FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


202201161 (82)









一年を通してキャンプに行くと、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります


1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ。




キャンプをしていて不快で、平地だと夜も気温が下がらず熱帯夜になることがあります。


2020082303 (1)









冬キャンプは、過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした暖房器具を使用すると、自宅で過ごすより快適です


2021101701 (35)









1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ


真冬ほど気温が下がらず、真夏ほど気温が上がらないので、重装備でなくてもキャンプができます。




焚き火だけでも暖が取れるのが、春や秋のキャップの良い所。


2021100401 (64)









春や秋のキャンプは、寒暖差が激しく、朝晩が冷え込むことがあります


春や秋のキャンプ、家族で使用しやすいのが2ルームテント。


FullSizeRender









2ルームテントは、家族で使いやすい形と大きさになっており、家族でキャンプをされる方に重宝します


昼間は温度が上がると、風通しがよくなるようにオープンスタイルにし、寒くなると締め切ると暖かいので、春や秋のキャンプに力を発揮してくれます。


FullSizeRender









今回は、2ルームテントで快適にする方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
テントで寝る時キャノピーはどうしてる


FullSizeRender









2ルームテントは、春夏秋冬使えるのが特徴


ワンポールテントやシェルターなど、いろいろあるテントと比べて2ルームテントの方が、使い勝手が良いと思います。




暑い時期は、オープンスタイルにすると、風通しがよくなり快適。


FullSizeRender









寒い時期は、暖房器具を付け幕を締め切ると暖かく過ごせます


FullSizeRender










春や秋は寒暖差が厳しいのが特徴


FullSizeRender









昼間は気温が上がるので、2ルームテントのリビング側にあるキャノピーを張って、影をつくり風通しよくして下さい


FullSizeRender









朝晩は気温が下がるので、リビング側にあるキャノピーは閉めて下さい


締め切ることで、外からの風の侵入を防ぎ、暖かく過ごせます。


FullSizeRender









2ルームテントの場合、リビングと寝室に別れます


就寝する時は、寝室のインナーテント側に移動するので、リビング側のキャノピーの開け閉めは関係ないと思われがちです。




ですがキャノピーを開けると、風や冷気が入ってくるので、インナーテントを締め切っても寒さが伝わってきます。


FullSizeRender









「就寝する時は、暖かく寝る環境を出来る限りつくりたいので、キャノピーは必ず閉めて下さい



FullSizeRender









それとは逆に夏の暑い時期は、出来るだけ涼しく過ごしたいので、キャノピーは開け風通しがよくなるようにして下さい


FullSizeRender









暑い時期か寒い時期かで、キャノピーの開け閉めは考えておく方が良いと思います


FullSizeRender









スノーピークのランドロックは、2ルームテントの王者と言われており、国内最大級の大型2ルームで、春夏秋冬快適に過ごせます


ランドロックの中でもアイボリー色は、とてもおしゃれな2ルームテント。


FullSizeRender

























石油ストーブ


FullSizeRender









「寒い時期に、簡単手軽に暖められるのが石油ストーブ



石油ストーブを1台保有しておくと、寒い季節でもテント内で快適に過ごせます。


FullSizeRender










レインボーストーブ


春や秋の暖房におすすめなのが、トヨトミのレインボーストーブ



トヨトミのレインボーストーブは、いろいろある石油ストーブで一番の燃費の良さ。


FullSizeRender









燃焼時間は、満タンにすると20時間あるので、1泊2日のキャンプなら燃料を補給しなくても大丈夫


自宅で灯油を満タンにすれば、補給用の灯油ポリタンクがいりません。


FullSizeRender









灯油を満タンにして車で運んでも、灯油漏れを起こさないので、安心して持ち運びできます


春や秋のキャンプなら、それ程気温も下がらないのでトヨトミレインボーで十分。


FullSizeRender

























パセコ石油ストーブ


FullSizeRender









冬キャンプは、パセコの石油ストーブがあれば快適


冬キャンプをされる方は、今流行りのパセコの石油ストーブがおすすめ。


FullSizeRender









「キャンプで使う石油ストーブで、爆発的に流行ったのがパスコの石油ストーブ


パセコの石油ストーブは、人気があり売れ過ぎて、一時期購入出来ない時もありました。


FullSizeRender









「パセコの石油ストーブの人気がある理由は、2万円程で購入できる手軽さ


キャンプで有名なアルパカストーブの値段が3万円程なので、アルパカストーブよりパセコの石油ストーブの方が手軽に購入できます。


FullSizeRender









「パセコの石油ストーブとアルパカストーブは、暖かさや見た目がかなり似ています


石油ストーブの暖かさを知るのに、暖房出力という数字があります。


FullSizeRender




パセコの石油ストーブの暖房出力は3.0kw。


アルパカストーブの暖房出力は3.0kw。









「パセコの石油ストーブもアルパカストーブも暖房出力が同じなので、暖かさもほぼ一緒



見た目も、かなり似ています。


FullSizeRender

FullSizeRender









「アルパカストーブより値段が安く、手軽に購入できるということで、パセコの石油ストーブは人気があり爆発的に売れている石油ストーブ


FullSizeRender

























まとめ


FullSizeRender









春や秋のキャンプは、寒暖差が激しいのが特徴。


昼間は暑いので、キャノピーを開けていても、就寝する時は閉めて下さい。


締め切ることで、冷気を遮断し風が入ってこないようにします。


キャノピーはリビング側にあるので、寝る時はあまり関係ないと思われがちです。


リビング側を締め切ることで、外より気温が下がらず暖かい空気がこもるので、外からの冷気が伝わってきません。


それとは逆に夏場の暑い時期は、キャノピーを開けて暑い空気がこもらないように、就寝をして下さい。


以上、「テントで寝る時キャノピーはどうしてる?年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック