2021101701 (35)








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021121901 (43)









「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ



真夏ほど気温が上がらず真冬ほど寒くないので、重装備でなくてもキャンプができます。


2021101701 (45)









「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ



平日だと1日を通して暑く、夜は熱帯夜が続きます。


2020082303 (1)









真冬のキャンプも過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば、自宅にいるより快適に過ごせます」


冬キャンプの暖房器具で、一番使われているのが石油ストーブだと思います。




石油ストーブは、燃料に灯油を使っているので、電源がないサイトでも使用できます。


3019120201 (1)









手軽に使えて暖かいのが、キャンプで石油ストーブを使用するメリット


2021101701 (35)









今回は、キャンプで使う石油ストーブのデメリット。


キャンプで石油ストーブを使って安全?危なくない?年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介。










2016071108










お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









石油ストーブ:


IMG_0025









最近は、寒い季節にキャンプをする方が増え、それに伴いいろいろな暖房器具が発売されています


2021101701 (38)









その中で、最もポピュラーな暖房器具が、石油ストーブだと思います


昔に比べて石油ストーブの種類も増え、石油ストーブを選ぶ選択の幅も増えました。




韓国製や中国製の石油ストーブを入れると、たくさんの数。



FullSizeRender









今、キャンプの石油ストーブで爆発的に売れているのが、パセコの石油ストーブ


パセコの石油ストーブは、キャンプで使う石油ストーブで有名なアルパカストーブと同じ韓国製。




転倒消火装置もついているので、安心して使用できます。


FullSizeRender









少し前までは、アルパカストーブが売れていて、購入できない時もありましたが、今はアルパカストーブからパセコの石油ストーブに、人気と売れ行きが代わりました


なぜ、アルパカストーブからパセコの石油ストーブに移ったかというと、それは値段の安さ。




パセコの石油ストーブは、2万円までで購入できる手軽さ。


FullSizeRender









「パセコの石油ストーブもアルパカの石油ストーブも、暖かさは一緒」



FullSizeRender










石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります


パセコの石油ストーブの暖房出力が3.0kw、アルパカストーブの暖房出力も同じ3.0kwなので、暖かさに違いはなし。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブもアルパカストーブも、燃費・サイズ・形はほぼ一緒


違うのは、パセコの石油ストーブが、手軽に購入できる値段だということだけ。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめする石油ストーブ


FullSizeRender

























換気の必要性:


FullSizeRender









まずはじめに、石油ストーブは幕内で使うものではありません


それを、頭に入れて使用すると、安全に対して気をつけて使用できると思います。


FullSizeRender









石油ストーブは、燃料に灯油を使用しているので、必ず一酸化炭素が発生します


一酸化炭素が発生すると、一酸化炭素中毒になるリスクが発生します。


FullSizeRender









「幕内を締め切るのは危険なので、一酸化炭素がこもらないように、換気の為、幕内の窓や出入り口を少し開けて下さい



換気の方法は、幕内の窓や出入り口のメッシュを、30cmほどを2ヶ所開けること。


2016020707









ベンチレーションがあれば、必ず開けて下さい


一酸化炭素は、空気よりやや軽いので、ベンチレーションを開けることで、空気の循環になります。


IMG_5760





石油ストーブをつける時の幕内の換気は、窓か出入り口のメッシュを30cmほどを2ヶ所開け、ベンチレーションを開けて空気の循環をすること。











上記の方法は、我が家がいつもやっている換気の方法


もし心配なら、幕内が寒くならないように調整し、窓や出入り口をもう少し開けて下さい。


2016020707









石油ストーブは、しっかりと換気をするなら安全ですが、一酸化炭素が必ず発生して危ないので、一酸化炭素中毒だけには気をつけて下さい


幕内で石油ストーブを使うと、必ずつけてほしいのが、一酸化炭素警報機。




一酸化炭素警報機は、一酸化炭素中毒になるリスクを減らすので、必ず設置して下さい。


FullSizeRender

























まとめ:


FullSizeRender









石油ストーブは、燃料に灯油を使用しているので、必ず一酸化炭素が発生します。


幕内で石油ストーブを使用する場合、一酸化炭素中毒に注意をしないといけません。



一酸化炭素中毒は、幕内を締め切ると危険。


しっかりと換気をし、一酸化炭素警報機を必ず設置して下さい。


以上、「キャンプで石油ストーブを使うと安全?危ない?年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!