2021092202 (3)








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」



真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021081430 (32)









「我が家が年間50泊キャンプに行く楽しみは、いろいろとありますが、強いて言うなら、奥さんと二人でゆったりとキャンプを楽しむこと」


二人でお酒を飲みながら、キャンプでゆったりと過ごしています。




お酒に合う、最強で最高のおつまみと言えば、燻製だと我が家は思います。


2021092202 (8)









今回はキャンプで、タコの燻製を作ってみました。


そのままで食べるより美味しいので、ぜひ参考にして下さい。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









タコの燻製:


2021092203 (3)









「燻製は、大変で難しいと思われる方もおられますが、全く違います」


スモーカー+燻製チップ+食材があれば、簡単手軽にできます。


2021092201 (6)









「燻製は煙や匂いが出て、なかなか自宅ではやりにくいので、我が家はキャンプに行って燻製をします」


2021092202 (3)









「燻製をするのに、スモーカーは何を使われていますか?」


我が家は、今流行りのキャメロンズミニスモーカーを使用しています。




キャメロンズミニスモーカーは、素材がオールステンレスになっており丈夫。


2021092202 (8)









「素材のステンレスが分厚いので、ガンガン燻製をしても痛むことがなく、安心して燻製ができます」


燻製は、チップを燻すので、汚れが付着します。


ステンレスは、汚れが取れやすく清潔に保てます。




スモーカーの素材は、ステンレス製が使い勝手がよく、長く使用できると思います。


2021092202 (7)








「キャメロンズミニスモーカーは、素材のステンレスが分厚く丈夫なので、値段はしますが長く使用できるので、購入するメリットは大きいと思います」


蓋は、スライド式になっており、使いやすいです。


2020082103 (1)









「四角くスタイリッシュなデザインで、無骨な雰囲気が気に入ってます」



見た目、とてもおしゃれですよ。


2021081430 (82)









「キャメロンズミニスモーカーは、一時期、人気があり過ぎて購入できないこともありました」


現在は、だいぶん落ち着いています。


2021092202 (8)

























作り方:


2021092203 (2)








「用意するのは、スモーカー+燻製チップ+茹でたタコ」



2021092201 (2)









①タコをオピネルナイフで、食べやすい大きさに切ります。


2021092201 (4)









「オピネルナイフは、キャンプで一番人気があるナイフ」



オピネルナイフの人気があるのは、見た目の良さとカッコ良さ。



2020090701 (8)









「グリップが木製というのが、オピネルナイフの特徴」



2020090701 (7)









「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、我が家は数種類のオピネルナイフを保有していますが、使いやすいのがオピネルナイフの10番」



2020060401









「9番だと小さく、12番だと大きいので、キャンプで使うには10番がちょうどいいサイズ」



2020060201 (7)









「オピネルナイフのブレードは、ステンレスとカーボンスチール製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですが、メンテナンスがとても大変です。





使用後は水気をきっちり拭き取らないと、すぐに錆てしまいます。



FullSizeRender









「我が家も使用しているステンレスは、メンテナンスがゼロ」



切れ味も悪くないので、購入するならステンレスが良いと思います。





オピネルナイフを購入するなら、我が家も使用する、ステンレス製のサイズで10番がおすすめ。



2020090701 (9)

























②切ったタコは、キッチンペーパーで水分を拭き、30分ほど風にあてます。


その時、きっちりと水分を拭き取り、陰干ししないと、出来上がりが酸っぱくなってしまいます。


2021092201 (5)









③スモーカーに、アルミホイルを敷き、ひと握りのさくらチップをのせます。


アルミホイルを敷く理由は、燻製が終わった後のチップのカスを、そのままアルミホイルと一緒に捨てられるから。


2021092201 (7)

2021092201 (6)

2021092201 (8)









「薫製チップは、ロゴスのサクラチップを使用」


ロゴスのサクラチップは、300g600円と値段が安く、色付きもよく香りもきつ過ぎないので、上手に燻製が作れます。 



2020091401 (4)

























④タコの下味として、マキシマムを振りかけます。



マキシマムは、キャンプで3大スパイスのひとつ。


2021092201 (10)









「他に、ほりにしと黒瀬のスパイスがありますが、燻製の下味に合うのはマキシマム」


2021072508 (14)









「後、肉との相性もかなりいいです」


2021030904 (5)









「マキシマムは一時期、人気があり過ぎて、購入出来ませんでしたが、現在はだいぶん落ち着いてきました」


2021092201 (9)

























⑤火を中火にし、煙が出てきたら弱火にします。


弱火で、10分間ほど燻します。


2021092202 (9)









「途中何度か蓋を開け、キッチンペーパーで水分を拭き取って下さい」



拭き取り作業をしないと、出来上がり酸っぱくなってしまいます。


2021092202 (11)









⑥10分ほど燻したら出来上がり。


出来上がりは硬くならず、ちょうどいい歯応えで、とてもおいしかったです。


2021092203 (2)

2021092203 (3)









「出来上がったタコの燻製は美味しく、ビールととても合う」


奥さんと、ビールを飲みながら燻製を食べて、ゆったりとした時間を過ごしました。


2021061302 (3)









「気温の高い真夏でも、冷たいお酒が飲みたいと思い購入したのが、サーモス保冷缶ホルダー」


2021061302 (5)

2021061302 (1)

2021061302 (4)









「サーモス保冷缶ホルダーは、真空断熱構造で、気温の高い夏場でも長時間冷たさをキープ」


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーが、かなり人気があり売れている理由は、使い勝手がいいから」


ビールや酎ハイを入れて保冷缶ホルダーとして使え、飲み口をつければタンブラーとして使用可能。


2021061303 (9)

2021061303 (8)









「ビールを入れたパターン」



2021061302 (2)








「氷+炭酸水+ソーダの素を入れたパターン」


いろいろな使い方ができるので、とても便利。


2021061303 (3)

2021061302 (11)








「保温効果もあるので、熱い飲み物も入れられます」


2021061304 (5)

2021061304 (7)

2021061304 (11)









「サーモス保冷缶ホルダーは、350ml用・500ml用の2種類があり、カラーもブルー・シルバー・ベリー・グリーンの4種類があります」



自分好みの大きさや、カラーが選べるのも人気がある理由。


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーは、我が家がキャンプに必ず持っていく、便利で絶対おすすめできるキャンプアイテム」


2021061302 (3)

























「燻製は風の影響があると、火か安定せず上手に燻製ができないことがあるので、注意して下さい」


2021092204 (2)





























まとめ:


2021092203 (3)









タコは、そのまま食べると、あまり味がしないので好きではありませんでした。


燻製をすることで、良い香りがして、下味をするのでスパイシーになります。



我が家は、ステンレス製のキャメロンズミニスモーカーを使用。


ほんとよくできたスモーカーなので、おすすめします。


以上、「キャンプでタコの燻製は簡単にできる!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!