2020013008 (7)








「キャンプで電源サイトを利用される場合は、電化製品を使用されると思います」


特に冷え込む季節、電源サイトで手軽に使用できるのが電化製品。


2020013008 (5)









「寒い季節に使う暖房器具はいろいろとありますが、電気毛布でもメインの暖房器具として使用することができます」


電気毛布はコンパクトに持ち運べ、車に積載しても場所を取りません。




消費電力が小さいというのも、大きなメリット。


3019093001









「キャンプ場はそれぞれ使用できる消費電力が決まっていて、消費電力の大きい電化製品を使用すると他の電化製品が使えなくなり、電気を使いすぎるとブレーカー上がります」


電気毛布は消費電力が小さいので、他の電化製品と併用が可能。




我が家が電源サイトを利用する場合、電気毛布をメインに電化製品をフルに使います。


2020020207 (2)









今回は寒い季節、キャンプで便利に使える電気毛布の使い方を詳しくブログで紹介したいと思います。


電気毛布は手軽に使用できるので、寒い季節におすすめできる暖房器具。







20156021010







お気軽にフォローして下さいね^^
 
Instagram







電気毛布:


2020013008 (7)









「我が家は、ホットカーペットのかわりに、電気毛布をインナーマットの下に敷いています」


電気毛布はホットカーペットみたいな暖かさはありませんが、程よい感じで、座っているとほんのりと暖かさが伝わってきて、寝転びたくなるような感じになりとても快適。




電気毛布は、1枚だと座るスペースが少ないので、できれば電気毛布を2枚敷いて下さい。


3019093001









「車の積載に余裕がないない方は、ホットカーペットより電気毛布がおすすめ」


電気毛布は小さく折りたためて、ちょっとしたスペースに入れられるのでとても便利。


冬場は洋服や暖房器具など、どうしても夏場に比べ荷物が増えます。




荷物が多い時ほどコンパクトな電気毛布が便利で、車に積載する時も場所を取りません。


IMG_3087










電気毛布の敷き方:


2020013007 (9)









「テントの床の上に、オールウェザーブランケットを敷きます」



オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。




オールウェザーブランケットは4層構造になっており、地面からの冷気を和らげてくれるので、数枚持っておくととても便利。


我が家は、オールウェザーブランケットを4枚保有しています。


3019093002









「防水性にも大変優れており、もしテントが浸水してもオールウェザーブランケットが雨水を遮断し、インナーマットやシュラフが濡れません」





テントの床にオールウェザーブランケットを敷くと、テントの床の傷防止にもなります。



2020111502 (4)

2020013007 (10)




















「オールウェザーブランケットの上に、極厚の銀マットを敷きます」



極厚の銀マットは厚みがある為、地面からの冷気を遮断してくれます。




寒くなると地面からは冷気が必ず発生し、寒い時期に手で地面を触ると冷たいのが冷気。


テントの床部分も同じく冷気が発生するので、冷気を遮断する極厚の銀マットはかなり重要。


2020013010 (1)























「銀マットの上に、インナーマットを敷きます」



インナーマットは、アウトドア用のインナーマットでも自宅使用しているマットでも何でも大丈夫。




我が家は、コールマンのインナーマットを使用しています。


2020013008 (3)






















「インナーマットの上に、電気毛布を敷きます」


電気毛布を敷く枚数は、1枚だとスペースが少ないので、電気毛布を2枚敷くとちょうどいい広さ。





電気毛布は温度調整ができ、温度は一番強い大きさの(強)にするとほんのりと暖かく快適です。


2018010904



















「電気毛布の上には、毛足の長いラグを敷きます」


毛足の長いラグはフカフカし、肌触りも良いので寒い季節はかなり暖かいと思います。


2018010905



















「毛足の長いラグを敷かない場合は、電気毛布を極厚の銀マットとインナーマットの間に敷いて下さい」


2020111502 (13)









「毛足の長いラグを敷かない場合」



オールウェザーブランケット→分厚い銀マット→電気毛布→インナーマット











就寝する時


2020111502 (20)




マルチマットレスは低反発ウレタン1㎝と、高反発ウレタン3㎝の2重構造になっており厚さ4㎝あります。




我が家は、毎回キャンプでマルチマットレスを使用しており、自宅で就寝するより快適。


腰が痛くて寝れないという方にも、おすすめできるマットレス。


2018020202









「くるくると巻いて持ち運びができるので、とても便利」



2018020208

2018020209









「電気毛布とマルチマットレスがあれば、いつでも快適に就寝ができます」



2018020201






















ポータブル電源:


FullSizeRender









「電源なしサイトでは必要ありませんが、電源なしサイトであった方が便利なのが、ポータブル電源」


ポータブル電源があれば、電源サイトを利用しなくても大丈夫。


どのキャンプ場も、電源サイトは利用料金が高くなっています。




ポータブル電源があれば、利用料金が安い電源なしサイトを利用できます。


2020111502 (8)









「ポータブル電源を購入するメリットは、電気毛布が使えること」


2枚の電気毛布なら、朝までつけることができ、朝まで快適に就寝できます。




電気毛布があるとないとでは、キャンプスタイルが、だいぶん変わってきます。


FullSizeRender









「値段は高いですが、何回か電源サイトを利用することを考えたら元は取れます」


FullSizeRender

























まとめ:


20171231001









電源サイトの場合、電気毛布を使うと快適に過ごせます。


コンパクトで消費電力が小さいので、他の暖房器具と併用できるのがメリット。


電気毛布を使用する時、我が家はミニセラミックヒーターを使用しています。




電気毛布+ミニセラミックヒーター2台


3019081802 (2)




















電気毛布は、それ程値段が高いものではないので、最低2枚持っていると便利に使用することができますね!


以上、「キャンプで電気毛布はこう使う!電源なしサイトでも大丈夫!電気毛布の使い方を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!