FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender








 

年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ


 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。


FullSizeRender








 

春や秋は寒暖差で、朝晩は気温が下がっても昼間は暑くなります


 

夏キャンプは1日を通して暑いまま。




 

春や秋キャンプは、暑さ対策をする必要もあります。


IMG_8322








 

夏キャンプは、しっかりとした暑さ対策が不可欠


FullSizeRender


 






 

暑くなると、クーラーボックスの保冷にも気をつけて下さい


FullSizeRender








 

今回は、クーラーボックスに入れる保冷剤を長持ちさせる方法と、最適な保冷剤の入れ方を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 








2020011652





*タイトル
クーラーボックスの保冷剤!最強の入れ方と時間を長持ちさせる置き方


FullSizeRender






保冷剤の目安と個数


クーラーボックスに入れる保冷剤は、量が多ければ多いほど、保冷能力は上がります


 

保冷能力を上げる為、クーラーボックスに入れる保冷剤を増やす方がいいのですが、保冷剤を入れ過ぎると食材を冷やすスペースが減ります。




 

クーラーボックスに入れる保冷剤は、多くても少なくても駄目。


IMG_1165








 

クーラーボックスに入れる保冷剤の量は、4分の1くらいがベスト


 

夏場は特に気温が上がるので、クーラーボックスの大きさに対して4分の1程度の保冷剤を入れておくと安心。


IMG_1135





 





保冷剤はどのくらいもつの?


 

我が家は、コールマンのスチールベルトクーラーを使用していて51Lの大容量


IMG_8334








 

夏キャンプに、コールマンのスチールベルトクーラーを使用する場合、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3つ入れています


 

51Lのスチールベルトクーラーに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3つ入れておくと、真夏のキャンプでも1泊2日のキャンプなら十分に保冷を維持してくれます。


IMG_1225



 





 

20L〜30Lのクーラーボックスだと、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れるとベスト


FullSizeRender








 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、夏場でも長時間冷たさをキープしてくれます


IMG_1194




 




 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLは、ロゴスの氷点下パックシリーズの中で一番大きなサイズ


 

−16℃を長時間維持するロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります。


IMG_1431








 

食べものや飲みものはもちろん、冷凍食品やアイスクリームまで保冷できる強力な最強の保冷剤


 

夏キャンプでもロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、保冷に関しては全く心配はいりません。


IMG_1130
























 

保冷剤を長持ちさせる方法


FullSizeRender

 





保冷剤の入れ方と配置


 

冷たい空気は上から下に移動するので、保冷剤は上に配置するのが基本


ただクーラボックスのサイズが大きくなると、上に配置した保冷剤の冷気が下まで届きません。




 

大型のクーラボックスを使用されている場合は、上と下に保冷剤を挟み込んで下さい。


FullSizeRender

FullSizeRender








 

上と下に保冷剤を配置することで冷気がサンドイッチになり、より効果的に保冷ができます


もしくは上と壁側に保冷剤を設置すると、クーラーボックス全体に冷気が行き渡ります。

 


FullSizeRender










氷と保冷剤のどっち共使う

 

ペットボトルを凍らすと、保冷剤代用として使用できます


FullSizeRender








 

春や秋のキャンプなど、それ程暑くならない時期は、保冷剤代用として凍らしたペットボトルだけでもOK


 

夏キャンプは気温が上がるので、保冷剤+凍らしたペットボトルを使用すると、より長時間保冷を維持できます。

 

 
IMG_1226










長持ちさせるコツは食材を凍らす

 

肉や魚などキャンプで食材として使用される場合、事前に凍らしておくと保冷剤代わりになります


 

凍らすことで鮮度も維持でき、一石二鳥の効果があります。




 

我が家も真夏にキャンプをする時は、事前に買い出しをし食材を凍らせて持っていきます。

 

FullSizeRender










ハードクーラーボックスにソフトクーラーボックスを入れる

 

夏キャンプで連泊をする時など、長時間保冷を維持したい場合などに有効なのが、ハードクーラーボックスにソフトクーラーボックスを入れる方法


 

ソフトクーラーボックスの中には食材の他に、保冷剤も入れておいて下さい。


FullSizeRender








 

ハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスのダブル構造にすることで、長時間冷たさをキープ


 

FullSizeRender










食材と飲み物を分ける


 

クーラーボックスにお酒などを入れておくと、頻繁に開け閉めします


 

開け閉めの回数が増えると、その分冷気も逃げます。

 

 


 

食材と飲み物を違うクーラーボックスに分けることで、取り出しやすくなり食材の保冷も長く維持できます。


FullSizeRender








 

我が家も夏キャンプでは、飲み物用と食材用のクーラーボックス別々に使い分けています

 


FullSizeRender










直射日光は避ける

 

直射日光が当たる場所にクーラーボックスを長時間おけば、熱でクーラーボックス本体の温度が上がります


 

それに伴い内部の保冷力は下がります。


IMG_1089








 

クーラーボックスの設置は、日陰に置くことが大事


 

ポリエステル製のタープより、遮光性があって影が濃いポリコットンタープの下にクーラーボックスを置くと効果的。


FullSizeRender


 




関連リンク:夏キャンプタープ






 






地面に置かない

 

気温が上がるとそれに伴い、地面の温度も上がります


 

地面に直接クーラーボックスを置くと、地面の熱がクーラーボックスに伝わってきます。




 

クーラーボックスは、スタンドやメッシュになっているテーブルに置くと風通しがよくなり熱がこもりません。


IMG_1087



 







銀マットやアルミシートをかぶせる

 

食材の上に銀マットやアルミシートを敷くことで、冷気が外に逃げにくくなります


 

なるべく冷気を逃したくない方は、銀マットやアルミシートを食材の上に敷くと保冷力がアップ。


FullSizeRender









我が家は、いらなくなった8mm厚の銀マットをカットして使用しています


FullSizeRender

IMG_1150

 










事前にクーラーボックスの中を冷やす

 

事前に保冷剤を入れてクーラーボックスの中を冷やしておくと、冷えた状態の中に食材や保冷剤を入れられます


 

もうすでにクーラーボックスの中は冷えているので、保冷剤が溶けにくいです。




 

冷えたクーラーボックスの中に保冷剤を入れると、スムーズに食材を冷やすことが可能。

 

FullSizeRender










我が家は最強の保冷剤を使用


IMG_1432



 





 

−16℃を長時間維持するロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります


 

食べものや飲みものはもちろん、冷凍食品やアイスクリームまで保冷できる強力な最強の保冷剤。


FullSizeRender








 

夏キャンプでもロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、保冷に関しては全く心配はいりません


IMG_1194








 

我が家は、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使用


 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLは、ロゴスの氷点下パックシリーズの中で一番大きなサイズ。


FullSizeRender


























 

フィールドアのノーザンクーラーボックス


IMG_7377


 







 

ハードクーラーボックスで、一番人気があり売れているのが、フィールドアから発売されているノーザンクーラーボックス


 

ノーザンクーラーボックスの人気があり売れている理由は、高性能クーラーボックスが手軽な値段で購入できる所。


FullSizeRender








 

回転成形で製造されたボディは、優れた耐久性と高い密閉性を持っており、真夏でも高い保冷力をキープ


 

蓋とボディは、溶接や繋ぎ目のない一体構造。




 

一体構造でつくられている為、繋ぎ目からの割れを防ぎ、長期に使用できる耐久性を実現。


 
FullSizeRender









断熱剤の厚みは5cmあり、長時間冷たさをキープ


IMG_7378








 

密閉性に優れたパッキンを採用し、中の冷気が漏れにくくなっています


IMG_7379








 

ノーザンクーラーボックスは、高い保冷能力と優れた耐久性のある高性能なクーラーボックス


IMG_7377



















 






我が家は、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使用


 

−16℃を長時間維持するロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります。

 

IMG_1130

























まとめ


IMG_8332








 

今回は、クーラーボックスが長持ちする保冷剤の入れ方などを紹介しました。

 

 

冷たい冷気は上から下に移動するので、クーラーボックスの中に入れる保冷剤は基本上に設置します。


 

ただクーラーボックスが大型の場合、上に保冷剤を設置するだけでは下まで冷気が到着しません。

 

 

大型のクーラボックスを使用される場合、保冷剤は上下に置いてサンドイッチして下さい。


 

冷気をサンドイッチすることで、より保冷効果を高めます。


 

保冷剤は上と壁に置いても、クーラーボックス全体に冷気が行き渡ります。


 
以上、「クーラーボックスの保冷剤!最強の入れ方と時間を長持ちさせる置き方」でした。







キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)











 













キャンプ用品セール
Check!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック