3019122205 (1)








「キャンプで、毎回燻製をする我が家」


燻製は、最強で最高のお酒のおつまみ。


2020030502 (9)









「我が家は、お酒のおつまみとして、キャンプでいつも燻製を作っています」


出来立ての燻製と飲むお酒は、格別の味です。


2021061302 (3)









「気温の高い真夏でも、冷たいお酒が飲みたいと思い購入したのが、サーモス保冷缶ホルダー」


2021061302 (5)

2021061302 (1)

2021061302 (4)









「サーモス保冷缶ホルダーは、真空断熱構造で、気温の高い夏場でも長時間冷たさをキープ」


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーが、かなり人気があり売れている理由は、使い勝手がいいから」


ビールや酎ハイを入れて保冷缶ホルダーとして使え、飲み口をつければタンブラーとして使用可能。


2021061303 (9)

2021061303 (8)









「ビールを入れたパターン」



2021061302 (2)








「氷+炭酸水+ソーダの素を入れたパターン」


いろいろな使い方ができるので、とても便利。


2021061303 (3)

2021061302 (11)








「保温効果もあるので、熱い飲み物も入れられます」


2021061304 (5)

2021061304 (7)

2021061304 (11)









「サーモス保冷缶ホルダーは、350ml用・500ml用の2種類があり、カラーもブルー・シルバー・ベリー・グリーンの4種類があります」



自分好みの大きさや、カラーが選べるのも人気がある理由。


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーは、我が家がキャンプに必ず持っていく、便利で絶対おすすめできるキャンプアイテム」


2021061302 (3)

























燻製は、いろいろな食材で作れるので、食材選びも楽しみのひとつ


出来上がり、想像以上に美味しくできた時は、とても嬉しいですね。


2020010701 (10)









いろいろな食材で作るので、チャレンジ感や、わくわく感も兼ね備えおり、燻製作りはとても楽しいです


2020012201 (1)









今回は、我が家が選んだ燻製ベスト3と共に、燻製のやり方を詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









燻製ベスト3:


2021092202 (3)









燻製は、熱燻・温燻・冷燻の3種類の作り方があり、熱燻以外は時間がかかってしまいます



熱燻は、80℃から140℃程の高温で10~60分程、燻煙をする方法。 温度管理が簡単なので、初めての方でも手軽にできます。


温燻は、30から80℃程で燻煙をする方法。 燻煙時間が数時間から1日程度と長く、長時間で燻す為に水分が減少し、保存食としても効果があります。


冷燻は、15~30℃程の低温で長時間燻煙をする方法。 完成した燻製の水分量が全体の40%程度になるので長期の保存が可能。 










「熱燻だと10分ほどで作れるので、簡単で手軽



初心者の方も作りやすいので、熱燻がおすすめ。




これから、燻製を始めようと思っている方は、熱燻が良いと思います。


2020091404 (1)










キャメロンズミニスモーカー:


2021092202 (10)









皆さん、燻製をするスモーカーって、どんなものを使われていますか?


我が家のおすすめは、今流行りのキャメロンズミニスモーカー。




キャメロンズミニスモーカーは、昔も今も人気のあるロングヒット商品。


2021081430 (81)









キャメロンズミニスモーカーが人気のある理由は、見た目の良さと使い勝手の良さ


四角く無骨な感じで、スタイリッシュなデザイン。




他のスモーカーにはないおしゃれさで、かなり人気があります。


2021092202 (8)









素材は、ステンレスで出来ており、とても分厚く丈夫


ステンレスで分厚いので、気兼ねなく、ガンガン燻製ができます。


2021081430 (89)









蓋はスライド式になっており、食材を出し入れする時に便利


ステンレスは熱に強いので、燻製をするなら、ステンレス製のキャメロンズミニスモーカーがおすすめ。


2020082103 (1)









実際見ると、想像しているよりおしゃれなので、購入して良かったと思えます


2021092202 (3)

























我が家がおすすめ:


2021092202 (8)









我が家はいろいろな燻製をしましたが、その中で我が家が選ぶベスト3を紹介したいと思います


とても美味しいので、ぜひ試してみて下さい。


3019122205 (3)










1位:6pチーズの燻製


3019122203 (9)









①チーズのアルミを底だけ残して、後は剥がします。


底だけアルミを残す理由は、チーズを溶けなくする為。


3019122204 (5)








②キッチンペーパーで水分を取り、30分ほど陰干しします。


3019122204 (6)









③アルミホイルを、スモーカーに敷きます。


アルミホイルを敷く理由は、燻製した後のチップの燃えカスを、そのまま包んで捨てられるから。


2020030501 (8)









