IMG_6010








「年間50泊程、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_9794









我が家が寒い季節、真冬のキャンプに必ず持っていくのが焚き火に使うリフレクター


FullSizeRender









特に真冬の季節、気温が下がる朝晩は焚き火だけでは寒いので暖はとりにくいです


焚き火に使うリフレクターがあることで、真冬の季節でも焚き火だけで暖をとることが可能。


FullSizeRender









リフレクター効果は絶大で、リフレクターがあると真冬のキャンプでもかなり暖かく過ごせます


寒い季節、特に真冬の時期は、焚き火に使うリフレクターがあるのとないのとでは、かなり快適さが変わってきます。


FullSizeRender









今回は、焚き火に使うリフレクターでおすすめなサイズを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
焚き火のリフレクターでおすすめなサイズ


IMG_6037









最近は、キャンプブームということもあり、寒い季節にキャンプをする方も増えました


それに伴い、キャンプで使う寒さ対策グッズも、たくさんのアウトドアブランドから発売されています。




たくさんある寒さ対策グッズの中で、よく売れているのが、焚き火の時に使うリフレクター。



IMG_6033









我が家は、キャンプグリーブの大型反射板を使用


キャンプグリーブの大型反射板は、楽天で最も人気があり売れているの商品。




人気があり売れているのには、それだけの理由があります。


FullSizeRender









「素材はスチールの板に亜鉛メッキがされており、耐久性があり錆に強いのが特徴


持つとずっしりとしており、耐久性があるのがわかります。




しっかりとしたつくりで、痛むことなく長く使用できるのもキャンプグリーブの大型反射板の良さ。



FullSizeRender









焚き火の熱は拡散するので、真冬のキャンプで特に冷え込む朝晩だと寒いです


FullSizeRender









キャンプグリーブの大型反射板は、熱を反射させ集中させます


真冬のキャンプで特に冷え込む朝晩でも、キャンプグリーブの大型反射板を使えば、焚き火だけでも暖がとれます。


FullSizeRender

























焚き火のリフレクターのサイズ


キャンプグリーブの大型反射板のサイズは、5種類あります



幅は120cmと同じですが、30cm・40cm・50cm・60cm・70cmのサイズ。


FullSizeRender






リフレクターのサイズは、大き過ぎても小さ過ぎても駄目。

小さいと輻射熱効果が最大限得られず、大きいと持ち運びが大変。










我が家は、幅120cmで高さ60cmのリフレクター、キャンプグリーブの大型反射板を使用しています


60cmの高さなので、どんか焚き火台とも合い、特にファイアグリルとの相性も良いです。


FullSizeRender









キャンプグリーブの大型反射板で一番人気があり売れているのが、幅120cmで高さが60cmのサイズ


幅120cmで高さ60cmのサイズは、我が家も含めて、使い勝手の良いサイズとされています。


FullSizeRender










キャンプグリーブの反射板の付属品


キャンプグリーブの大型反射板は、Oリングが付属品として入っています



FullSizeRender









本体には小さな穴があいており、その穴にOリングをつけます


FullSizeRender









Oリングをつけることで、アルミペグや鍛造ペグで固定をすることが可能


FullSizeRender









収納ケースは、600Dの生地が採用されておりとても丈夫


しっかりとしていて丈夫なので、痛むことなく長く使用できます。


FullSizeRender









キャンプグリーブの大型反射板は、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするキャンプアイテム


IMG_6036

























まとめ


FullSizeRender









焚き火で使うリフレクターのサイズのおすすめは、幅120cmで高さが60cm。


120cmの幅と60cmの高さで、どんな焚き火台とも合い、特に我が家の使用するファイアグリルとの相性もぴったり。


リフレクターのサイズは、大き過ぎても小さ過ぎても駄目。


小さ過ぎると輻射熱効果が半減し、大き過ぎると持ち運びに邪魔。


焚き火に使うリフレクターのサイズは、幅120cmで高さが60cmがベストなサイズだと思います。


以上、「焚き火のリフレクターでおすすめなサイズ!寒い時期に必ず使う我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック