2021123102 (1)








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2021100401 (55)









数年前は、家族でキャンプによく行っていた我が家ですが、子供が大きくなるにつれ、最近は夫婦でキャンプに行っています


我が家のキャンプの楽しみは、夫婦でゆったりと過ごすこと。


202201161 (80)









夫婦共にお酒を飲むので、お酒に合うおつまみや料理を作り、ゆったりとお酒を飲んでいます


後は、焚き火をしながら過ごすのも、キャンプの楽しみ。


202201161 (47)









焚き火をする時は、焚き火専用のスペースをつくり、のんびりと焚き火をしながら雰囲気も楽しんでいます


2021123102 (3)









今回紹介するのが、我が家の焚き火専用のテーブル


我が家が焚き火をする時、焚き火をする専用のテーブルがあり、焚き火台の近くにそのテーブルを置いています。


2021123101 (75)









我が家がなぜ、メインテーブルの他に、焚き火専用のテーブルがあるかというと、焚き火専用テーブルに耐熱性がある為


2021101701 (58)









今回は、焚き火をする時に、焚き火専用のテーブルが必要かどうか?詳しくブログで、紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

 Instagram









チルキャンピング:


2021100401 (64)









我が家はキャンプに行くと、必ず焚き火をします


焚き火をするのは夜で、昼間はあまりしません。




我が家が夜によく焚き火をする理由は、焚き火の雰囲気を、より楽しみたいから。


2021123103 (9)









焚き火は暖を取るだけではなく、揺らめく炎をみるのも焚き火をする楽しみのひとつ


より焚き火を楽しむ為に、我が家は夜によく焚き火をします。




夜は昼間と違って見にくいので、耐熱性があるテーブルを使用しないと、知らないうちにテーブルが溶けていたりダメージになるリスクが高いです。


2021123103 (10)









我が家はメインのテーブルに、ダルトンのアルミコンテナを使用


2021100401 (70)









ダルトンのアルミコンテナは、コンテナボックスになっているので、いろいろな道具を収納できます


テーブルにできて、収納にもなるダルトンのアルミコンテナはおすすめ。


2021012201 (2)


















「ダルトンのアルミコンテナは、耐熱性ではないので、我が家は焚き火専用のテーブルがあります



焚き火をする時、火の粉が飛んできたり、焚き火の近くに置くので、熱に強いテーブルでなければいけません。




火の粉と熱に強いテーブルを選ばないと、テーブルが溶けてしまったり、ダメージになるリスクがあります。


2021100401 (108)










我が家は、焚き火をする時に、チルキャンピングの焚き火テーブルを使用



2021100401 (81)










チルキャンピングの焚き火テーブルは、楽天のアウトドアテーブルランキングで、常に上位の商品


チルキャンピングの焚き火テーブルが、人気のある理由は、3千円台と手軽に購入できること。




最近は材料の高騰もあって、キャンプ用品の値段が上がっている中、3千円台で購入できるのはありがたいです。


2021100401 (77)










サイズは、30×65cmで高さな18cm


とても使いやすいサイズで、高さも絶妙です。




焚き火をする時のテーブルとして、とても使いやすいです。



2021100401 (108)










素材は鉄で出来ており、耐火塗装してあるので、そのまま直火にかけらます



熱々のダッチオープンやフライパンも直接置けるので、とても便利。


2021100401 (88)










脚もしっかりとしていて、丈夫につくらています


2021100401 (89)










耐荷重が30kgもあるので、重い荷物や我が家はクーラーボックスを置いています


2021100401 (90)










収納時は2.5cmと薄いので、車に積載する時、ちょっとしたスペースに入れることが可能



FullSizeRender









ポリエステル製の収納袋もついており、持ち運びにとても便利


FullSizeRender










我が家が、チルキャンピングの焚き火テーブルを気に入っている理由は、値段の安さの他、見かけの良さもあります



ブラック色のアイアンの無骨さと、サイドの木製のおしゃれさが混ざって、とてもかっこいいテーブル。


2021100401 (85)










年間50泊行くキャンプに、チルキャンピングの焚き火テーブルを必ず持っていきます


2021100401 (84)

























まとめ:


2021100401 (78)









焚き火をする時のテーブルは、焚き火台の近くに置くことが多いので、火の粉と熱に強いテーブルを選んで下さい。


我が家は、メインテーブルと焚き火のテーブルを分けてますが、荷物になるという方は、焚き火のテーブルをメインテーブルにされてもいいですね。


焚き火は、キャンプの楽しみと思うので、火の粉と熱に強いテーブルを選び、思う存分に焚き火を楽しんでくださいね。


我が家も焚き火の時は、火の粉と熱に強いテーブルを使用しています



以上、「キャンプで焚き火のテーブルは必要?年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!