④ロゴスのさくらチップを、一握り入れ蓋をします。


一握りのチップで、10分ほど燻製ができます。


IMG_7690

2020030502 (1)

2020030502 (2)









⑤中火にし、煙が出てきたら弱火に変えます。


3019122204 (9)









⑥弱火になった状態で6pチーズを入れ、弱火で10分間燻します。


火が強いと、チーズが溶けてしまうので、注意して下さい。




途中何度か蓋を開け、キッチンペーパーで水分を拭きとって下さい。


3019122204 (10)









出来上がり粗熱を取って食べるのですが、熱いまま食べても美味しいです


熱いまま食べると、とろける感じがして美味しいので、ぜひ試してみて下さい。


3019122205 (1)










2位:サラダチキン


2020030501 (3)









①サラダチキンの水分をキッチンペーパーで拭き、30分ほど陰干しします。


出来上がりが酸っぱくなるので、水分はしっかりと拭いて下さい。


2020030501 (5)









②下味に、マキシマムを振りかけます。


2020030501 (6)









③アルミホイルを、スモーカーに敷きます。


アルミホイルを敷く理由は、燻製した後のチップの燃えカスを、そのまま包んで捨てられるから。


2020030501 (8)









④ロゴスのさくらチップを、一握り入れます。


一握りのチップで、10分ほど燻製ができます。


IMG_7690

2020030502 (1)

2020030502 (2)









⑤サラダチキンを入れ、蓋をします。


2020030502 (6)









⑥中火にし煙がでてきたら弱火にし、10分燻したら出来上がり。


途中何度か蓋を開け、キッチンペーパーで水分を拭きとって下さい。


2020030502 (9)









最後に、食べやすい大きさに切ります


燻製の匂いと味がサラダチキンによく合って、かなり美味しいですよ。


2020030503 (1)










3位:ベーコン


IMG_5161









市販のベーコンは、製造過程で薫製はされてはいますが、今回再度薫製することで、より薫製の匂いと風味をベーコンにつけ、美味しくいただきます


2020010702 (1)










①ベーコンの水分をキッチンペーパーで拭き、30分ほど陰干しします。


出来上がりが酸っぱくなるので、水分はしっかりと拭いて下さい。


2020010701 (3)









②下味に、マキシマムを振りかけます。


2020091402 (4)








③アルミホイルを、スモーカーに敷きます。


アルミホイルを敷く理由は、燻製した後のチップの燃えカスを、そのまま包んで捨てられるから。


2020091401 (3)









④ロゴスのさくらチップを、一握り入れます。


一握りのチップで、10分ほど燻製ができます。


2020091401 (4)

2020091401 (5)

2020091401 (6)









⑤ベーコンを入れ、蓋をします。


2020010701 (3)









⑥中火にし煙がでてきたら弱火にし、10分燻したら出来上がり。



途中何度か蓋を開け、キッチンペーパーで水分を拭きとって下さい。


2020010701 (5)








最後に、食べやすい大きさに切ります



市販ベーコンは、生で食べれるので、火の通りに心配しなくても大丈夫。





ベーコンは製造過程で燻製されてますが、再度燻製することで、燻製の風味が増して、かなり美味しく出来上がります。



2020010701 (7)

2020010701 (10)










マキシマム:



2021092201 (10)









「マキシマムは、キャンプの3大スパイスのひとつ」



マキシマムの他には、ほりにしと黒瀬のスパイスがあります。





燻製に合うのは、マキシマムが一番だと思います。



2021060603 (3)









「マキシマムは、テレビで紹介されたこともあり、しばらく品薄で購入できませんでした」



現在は、だいぶん落ち着いてきました。





肉料理にも、めちゃくちゃ合うのでおすすめ。



2021030904 (5)

2021030904 (9)

2021030905 (2)









「マキシマムは、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめのスパイス」



2021092201 (9)

























ロゴスの燻製チップ:



2021092201 (6)









「薫製チップは、ロゴスのサクラチップを使用」



ロゴスのサクラチップは、300g600円と値段が安く、色付きもよく香りもきつ過ぎないので、上手に燻製が作れます。



2021081430 (86)

2021081430 (88)
























「キャメロンズミニスモーカーは、我が家が絶対おすすめするスモーカー」



2021092202 (3)

























まとめ:



2021092202 (6)









今回は、我が家が美味しいと思った、燻製ベスト3を紹介しました。



10分程でできるので、かなり手軽。



作り方が簡単なので、初心者の方でも、すぐに燻製ができます。



美味しいので、ぜひ試してみて下さいね。


以上、「初心者でも10分!キャンプで燻製のやり方を詳しくブログで紹介
」でした



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!