FullSizeRender









「最近は、キャンプ人口が増え、冬にキャンプをする人も増えてきました」


それに伴い、冬キャンプの暖房、石油ストーブを購入する人も同じく増えてました。


FullSizeRender









「例えば、フジカハイペットを例にあげると、フジカハイペットは、注文から手に届くまで2年待ち



キャンプブームが始まる前、5年ほど前は、注文してすぐに購入できました。




我が家は、キャンプブーム前に購入したので、すぐに買えた方です。


3019120201 (1)









それが、数ヶ月になり1年になり、今や2年待ち


今注文してから、届くまで2年待ちですから、フジカハイペットが届くまでの2年間、キャンプに持って行く石油ストーブに悩んでしまいます。


2021101701 (35)









現在、キャンプブームということもあり、キャンプに持っていける石油ストーブの種類が増えました


日本製の石油ストーブ以外で、韓国製や中国製を入れるとけっこうな数。


FullSizeRender









キャンプに持っていける石油ストーブとは、灯油を入れて車に積載して運んでも、灯油漏れを起こさないことが条件


車で運ぶ時に、わざわざ燃料の灯油を抜く作業は、とても面倒です。




今回紹介するグローストーブは、燃料を満タンにして持っていっても漏れません。


FullSizeRender









スノーピーク製ということもあり、キャンプの為に作られた石油ストーブだと思います。


今回は、スノーピークのグローストーブを中心に、アルパカストーブとフジカハイペットも、詳しくブログで紹介したいと思います。








2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









グローストーブ・アルパカ・フジカ:


FullSizeRender









キャンプの2大ストーブといえば、数年前はアルパカストーブとフジカハイペットでした


昔は、それほどたくさんの石油ストーブが発売されていなかったので、アルパカストーブやフジカハイペットが特に人気がありました。


FullSizeRender









今や石油ストーブは、アルパカストーブやフジカハイペットだけではありません


石油ストーブで最強と言われる、トヨトミKSシリーズやコロナ対流型ストーブもあります。


FullSizeRender









石油ストーブの暖かさを数字にするのに、暖房出力というのがあります


暖房出力が高い石油ストーブほど、暖かいのが特徴。



スノーピークのグローストーブが2.54kw・アルパカストーブが3.0kw・フジカハイペットが2.56kwの暖房出力になっています。



IMG_0026









「キャンプで使う最強の石油ストーブと言われる、トヨトミKSシリーズが6.66kw・コロナ対流型ストーブが6.59kw



グローストーブと比べてもらうと、暖房出力が倍以上違います。


FullSizeRender



キャンプで使う最強の石油ストーブと言われる、トヨトミKSシリーズが6.66kw・コロナ対流型ストーブが6.59kw。










キャンプで使う最強の石油ストーブと言われるだけあって、かなり暖かいです


FullSizeRender









真冬のキャンプ、国内最大級のランドロックで使用しても、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブ1台で、幕内は十分に暖まります


真冬のキャンプ、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがあれば快適です。


FullSizeRender









石油ストーブを比べる:


FullSizeRender









暖房出力は、石油ストーブの暖かさをみる数字


グローストーブ2.54kw・フジカハイペット2.56kw・アルパカストーブ3.0kwなので、アルパカストーブは少し高いですが、まぁほぼ一緒。




なので、選び方として、暖かさ以外になります。


FullSizeRender









石油ストーブは、火を使うものなので、日本製の方がやはり安心


日本製なので、アフターフォローもしっかりとされています。




石油ストーブは、芯さえ交換すれば、数十年使用できます。


長く石油ストーブを使うことを考えたら、日本製の方が、安心して使用できます。


2017010106









「長く待てるのなら、フジカハイペット」


2020120801 (1)









「値段は高いのだけが欠点ですが、見た目かっこいいグローストーブ」



グローストーブは、反射板が付いていないので、360度周りを囲めて暖められます。




家族でストーブを囲みながら、キャンプをするのも良い雰囲気。


グローストーブなら、すぐに購入できます。


FullSizeRender





















収納ケースも、販売されています


FullSizeRender

























グローストーブ:



FullSizeRender









「グローストーブは、レインボーストーブみたいに上部だけの暖かさだけではなく、全体に暖かいのが特徴」



燃焼筒が赤熱して、遠赤外線で暖めてくれるので、高い暖房効果を発揮します。



FullSizeRender









「テント内中央に置けば、空気の対流によって全体をじんわりと暖めてくれるのもグローストーブの良いところ



FullSizeRender









1回の給油で、20時間使える優れもの



1泊2日のキャンプなら、灯油を満タンにしておけば、給油する必要はありません。



灯油を満タンにして、車でグローストーブを運んでも、灯油漏れは起こしません。





スノーピーク製なので、アフターフォローもしっかりしているので、長く使えるのもグローストーブの良さ。



FullSizeRender









点火は、1、2回ぐるっと回すだけの簡単操作



耐震自動消火装置を備え、もしものときも安心



FullSizeRender









「グローストーブは、見た目がおしゃれで、使用しやすい石油ストーブ


FullSizeRender
















収納ケースも、販売されています


FullSizeRender
























「キャンプで使う最強の石油ストーブは、トヨトミKSシリーズ・コロナ対流型ストーブ


FullSizeRender









丸くておしゃれな雰囲気があるのが、トヨトミKSシリーズ


比べると、トヨトミKSシリーズの方が売れている感じがします。


FullSizeRender

























「少し四角い感じで、無骨な雰囲気があるのが、コロナ対流型ストーブ


最近は、キャンプで使っている方が増え、徐々に人気が出てきています。


FullSizeRender

























まとめ:


FullSizeRender









グローストーブ・フジカハイペット・アルパカストーブのどれがいいかというと、安心の日本製ですぐに使えるグローストーブがいいと思います。


フジカハイペットの2年待ちは、なかなか自分的には無理ですね。


我が家は、たまたますぐにフジカハイペットを購入できましたが、注文して2年待ちは、かなりきついですね。






アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 
































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック