FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_5434







 

年間50泊すると、ほぼ毎週がキャンプ


 

我が家は年間50泊するキャンプに、いろいろなテントを使用しています。



 

いろいろなテントの中で、比較的よく使うのがノルディスクから発売されているアスガルド。

 

FullSizeRender








アスガルドの他、我が家はアルフェイムとユドゥンを保有しています


FullSizeRender

FullSizeRender







 

今回は、ノルディスクのアスガルドにおすすめの石油ストーブを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 







2020011652





*タイトル
アスガルド7.1・12.6・19.6に合う石油ストーブはこれしかない!詳しくブログで紹介


IMG_5758

 






アスガルドのおすすめ石油ストーブ


 

FullSizeRender







 

アスガルドは、7.1・12.6・19.6の3種類のサイズがあります


 

石油ストーブはアスガルドのサイズによって、選び方が変わってきます。

 

FullSizeRender










アスガルド7.1


 

アスガルド7.1は、300×265cmのサイズで200cmの高さ


 

こじんまりしたサイズの7.1は、レインボーストーブで十分に暖かいです。


FullSizeRender








パセコストーブやアルパカストーブだと、真冬のキャンプでも、より暖かく過ごすことができます

 


FullSizeRender










アスガルド12.6


  

アスガルド12.6は、400×375cmのサイズで250cmの高さ


 

パセコストーブやアルパカストーブで、幕内を暖めてくれます。

 


トヨトミKS-67Hやコロナ対流型ストーブがあると、真冬のキャンプでもかなり暖かいです。

 

 
FullSizeRender










アスガルド19.6


 

アスガルド19.6は、500×470cmのサイズで300cmの高さ


 

真冬のキャンプで幕内を暖めならトヨトミKS-67Hか、コロナ対流型ストーブなどの大型石油ストーブが必要。

 

FullSizeRender










レインボーストーブ



我が家は、レインボーストーブを春や秋のキャンプに、メインで使用しています


 

こじんまりした幕なら、冬キャンプでも使えます。


IMG_1169







 

レインボーストーブのおすすめな所は、圧倒的な燃費の良さ


 

連続燃焼時間が20時間になっています。


FullSizeRender







 

灯油を満タンにして、ハイパワーで使用しても20時間使えます


 

1泊2日のキャンプなら補給用のポリタンクは必要ありません。



 

補給用のポリタンクを持っていく必要がないので、荷物の削減にもなります。


FullSizeRender







 

レインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工がされている為、炎が7色に輝きます


 

燃焼中は、40wの灯りで柔らかく照らしてくれます。



 

7色に輝く炎と40wの灯りで、見ているだけで癒される石油ストーブ。

 


FullSizeRender



トヨトミレインボーストーブ

燃焼継続時間:20~40時間 

暖房出力:2.5kW 

寸法:388X474X388(h) 

質量(Kg): 6.2


















パセコストーブ



パセコストーブは、キャンプで使う石油ストーブで、一番人気で売れている商品

 

人気で売れている理由は、1万円台で購入できる手軽さと、冬キャンプでも使える暖かさがあります。


FullSizeRender








 
暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使用できます



IMG_1635







 

値段の安さと冬キャンプでも使える暖かさで選ばれるなら、パセコストーブがおすすめ

 

FullSizeRender



パセコストーブ

燃焼継続時間:18時間 

暖房出力:3.0kW 

寸法(置台を含む):
Φ325×441

質量(Kg): 5.2























アルパカストーブ


 

アルパカストーブは、キャンプの定番で昔から使われているロングヒット商品


 

韓国製の石油ストーブながら、日本の厳しい安全基準をクリアしているので、安心して使用できます。


FullSizeRender




 



暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさ


FullSizeRender







 

安全で尚且つ、冬キャンプでも使える暖かさのあるのがアルパカストーブ

 


FullSizeRender


 

アルパカストーブ

燃焼継続時間:10時間 

暖房出力:3.00kw 

寸法:420×350×350(h) 

重量:6.4㎏


























コロナ対流型ストーブ



コロナ対流型ストーブは、暖房出力が6.59kwあり、キャンプで使う石油ストーブで最強と言われています


FullSizeRender







 

我が家は、ノルディスクのアルフェイム19.6に使用


 

500×500×350cmのノルディスクアルフェイム19.6のサイズ。


FullSizeRender








冬キャンプに大型ワンポールテントで、コロナ対流型ストーブを使っています


FullSizeRender







 

冬キャンプに、大型幕を使用されるならコロナ対流型ストーブがおすすめ

 

 

FullSizeRender



コロナ対流型石油ストーブ 

燃焼継続時間:10.9時間 

暖房出力:6.5kW 

寸法:460X598X460(h) 

質量(Kg): 11


























トヨトミKS-67H


 

トヨトミKS-67Hも暖房出力が6.66kwあり、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われています


 

こちらも真冬のキャンプに、大型幕を使用される方におすすめ。

 


 

キャンプ最強の石油ストーブと言われているだけあって、とても暖かいです。

 

FullSizeRender



トヨトミKSシリーズ 

燃焼継続時間:10時間 

暖房出力: 6.66kW 

寸法:482X482×586(h) 

質量(Kg): 11

























まとめ



IMG_8481









アスガルドは、7.1・12.6・19.6の3種類のサイズがあります。


 

石油ストーブはアスガルドのサイズによって、選び方が変わってきます。

 


アスガルド7.1は、300×265cmのサイズで200cmの高さ。


 

こじんまりしたサイズの7.1は、レインボーストーブで十分に暖かいです。


パセコストーブやアルパカストーブだと、真冬のキャンプでも、より暖かく過ごすことができます。

 


アスガルド12.6は、400×375cmのサイズで250cmの高さ。


 

パセコストーブやアルパカストーブで、幕内を暖めてくれます。

 

トヨトミKS-67Hやコロナ対流型ストーブがあると、真冬のキャンプでもかなり暖かいです。

 

 

アスガルド19.6は、500×470cmのサイズで300cmの高さ。


 

真冬のキャンプで幕内を暖めならトヨトミKS-67Hか、コロナ対流型ストーブなどの大型石油ストーブが必要。


以上、「アスガルド7.1・12.6・19.6に合う石油ストーブはこれしかない!詳しくブログで紹介
」でした。






キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)

























キャンプ用品セールCheck!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック