンのツーリングドームLXは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするソロドーム型テント」


FullSizeRender


















まとめ


FullSizeRender









コールマンから発売されているツーリングドームLXは、カラーがオリーブ色にモデルチェンジしたということもあって人気があり、一時期購入できない時がありました。


現在は落ち着いていて、アマゾン・楽天・ヤフーからも購入できます。


ツーリングドームLXは、今インスタグラムでも流行っており、picされる方がかなり増えています。


昔から人気のある、今流行りのツーリングドームLXは、我が家のおすすめのテントです。


以上、「徹底レビュー!ツーリングドームLXは春夏秋冬使えるのか?インナーマットも詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!