2021101701 (62)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021123101 (99)









「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」



真夏ほど気温が上がらず、真冬ほど寒くならないので、重装備ではなくてもキャンプができます。




焚き火だけでも暖が取りやすいのが、春や秋のキャンプ。


2021123101 (75)









「真冬のキャンプの場合、しっかりとした装備でキャンプをすると、自宅でいるよりも快適に過ごせます



2020111502 (14)









今回紹介するのが、オープンタープと石油ストーブの組み合わせ


2021101701 (61)









石油ストーブは幕内で使うと暖かく、暖房効果はあります


オープンタープの下で石油ストーブを使うと暖房効果がなく、石油ストーブの周りしか暖かくならないので、真冬の気温が下がる冬場だとかなり寒いです。


2021101701 (56)









今回は、春・秋・冬のキャンプで、オープンタープで石油ストーブは暖かいのか?詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









オープンタープで石油ストーブ:


2021101701 (46)









春や秋のキャンプは、真冬ほど寒くはならないので、我が家はオープンタープとテントの組み合わせでよくキャンプをします


春や秋は、昼間は気温が上がり、朝晩が冷え込みます。




昼間は、オープンタープの下で過ごし、朝晩寒くなるとテントに避難します。


2021101701 (29)









オープンタープを使用するメリットは、開放感があること


せっかくキャンプに来ているのだから、景色も楽しみたいです。




オープンタープでキャンプをすると、シェルターや2ルームテントでキャンプをするよりも、景色を楽しめ開放感が倍増します。



2021101701 (44)









春や秋のキャンプでも、風がある日はやっかいで、気温がそれほど低くなくても、体感温度が下がるので注意して下さい


2021101701 (53)









我が家は寒い時期、よくオープンタープと風除けの陣幕を張ります


風がないと、厚着をして石油ストーブの近くにいると、寒い時期でも割と暖かいです。




真冬以外のキャンプだと、それほど気温が下がらないので、陣幕+石油ストーブ+焚き火で快適。



2021101701 (52)









季節が真冬ほど下がらない、春や秋のキャンプなら割と快適に過ごせます


2021101701 (47)









春や秋のキャンプでオープンタープを使う場合、風除けの陣幕がかなり大事


我が家みたいに、オープンタープ+風除け陣幕+石油ストーブで快適に過ごせます。


2021101702









我が家の陣幕は、テンマクデザインから発売されている陣幕ミニを使用しています


最近は、日本製だけではなく、海外製の陣幕も発売されるようになりました。




海外製の陣幕を入れると、たくさんのブランドから発売されています。


たくさんある陣幕で、我が家がおすすめするのが、テンマクデザインから発売されている陣幕ミニ。


2021101701 (64)









陣幕ミニは、風の影響を軽減できるので、陣幕ミニの近くだと、焚き火がやりやすいです


テンマクデザインの陣幕ミニは、ポリコットン製なので、たとえ焚き火の火の粉か飛んできても、ダメージになったり穴があきにくくなっています。


2021101702









5本のフレームを本体の穴に通し、ガイロープをつけ、ペグダウンするだけなので、10分もかからず設営ができます


さすがテンマクデザイン製だというのが、幕の厚さと丈夫さ。




風が吹くと、しっかりとした生地でないと、破れる可能性もあるので、しっかりとした生地の陣幕ミニだと安心。


2021030602 (7)









フレームは、スチール製になっており丈夫


風の強い日に陣幕ミニを張る場合、フレームに強度がないと、風の力で曲がってしまいます。




フレームもしっかりとしたつくりで、強い風でも折れたりダメージが起きにくいです。


2020083102 (2)









陣幕ミニは、よくできた商品だと、いつも思います


2020083104 (1)









サイズは、300cm×高さ100cmあるので、4人家族でも大丈夫


高さ100cmというのがポイントで、座ると風除けになり、立つと景色がみえます。




あまり陣幕の背が高いと、景色をシャットアウトするので、開放感が減ります。



2020083103 (10)









石油ストーブは、風防がついていないので、風に弱いのが特徴


陣幕ミニを使用すれば、風の影響を少なくできるので、オープンタープに石油ストーブが使いやすいです。


2021101701 (62)

























真冬のキャンプ:


IMG_0026









冬のキャンプで、オープンタープを使って過ごすのは、かなり忍耐力が入ります


昼間は過ごせても、夜がかなり冷え込みます。




幕内で、石油ストーブを使うと暖かいので、夜は幕内で過ごせるような、テントやシェルターを選んでください。



2021101701 (23)









今キャンプで流行っているのが、パセコから発売されている石油ストーブ


FullSizeRender









パセコの石油ストーブが爆発的に流行っている理由は、デザインと値段の手軽さ


キャンプの石油ストーブでよく知られているのが、韓国製のアルパカストーブ。




アルパカストーブは、仕様がかわり値段も上がって、3万円以上もします。



FullSizeRender









「パセコの石油ストーブは、アルパカ製と同じ韓国製で雰囲気もアルパカストーブと似ています」


暖かさは、同じ3.0kwの暖房出力なので、アルパカストーブもパセコの石油ストーブも、暖かさはほぼ一緒。




デザインも暖かさも似ていて、違うのは値段だけ。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブは、2万円までで手軽に購入できるメリットがあります


灯油を入れて車て運んでも、灯油漏れをおこしません。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブは人気があり、一時期購入できないくらい売れていました


FullSizeRender


























まとめ:


2021101701 (62)









春や秋のキャンプでオープンタープを使用する場合、風除けの陣幕があると、かなり重宝します。


石油ストーブをつけた時も、陣幕が風を軽減するので、風がある日でもオープンタープで石油ストーブが使いやすいです。


オープンタープに石油ストーブは、春や秋のキャンプではおすすめですが、冬キャンプだとかなり寒いので注意が必要です。


以上、「オープンタープで石油ストーブってあり?年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック