FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い時期まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




年間50泊もしていると、よい天候の時だけではなく、天候が悪い時もあります。


2021040805 (5)









天候で、気をつけてほしいのが雨より風


雨なら天気予報である程度は予測できますが、風の予想は中々難しいものがあります。




風に気をつけてほしい理由は、テントやタープの設営がペグのみで固定されているから。



特にオープンタープなどは、ペグが外れると崩壊してしまいます。


2021040803 (2)








風の強い時を想定して、使用するペグはしっかりとしたものが必要


2020092202 (4)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家のおすすめするペグと、使用するペグの本数を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
キャンプでペグの本数


2020112207









テントやタープを購入すると、ペグは付属品として付いてきます



ただ、付属品として付いてくるペグは、粗悪品が多くメインのペグにすると危険。




付属品のペグの多くは、アルミペグやプラスチックペグで、芝サイトだと何とかペグダウンできますが、コンディションの悪いサイトだと難しいものがあります。



IMG_9106









利用するサイトは、コンディションの良い芝サイトだけではなく、コンディションの悪い砂利サイトや土のサイトもあります


特に地面が石ころが多い場所だと、プラスチックペグやアルミペグだと、地面の中に入っていきません。


2021101701 (45)









ペグは、どんなコンディションの悪いサイトでも、ガンガン入っていくペグではないと、タープやテントを設営する時に苦労します



風が強い時は、しっかりと固定しておかないと、テントやタープの崩壊にも繋がります。


202201161 (83)









最近は、キャンプブームということもあり、どこのキャンプ場も混んでいて満サイト



周りには、たくさんの方がおられます。




風でテントやタープが飛んでいくと危険。



2020050402 (5)









風が強い時は、しっかりとペグが抜けないように、固定が必要です


2021100401 (55)









テントやタープに使う最強のペグと言われているのが、鍛造ペグ


鍛造ペグは、熱した鉄をハンマーやプレスで叩いて成形します。




どんな地面でもガンガン入っていき、風が強くても抜けるリスクが少ないので使用していて安心。


2020092202 (5)









鍛造ペグで有名なのが、スノーピークから発売されているソリッドステーク



我が家もスノーピークのソリッドステークは、数十本保有しています。


2020082901 (3)









ソリッドステークは、品質が良い鍛造ペグですが、値段が高いのがデメリット



数十本揃えると、けっこうな値段になってしまいます。


2020082901 (2)









我が家のおすすめは、スノーピークのソリッドステークより値段は安いのに、ソリッドステークと匹敵するほどの丈夫さ


我が家も使用する、村の鍛冶屋のエリッゼステークがおすすめ。


2020092202 (4)









エリッゼステークは、値段が手頃なので、数十本と揃えやすいです



2020052301


























ペグの本数


2020112207









テントやタープは、いろいろな種類かあるので、使用するペグの本数も変わってきます


テントのみを張るだけなら、それ程数はいりません。




暑い時期は、テントの設営だけではなく、日除けタープとしてオープンタープを張ることが多いです。


IMG_6073









テント+オープンタープの想定を考えて、我が家は30本の鍛造ペグを持っています


鍛造ペグが30本あれば、2ルームテント+オープンタープの設営も可能。


2020112208









鍛造ペグで、我が家も使用のエリッゼステーク


エリッゼステークは、とても丈夫な鍛造ペグで、地面の硬い土サイトや砂利サイトなど、コンディションの悪いサイトでも、ガンガン入っていきます。


2021123101 (99)









1本の価格が安いので、30本を目安に購入しても、それ程値段は高くなりません


エリッゼステークの長さは、メインのペグに使用するなら28cmがベスト。


2020092202 (4)









エリッゼステークの18cmは、テントのスカートを固定するのに使用しています


2020090502 (5)









「エリッゼステーク28㎝は、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするペグ


2020092202 (4)

























我が家は、エリッゼステークやソリッドステークを、トラスコのツールボックスに入れています


鉄製なのでとても丈夫で、30本以上の鍛造ペグが入ります。


2020112205 (4)

2020112208









「トラスコのツールボックスは、値段が手頃でしっかりとしていて頑丈


年間50泊する我が家がおすすめするペグケース。


2020112205 (1)

























「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























まとめ


2020082901 (3)









サイトの地面は、コンディションのいい芝サイトだけではありません。


コンディションの悪い砂利サイトや土サイトの場合もあります。


硬い地面でもガンガン入るのが、鍛造ペグと言われるもの。


その鍛造ペグの中で、我が家も使用している村の鍛冶屋のエリッゼステークがおすすめ。


30本あれば、どんな場合でも対応できるので、ペグは30本を目標に購入されたら良いと思います。


以上、「キャンプで使うペグの本数はこれだけあると完璧!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック