FullSizeRender








「最近のソロテントの支流は、パップ型テントやワンポールテントなどで、多くの方が使われていると思います



その中でドーム型テントは、昔から今も根強い人気があり、爆発的なヒットはありませんが、じわりじわりと売れています。


FullSizeRender









ソロのドーム型テントでよく知られているのが、コールマンから発売されているツーリングドームシリーズ


FullSizeRender




ツーリングドームには、ST・ST+・LX・LX+の4種類があり、形は同じですがサイズとフライシートに使われている素材が違います。









4種類あるツーリングドームの中で、上位グレードなのがLX+


ツーリングドームLX+は、サイズが大きくフライシートがしっかりとしているので、使い勝手がよくゆったりと過ごせます。


FullSizeRender









今回は、コールマンから発売されているツーリングドームLX+の使い勝手と、どんなポールを選んだらいいか詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
ツーリングドームlxプラスのポールサイズ


FullSizeRender









コールマンのツーリングドームは、ST・ST+・LX・LX+の4種類のサイズがあります


それぞれ形は同じですが、サイズとフライシートの生地が違います。


FullSizeRender










その4種類の中で、上位のクラスがLX+


LX+のインナーテントのサイズは、210×180cmで高さが110cm


2人分のシュラフが、ゆったりと敷けるのが特徴。


FullSizeRender









寝転がってみましたが、ソロで使うにはゆったりでき、荷物もたくさん入れることが可能


FullSizeRender









2人用のテントなので、ソロで使って荷物を入れても、ゆったりとしたスペースを確保できます


FullSizeRender










ダークテクノロジー


フライシートの生地は、ダークテクノロジーが採用されており、日光による温度上昇を軽減します


触り心地は、雨ガッパのような分厚さで、とてもしっかりとしたつくり。


FullSizeRender









フライシートの裏面は黒くなっており、フライシートを締め切ると真っ暗になります


FullSizeRender









天井部分に透明の窓があり、光を調整できます


FullSizeRender

FullSizeRender









「インナーテントの素材は、ポリエステル生地になっており、メッシュになる網戸共にしっかりとしたつくり」


FullSizeRender

FullSizeRender









前室のサイズは210×110cmあるので、ちょっとした荷物を入れることも可能です


FullSizeRender









コールマンのテント全体にいえることですが、出入り口が広いので、風通しがいいのが特徴


FullSizeRender

FullSizeRender










ツーリングドームLX+も風通しがよく、ダークテクノロジーを採用しているので、暑い時期でも快適


FullSizeRender









インナーテントは、フルクローズできるので、寒い季節も重宝します


FullSizeRender










グラスファイバー


ツーリングドームLX+のポールの素材は、グラスファイバー製を採用しており、強引に曲げを繰り返すと裂けてしまうことがあります


FullSizeRender









設営をする時は、一ヶ所に負担をかけず、ゆっくりと全体を曲げる感じで、ポールを設置して下さい


丁寧に使用していると、細いポールのグラスファイバー製でも、痛むことなく長く使用できます。


FullSizeRender










ツーリングドームLX+のポールサイズ


FullSizeRender










「ツーリングドームLX+は、フライシートをフルクローズでき、巻き上げることも可能」



ポールを使ってキャノピーを張り出すと、50cmほど広く使えます。




暑い時期はキャノピーを張り出し、インナーテントをメッシュにすれば、かなり涼しいです。



FullSizeRender









ツーリングドームLX+は、背が低いテントなので、より広く使うには使用するポールを高いものを選んで下さい


150cmぐらいのポールがちょうどいい大きさで、少し高いと思えば、ポールを傾けることで、ベストの高さになります。


FullSizeRender









150cmぐらいのポールでも、傾けることで高さ調整が可能


FullSizeRender









ツーリングドームLX+のポールサイズは、150cmぐらいがベストだと思います


FullSizeRender

























「ツーリングドームLX+は、ツーリングドームの上位グレードで、シリーズで一番人気があるテント



FullSizeRender

























まとめ


FullSizeRender









ツーリングドームLX+は、インナーテントの出入り口が広いので、風通しがいいのが特徴。


風通しがよくダークテクノロジーを採用しているので、暑い季節でも快適。


インナーテントは、フルクローズできるので、寒い時期でも重宝します。


ツーリングドームLX+は、春夏秋冬使えるソロのドーム型テント。


フライシートは、フルクローズにもでき、巻き上げることも可能。


暑い季節は、ポールを使うことで、キャノピースタイルにすることもできます。


キャノピーを張り出すことで、より広い空間をつくれるのでおすすめ。


ポールのサイズは150cmがベストで、150cmならより広く使えます。


以上、「ツーリングドームLXプラスのキャノピーポールはこのサイズがジャストサイズ!詳しくブログで紹介。」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 






























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック