2021092202 (4)








キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります


我が家は最近、キャンプに夫婦で行くことが多くなってきたこともあり、夫婦でゆったり過ごすのがキャンプの楽しみになってきました。




夫婦共にお酒を飲むので、お酒を飲みながら、のんびりと過ごしています。


2021061302 (3)









「気温の高い真夏でも、冷たいお酒が飲みたいと思い購入したのが、サーモス保冷缶ホルダー」


2021061302 (5)

2021061302 (1)

2021061302 (4)









「サーモス保冷缶ホルダーは、真空断熱構造で、気温の高い夏場でも長時間冷たさをキープ」


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーが、かなり人気があり売れている理由は、使い勝手がいいから」


ビールや酎ハイを入れて保冷缶ホルダーとして使え、飲み口をつければタンブラーとして使用可能。


2021061303 (9)

2021061303 (8)









「ビールを入れたパターン」



2021061302 (2)








「氷+炭酸水+ソーダの素を入れたパターン」


いろいろな使い方ができるので、とても便利。


2021061303 (3)

2021061302 (11)








「保温効果もあるので、熱い飲み物も入れられます」


2021061304 (5)

2021061304 (7)

2021061304 (11)









「サーモス保冷缶ホルダーは、350ml用・500ml用の2種類があり、カラーもブルー・シルバー・ベリー・グリーンの4種類があります」



自分好みの大きさや、カラーが選べるのも人気がある理由。


FullSizeRender









「サーモス保冷缶ホルダーは、我が家がキャンプに必ず持っていく、便利で絶対おすすめできるキャンプアイテム」


2021061302 (3)

























「我が家が、お酒のおつまみによく作るのが、いろいろな食材で作る燻製



燻製は、難しいと思われがちですが、全く違います。




スモーカー+燻製チップ+食材、後は熱源にガスコンロがあれば簡単に作れます。


2021092204 (3)









今回は、超簡単にできる燻製方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









キャンプで燻製:


2020012202 (7)









燻製は時間がかかり、面倒で手間のいるものと思われがちですが、全く違います


スモーカー+燻製チップ+食材、後は熱源にガスコンロがあれば簡単手軽に作れます。


2021081430 (81)









燻製の作り方として、3種類あるって知ってましたか


燻製は、熱燻・温燻・冷燻の3種類で作ります。



熱燻は、80℃から140℃程の高温で10~60分程、燻煙をする方法。 温度管理が簡単なので、初めての方でも手軽にできます。


温燻は、30から80℃程で燻煙をする方法。 燻煙時間が数時間から1日程度と長く、長時間で燻す為に水分が減少し、保存食としても効果があります。


冷燻は、15~30℃程の低温で長時間燻煙をする方法。 完成した燻製の水分量が全体の40%程度になるので長期の保存が可能。 










キャンプで燻製をするなら、短時間で作れる熱燻がいいと思います


熱燻だと、10分燻したら出来上がるので、とても手軽。


3019122205 (1)









我が家は、燻製をするガスコンロに、タフまるJr.を使用


2021092202 (3)









「タフまるJr.が人気のある理由は、見た目の可愛いさと格好良さ」


サイトに置いとくと、インテリアにもなります。


2021100401 (70)

2021081430 (36)









「本体のサイズが286×192.5、高さが122cmで、とても小さくコンパクト」



2021072503 (9)









「他のカセットコンロに比べて、ひとまわり以上小さいです」


カセットボンベを横に並べてみると、だいたいの大きさがわかると思います。


2021072501 (10)

2021072502 (1)









「持ち運びやすく便利な、収納ケースが付いているので、とても便利」



収納ケース込みの重さが2.5kgと、とても持ち運びやすいです。


2021072501 (2)









「ダブル風防+多孔式バーナーで、風をシャットアウト」



内側と外側に、風防があるダブル風防ユニット。




火足が短く炎が消えにくい多孔式バーナーで、風を遮断するので、風のある日でも炎が安定し、安心して料理が作れます。


2021072502 (2)









「イワタニブランドで安心の日本製というのも、タフまるJr.の人気がある理由」



2021092202 (7)


























今回は、熱源にガスコンロを使用し、熱燻でのタコの燻製の作り方を紹介します


タコの燻製を紹介しますが、基本の作り方は一緒なので、違う食材でもチャレンジしてみて下さい。


2021092201 (1)










タコの燻製:


2021092201 (2)









①タコをオピネルナイフを使って、食べやすい大きさに切ります。


2021092201 (4)









「オピネルナイフは、キャンプで一番人気があるナイフ」



オピネルナイフの人気があるのは、見た目の良さとカッコ良さ。



2020090701 (8)









「グリップが木製というのが、オピネルナイフの特徴」



2020090701 (7)









「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、我が家は数種類のオピネルナイフを保有していますが、使いやすいのがオピネルナイフの10番」



2020060401









「9番だと小さく、12番だと大きいので、キャンプで使うには10番がちょうどいいサイズ」



2020060201 (7)









「オピネルナイフのブレードは、ステンレスとカーボンスチール製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですが、メンテナンスがとても大変です。





使用後は水気をきっちり拭き取らないと、すぐに錆てしまいます。



FullSizeRender









「我が家も使用しているステンレスは、メンテナンスがゼロ」



切れ味も悪くないので、購入するならステンレスが良いと思います。





オピネルナイフを購入するなら、我が家も使用する、ステンレス製のサイズで10番がおすすめ。



2020090701 (9)

























②水分をキッチンペーパーで拭き、30分程陰干しにします。


水分が多いと、出来上がりが酸っぱくなってしまうので、しっかりと水分を拭き取って下さい。


2021092201 (5)









③下味に、マキシマムを振りかけます。


2021092201 (10)









マキシマムは、キャンプの3大スパイスとして、とても有名


マキシマムの他に、ほりにし・黒瀬のスパイスがあります。


2021060603 (3)









3大スパイスの中で、マキシマムが燻製にとても合うと思います


マキシマムは、テレビで紹介されたこともあり大人気で、一時期購入できない時もありました。




現在は、だいぶん落ち着いてきました。


2021072508 (7)









燻製や肉料理、どんな食材でも合うのでおすすめ


2021030904 (5)

2021030904 (9)

2021030905 (2)









マキシマムは、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするスパイス


2021092201 (9)









④スモーカーに、アルミホイルを敷きます。


アルミホイルを敷く理由は、使用後のチップの燃えかすを、アルミホイルに包んで、そのまま捨てられるから。


2021092201 (7)









⑤サクラチップを、一握り使います。


チップ一握りで、だいたい10分ぐらい燻せます。


2021092201 (8)









我が家は、ロゴスのサクラチップを使用


ロゴスのサクラチップは、300g600円と値段が安く、色付きもよく香りもきつ過ぎないので、上手に燻製が作れます。 



2021092201 (6)






















⑥タコを入れ中火にし、煙が出てきたら10分程燻します。


途中蓋を開け、キッチンペーパーで水分を、何回か拭きとって下さい。




水分をきっちり拭き取らないと、出来上がり酸っぱくなってしまうので、注意して下さい。


2021092202 (8)

2021092202 (11)









⑦10分くらい燻したら、タコの燻製の出来上がり。


燻製したタコは、硬くもなく柔らかくもなく、ちょうどいい硬さ。




燻製の匂いと味がタコに合って、とても美味しかったです。


タコは、そのまま食べるより、燻製の方がおすすめ。


2021092203 (2)










キャメロンズミニスモーカー:


2021092202 (3)









我が家はスモーカーに、キャメロンズミニスモーカーを使用


キャメロンズミニスモーカーは、昔も今も人気のあるロングヒット商品。


2021092202 (8)









ロングヒット商品を購入するメリットは、廃盤になる確率が低く、流行りすたりがないので、長く使用できます


いつまでも長く使用していても、古臭さを感じないのが、ロングヒット商品のメリット。




キャメロンズミニスモーカーも、古臭さを感じず、長く使用できます。


2021081430 (81)









素材にステンレスが使われており、しっかりとしていて丈夫


使われているステンレスも、分厚い厚さ。




キャメロンズミニスモーカーは、ステンレスが分厚いので、丈夫で長年使用できます。


2021081430 (89)









燻製をするなら、アルミ製ではなく、ステンレス製がおすすめ


アルミ製だと、空焚きすると穴があく危険性があります。




燻製をするなら、絶対にステンレス。


2021081430 (94)









蓋は、スライド式になっており、食材の出し入れがしやすいです


2020082103 (1)









キャメロンズミニスモーカーは、年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするスモーカー


2021092202 (3)

























まとめ:



2021092202 (6)









今回は、熱燻・温燻・冷燻の中から、熱燻で燻製をしてみました。


スモーカー+燻製チップ+食材、後は熱源にガスコンロがあれば、簡単手軽に燻製ができます。


キャンプで10分、あっという間に燻製ができるので、我が家は熱燻をおすすめします。


以上、「キャンプで燻製!熱源はガスコンロ!10分あれば燻製ができるのでおすすめ」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!