2021123101 (96)








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなキャンプブランドからたくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています



たくさんあり過ぎて、購入するのに、どのブランドのどの形のキャンプアイテムを選んだらいいか迷います。


2021123101 (79)









少し前は、キャンプ用品を自作でつくられる方もおられましたが、現在は少ないような気がします


我が家も、数年前は気に入った木製ポールがなく、自作でつくった覚えがあります。


2016011906









今やキャンプ用品の種類は、たくさんあり過ぎて自作をする必要ないと感じています


2022010901 (8)









今回紹介する、焚き火の時に使用するテーブルも自作をする必要はありません


我が家のおすすめは、チルキャンピングから発売されている焚き火テーブル。


2021100401 (86)









チルキャンピングの焚き火テーブルのおすすめなところは、3千円台で販売されている値段の安さ


安かろう悪かろうなテーブルではなく、値段以上にしっかりとしたつくりで丈夫。


2021100401 (85)









今回は、3千円台で購入できるチルキャンピングの焚き火テーブルを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

 Instagram









チルキャンピング:


2021101701 (58)









チルキャンピングの焚き火テーブルを購入すると、焚き火で使うテーブルを自作する必要はないと思います


その理由は、3千円台と手軽に購入できるから。


2021123101 (77)









キャンプ用品を自作する理由として、欲しいサイズや形がない・人と違うものが欲しい・値段を安く抑えたいということがあると思います


2021123101 (73)









チルキャンピングの焚き火テーブルは、今人気かあり売れているといっても、まだまだ使用されている方は少なく、人ともかぶりにくいです


3千円台の値段設定になっており、コスパが良いのが特徴。




人とかぶることなく、コスパがいいので、我が家は使用していて満足。


2021100401 (84)










チルキャンピングの良さ:


2021100401 (87)









サイズが、30×65cmで高さが18cm


数字だけでは、イメージできないと思いますが、テーブルの大きさはちょうどよく高さも絶妙。


2021100401 (81)









耐荷重が30kgもあるので、重たいボックスや、我が家はクーラーボックス置きとしても使用しています


2021100401 (90)









テーブルの素材は鉄製で、耐火塗装をしてあるので直火が可能


熱々のダッチオープンやフライパンを直接置けるので、とても便利。




我が家は、焚き火の時のサイドテーブルとしても使用しています。


2021123101 (75)









素材の鉄も厚みがあり、脚もしっかりとしているので丈夫で頑丈


ガンガン使用しても痛むことなく、長く使えます。


2021100401 (89)









厚みが2.5cmと薄くなるので、車の積載の時、ちょっとした隙間に入れられます


パッと脚を開くだけで使え、脚を畳むと片付けられるので、とても簡単。




我が家が頻繁に使う理由てして、設置と片付けが簡単にできるということがあります。


FullSizeRender









ポリエステル製の収納袋がついているので、持ち運びにも便利


FullSizeRender









「チルキャンピングの焚き火テーブルを、我が家が気に入っている理由に、見た目の良さがあります


2021100401 (79)









アイアン製のブラック色に、サイドの木製が混ざり、無骨ながらも柔らかい雰囲気のするテーブル


無骨ながらもおしゃれに見えるのは、サイドにある木製の部分がポイントだと思います。


2021100401 (87)









チルキャンピングの焚き火テーブルは、年間50泊キャンプに行く我が家が必ず持っていくキャンプアイテム


2021100401 (85)

























まとめ:


2021100401 (82)









チルキャンピングの焚き火テーブルは、3千円台で購入できる手軽さ。


サイズがちょうどよく、高さが18cmと絶妙。


値段以上につくりがしっかりとしており、長く使用できると思います。


焚き火に使うテーブルを自作するとなると、時間と手間がかかります。


自作でつくったけど、うまくいかず、結局は使わなくなったということもあり得ます。


我が家は、自作するよりチルキャンピングの焚き火テーブルがおすすめ。


以上、「焚き火のテーブルは自作する必要なし!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!