2020051204








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからたくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています



昔に比べてアウトドアブランドも増えたので、キャンプアイテムが選びやすくなりました。


202201161 (83)









今回紹介するキャンプで使うフライパンも、いろなブランドから発売されています


新規のブランドや、海外製を入れるとたくさんの数。




キャンプで使うフライパンの購入に迷ったら、昔から今も人気のあるロングヒット商品を選ぶのもひとつの方法。


FullSizeRender









昔から今も人気があるのが、ターク社から発売されているタークのフライパン


タークのフライパンは、キャンプで使うフライパンで、昔から今も人気ナンバーワンの商品。


FullSizeRender









タークのフライパンが人気のある理由は、使い勝手の良さと無骨でかっこいいデザイン


ドイツ製のタークのフライパンは、職人が一つ一つ手作りで丁寧につくられており、購入すると一生使える丈夫さ。


FullSizeRender









今回は、キャンプのフライパンで人気のあり売れているタークのフライパンを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

 Instagram









*タイトル
キャンプでステーキのフライパン


FullSizeRender









食材を美味しく焼くのは、テフロン加工のフライパンより鉄製のフライパン


鉄製のフライパンは、熱伝導に優れている為、高温で調理をすることができます。




肉は、短時間でムラなく熱を通すことができ、旨味を逃しません。


2021020305 (7)









キャンプの楽しみは、人それぞれいろいろとあります


我が家は、キャンプで美味しく料理を食べるのが楽しみ。




自宅では、テフロン加工のフライパンを使用してますが、美味しく料理を作って食べたいということで、キャンプでは鉄フライパンを使用しています。


2020051204









鉄フライパンで人気があり売れているのが、ドイツ製のタークのフライパン


2021020301 (4)









タークのフライパンは、他の鉄フライパンより厚みがあり、より食材を美味しく焼くことが可能


FullSizeRender









1857年に創業したターク社は、150年以上も続く老舗の企業。


150年も鉄フライパンを作り続けてきたターク社だからこそ、安心して購入することができます。


FullSizeRender









「タークのフライパンには、クラッシックとローストの2種類があります



FullSizeRender









クラシック


クラッシックは、1枚の鉄板から作られたフライパンで、繋ぎ目がない一体型構造


一体構造で、取っ手が取れることがないので、100年使えると言われています。


FullSizeRender









職人が一つ一つ手作りで、丁寧につくられており、もう一つの種類のローストと比べて、値段設定は高くなっています


孫の代まで使用できるクラッシックは、値段は高いですが、長く使えるので購入して損はないと思います。


FullSizeRender









クラッシックは、素材の鉄の厚みが3mmあり、より熱伝導率に優れているので、他のフライパンより食材を美味しく焼くことが可能


サイズが28㎝あると、いろいろな料理ができるのでおすすめ。


FullSizeRender

























ロースト


ローストは、機械生産で大量につくられたフライパンなので、手軽に購入しやすい値段になっています


FullSizeRender









職人がハンドメイドでつくるクラッシックと違い、バリエーションが豊富で、浅型・深型、ハンドルを短く折り曲げたベントハンドルなど、いろいろ好みに合わせて購入できます


ローストは、我が家も保有しており、とてもしっかりとしていて丈夫。


2021020301 (4)









鉄の厚みが2mmもあるので、食材がおいしく焼け便利に使用しています


2020051201 (8)









ローストは、クラッシックに比べて、3分の1の価格なので手軽購入できます



我が家は、ローストを使用してますが、ローストでも十分に、食材の美味しさを引き出してくれます。


FullSizeRender





















ステーキ



キャンプはバーベキューというイメージがありますが、タークのフライパンがあると、ステーキが美味しく焼けるのでおすすめ


2020051201 (5)









タークのフライパンでステーキを焼くと、温度が下がらず水分をよく飛ばすので、外はカリッと、中は肉汁を留めたジューシーな仕上がりになります


2020051204










熱の伝わり方を均等にする為、ステーキを常温に戻します


2020051901 (2)









オピネルナイフで、筋切りをします


筋切りをしておくと、肉を柔らかく美味しく焼くことが可能


2020051901 (3)









我が家は、キャンプで使うナイフに、オピネルナイフを使用



オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで流行っており、かなり売れている商品。


2021030903 (8)









持ち手が木製になっていて、見た目が良いのもオピネルナイフの良いところ



オピネルナイフは、いろいろなサイズがあるので、自分好みの大きさを選ぶことが可能。


2020060401









我が家は、ステンレス製の10番を使用しています



2021030903 (9)

























下味はマキシマム


2020051901 (5)









マキシマムは、キャンプで使用する3大スパイスのひとつ


他に、ほりにしと黒瀬のスパイスがあります。


2021060603 (3)









マキシマムは他の2種類のスパイス、ほりにしや黒瀬のスパイスより肉によく合います



一時期は爆発的な人気で、どの店も売り切れでしたが、今はだいぶん落ち着いてきました。


2021030904 (5)









マキシマムは、キャンプで使うスパイスの中の王者で、肉以外にもどんな食材とも合います


2021122601 (17)
























タークのフライパンで焼く


2020051201 (4)









タークのフライパンを煙が出るまで熱し、ステーキを入れて裏表焦げ目をつけます


2021020303 (9)









裏表焦げ目がついたら弱火にし、中まで火を通します


中の火の通し具合は、好みで焼いて下さい。




タークのフライパンでステーキを焼くと、外はカリッと中は肉汁を溜めたジューシーな仕上がりになります。


2020051204









クラッシックは、一体構造で取っ手が取れることがないので、100年使えると言われています


どちらかと言うと、クラッシックの方が売れています。


FullSizeRender

























ローストは、機械プレスで大量生産されているので、手軽に購入しやすい値段


我が家もローストを使用しており、食材を美味しく焼いています。


FullSizeRender





















まとめ


2021020305 (8)









キャンプで昔から今も流行っているのが、タークのフライパン。


タークのフライパンが人気のある理由が、使い勝手と見た目の良さ。


鉄フライパンで最強と言われており、食材を美味しく焼くことが可能。


我が家もキャンプで使用しており、タークのフライパンで美味しいご飯を作っています。


以上、「キャンプでステーキ!このフライパンを使うと超美味しくなる!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック