2021100401 (102)








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期から、真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




年間50泊もしていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります。


2021081430 (33)









1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ


真夏ほど気温が上がらず、真冬ほど寒くないので、重装備でなくてもキャンプが楽しめます。




焚き火でも暖が取れるので、焚き火好きには嬉しい季節。


2021101701 (45)

2021101701 (58)









キャンプをしていて、最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ


昼間も夜も暑くて過ごしにくく、夜は熱帯夜が続きます。




キャンプをしていて、不快なのが夏キャンプ。


2020082303 (5)









暑い時期、重宝するのがオープンタープ


オープンタープは、壁がなく屋根のみなので、日除けになり風通しがいいです。




オープンタープは、暑い時期の必需品。


2020081601 (3)









そんなオープンタープですが、どんな感じで設営しますか?


今回は、オープンタープの設営の仕方と、ガイロープの長さを詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









ガイロープ:


2020081601 (4)









暑い時期、重宝するのがオープンタープ


オープンタープは、壁がなく屋根だけなので、風通しがよく涼しくいられます。




我が家は、オープンタープに、タトンカタープを使用。


2020082303 (5)









タトンカタープは、素材にポリコットンを使用しているので、強い日差しをシャットアウト


2020082303 (3)









ポリコット素材は、遮光性が高いので、夏のキャンプに特におすすめです


よくあるポリエステル素材のタープと、ポリコット素材のタープでは、遮光性と居心地がかなり違います。


2020083101 (3)









タトンカタープは、ポリコットンタープの先駆者


昔から今も人気のある、ロングヒット商品。




一時期は人気がありすぎて、購入できませんでしたが、現在はだいぶん落ち着いてきました。


2021101701 (45)









我が家は、タトンカタープ1TCを使用


タトンカタープのサイズは、425×445cmあるので、4人家族で使用するなら、十分な大きさ。




遮光性が高く、強い日差しをシャットアウトするので、日差しの強い日におすすめ。


2020082303 (5)

























ガイロープの長さ:


2021100401 (99)









「ガイロープは、長くても短くても駄目」



ガイロープが長いと、長いだけの場所がいるので、場所を確保するのに大変。




フリーサイトでもガイロープが長すぎると、場所をたくさん取ってしまうので、迷惑がかかってしまいます。


2021100401 (56)









区画サイトの場合、ガイロープが長いと、タープを張る所が限定されます


3019081353 (10)









ガイロープが短いと、ガイロープの角度が急になるので、ペグが抜けやすいです


2021100401 (96)









ガイロープの長さは、ポールの長さ×1.8mにして下さい



ガイロープの長さは、ポールの長さ×1.8m


ポールの長さが1.8mなら、ガイロープの長さが3.2m。

ポールの長さが2mなら、ガイロープの長さが3.6m。

ポールの長さが2.2mなら、ガイロープの長さが3.9m。

ポールの長さが2.4mなら、ガイロープの長さが4.3m。











我が家はガイロープの長さに、ポールの長さ×1.8mの計算式なので、全く難しい計算をしていません


2021100401 (9)

2021100401 (10)









ガイロープを、その長さ通りに切ったら、もつれないように、先をあぶって下さい


それで、タープに使用するガイロープが完成です。


2021100401 (12)

2021100401 (11)

2021100401 (13)

2021100401 (14)

2021100401 (15)









ガイロープは、パラコードを使用


2021100401 (8)









パラコードは以前、米軍のパラシュート降下部隊の、パラシュートと人間を繋ぐ細引きロープ



使い勝手の良さと、丈夫で強度がかなりあるということで、テントやタープのガイロープとして、広く使われるようになりました。





パラコードは、一時期人気がありすぎて、購入できない時がありましたが、現在は落ち着いています。


2021100401 (20)









強度・品質・耐久性において高い水準にあるパラコードは、アメリカ政府公認の高品質なロープ



パラコードは、とても丈夫なロープなので、タープか安心して張れます。


2021100401 (8)

























「自在金具は、ノルディスクを使用



見た目がとても可愛く、おしゃれです。



2021100401 (7)

2021100401 (99)


























我が家は、フィールドアの木製ポールを使用



ポールは、3分割できるので、持ち運びにとても便利。





2連結と3連結ができ、2連結が160㎝で3連結が240㎝のポールになります。


3019052880 (3)











収納袋は、ポールを4本分入れることができ、キャンバス生地でとても丈夫



3019052873 (4)









素材にタモ材を使用しているので、かなり丈夫



2020083101 (6)















まとめ:



2021100401 (99)









ガイロープの長さは、ポールの長さ×1.8mの計算式なので、とても簡単。


我が家は、毎回キャンプでガイロープを使用してますが、ちょうどいい長さ。


ガイロープは、長くても短くても駄目なので、我が家の方法で、きっちりと計算して下さい。


以上、「タープのガイロープの長さはこれで完璧!我が家の方法を詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!