202201161 (79)








「年間50泊程、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


202201161 (82)









我が家が夏以外の季節、春秋冬キャンプに気をつけているのが寒さ対策


2021123101 (67)









春や秋のキャンプは寒暖差があり、朝晩が冷え込みます


冬キャンプは、1日を通して気温が下がります。




春秋冬キャンプを暖かく快適に過ごすには、暖房器具が必要です。


2021123102 (8)









最近は、キャンプブームということもあり、寒い時期にキャンプをする方も増えてきました


それに伴い、暖房器具の種類も昔に比べて増えてきています。




いろいろある暖房器具の中で、手軽に使用できるのが、石油ストーブだと思います。


2021101701 (34)









石油ストーブは、燃料に灯油を使用している為、電源がないサイトでも使えます


2021101701 (23)









燃料が灯油のみなので、手軽に使用できる石油ストーブですが、幕内で使う時は、特に気をつけないと大変なことになってしまいます


石油ストーブをつけると、必ず一酸化炭素が発生するので、一酸化炭素中毒にならないように対策が必要。


FullSizeRender









今回は、幕内で石油ストーブをつける時の対策と、換気の方法を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
テントで石油ストーブを使う時の対策


FullSizeRender









石油ストーブは、燃料が灯油のみなので、手軽に幕内で使用できます


手軽に使用できる石油ストーブですが、付けると一酸化炭素が発生するので、対策が必ず必要。


FullSizeRender









幕内で石油ストーブをつける時、特に気をつけてほしいのが床がある一体型のテント


床と本体がくっついているテントは、機密性が高いので、テント内を締め切ると一酸化炭素中毒になるリスクが高いです。


2021101701 (24)









「幕内で石油ストーブを付ける場合、一酸化炭素中毒にならないように換気が必要


空気の循環がないと、一酸化炭素中毒になるリスクが高まるので、テントで石油ストーブを使用する時は、必ず換気をして下さい。


2021101701 (28)









我が家の換気方法として、下部のベンチレーションや出入口のメッシュ部分を、最低30㎝以上を2ヶ所開けています。


2016020707









上部にベンチレーションがある場合は、必ず開いて下さい


一酸化炭素は空気よりやや軽いので、ベンチレーションを伝って外に排出されます。




上部のベンチレーション開けることで、より空気の循環ができます。


IMG_5760









気をつけて欲しいのが、一酸化炭素中毒が心配たがらといって換気をし過ぎると、テント内の温度が上がらず寒い思いをしなければいけません


換気はほどほどにして、一酸化炭素中毒にならないように気をつけて下さい。


2021101701 (26)









2ルームテントのリビングやシェルターなど床がない幕は、幕の裾部分から隙間風が入ってくるので空気の循環ができます


床があるテントより、一酸化炭素中毒になるリスクは少ないです。




だからといって締め切ると危険なので、床があるテントと同様に換気を必ずおこなって下さい。


2021123102 (4)









幕内で石油ストーブをつける時は、必ず一酸化炭素警報機を使用して下さい


FullSizeRender

























パセコ石油ストーブ


FullSizeRender









キャンプで使う石油ストーブで、爆発的に流行ったのがパセコの石油ストーブ


パセコの石油ストーブは、人気があり売れ過ぎて、一時期購入出来ない時もありました。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブの人気がある理由は、2万円程で購入できる手軽さ


キャンプで有名なアルパカストーブの値段が3万円程なので、アルパカストーブよりパセコの石油ストーブの方が手軽に購入できます。


FullSizeRender









パセコの石油ストーブとアルパカストーブは、暖かさや見た目がかなり似ています


FullSizeRender

FullSizeRender









石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります


パセコの石油ストーブの暖房出力は3.0kw。

アルパカストーブの暖房出力は3.0kw。










パセコの石油ストーブもアルパカストーブも暖房出力が同じなので、暖かさもほぼ一緒


見た目も、かなり似ています。




アルパカストーブより値段が安く、手軽に購入できるということで、人気があり爆発的に売れている石油ストーブ。


FullSizeRender

























まとめ


FullSizeRender









石油ストーブを付けると、必ず発生するのが一酸化炭素。


幕内で石油ストーブを使用すると、一酸化炭素中毒にならないように対策が必要です。


我が家の換気方法として、下部のベンチレーションや出入口のメッシュ部分を、最低30㎝以上を2ヶ所開けています。


上部にベンチレーションがあれば、必ず開いて下さい。


ベンチレーションを開けることで、より空気の循環ができます。



石油ストーブは、灯油さえ入れておけば簡単に使えます。


手軽に使えて暖かいので、寒い時期の必需品。


手軽に使えますが、付けると一酸化炭素が発生するので、一酸化炭素中毒にならないように注意して下さい。


幕内で石油ストーブを使用する時は、必ず一酸化炭素警報機を設置して下さい。


以上、「一酸化炭素中毒の対策と換気!テントで石油ストーブを使う時は絶対に注意して!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック