2018050309








「年間50泊程、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender









気温が高くなる季節、我が家が特に気をつけているのが、クーラーボックスの保冷問題


特に暑くなってくると、しっかりと保冷を使用しなければ、食材が痛んでしまいます。


f8c0d72d-s[1]




キャンプではクーラーボックスが、食材を入れる冷蔵庫代わりになるので、保冷問題はかなり重要









最近は、高性能な断熱材の分厚いクーラーボックスも、いろいろなブランドから発売されています


昔に比べて、高性能な断熱材の分厚いクーラーボックスを、選びやすくなったと思います。


FullSizeRender









気をつけてほしいのが、高性能な断熱材の分厚いクーラーボックスを使用しても、しっかりとした保冷剤を選ばないと、クーラーボックスの保冷能力を100%発揮できません


FullSizeRender









今回は、我が家が使用する最強の保冷剤を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
キャンプでクーラーボックスの保冷剤の入れ方


3019050801









最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからクーラーボックスが発売されています


いわゆる高性能と言われるクーラーボックスも、たくさんのブランドがあります。


FullSizeRender









たくさんのブランドがあるので、昔に比べて高性能なクーラーボックスを、選びやすくなりました


FullSizeRender









保冷問題で、我が家がこだわってほしいのが、クーラーボックスよりも保冷剤


どれだけ高性能なクーラーボックスを選んでも、しっかりとした保冷剤を選ばないと、保冷効果が長時間維持できません。


2018050309









我が家は、最強の保冷剤と言われているロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使用


FullSizeRender









ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、最強の保冷剤と言われている通り、かなり強力でしっかりとした保冷剤


倍速凍結・氷点下パックはその名の通り、氷点下16℃まで冷やすことができます

氷点下16℃の表面温度と、16時間の持続力がある優れもの









ロゴスの倍速凍結・氷点下パックには、Mサイズ・Lサイズ・XLサイズの3種類があります


我が家は、冬キャンプには、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを1個使用。


2018050309









春夏秋キャンプには、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れています


クーラーボックスに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを入れることで、1泊2日のキャンプを余裕で保冷維持してくれます。


f8c0d72d-s[1]




冬キャンプは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを1個クーラーボックスに入れるだけで、余裕で1泊2日のキャンプ、保冷を維持してくれます


春や秋キャンプは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れることで、1泊2日のキャンプだと保冷剤が半分凍った状態


夏のキャンプは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れるだけで、1泊2日のキャンプを完璧に維持してくれます









気をつけてほしいのが、クーラーボックス内でロゴスの倍速凍結・氷点下パックに食材をくっつけてしまうと、その食材は凍ってしまう程強力
 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使用する時は、入れ方に気をつけて下さい。




凍ってはいけないものは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックから離す感じで使用して下さい。


3019050801









我が家は年間50泊行くキャンプに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを必ず使用しています


FullSizeRender










フィールドアのノーザンクーラーボックス


今キャンプで流行っていて売れているのが、フィールドアのノーザンクーラーボックス



ノーザンクーラーボックスのおすすめな理由は、高性能クーラーボックスが手軽な値段で購入できること。


FullSizeRender









いわゆる高性能クーラーボックスと呼ばれるものは、一体成型構造を採用しており、フタやボディに継ぎ目がありません


圧力注入された分厚い断熱材と、気密に優れた蓋の裏にあるパッキンで、長時間の保冷を実現。


FullSizeRender









5cmの断熱材が使われているので、かなり分厚さを感じます


FullSizeRender









高性能クーラーボックスが手軽に購入できるとあって、ノーザンクーラーボックスはかなり売れています


FullSizeRender

























スチールベルトクーラー


「スチールベルトクーラーは、厚さ3cmの発泡ウレタンが採用されており、クーラーボックス自体の厚みを感じません



いわゆる高性能クーラーボックスと、言われるものではありません。




ただ、真夏のキャンプ、1泊2日ぐらいなら保冷を完璧に維持してくれます。



2018050314









スチールベルトクーラーは、全体的にバランスがよく、悪い所がないクーラーボックス


高級感があり、見た目がおしゃれなのもスチールベルトクーラーのおすすめな理由。


2021081430 (54)









スチールベルトクーラーは、昔から今も流行りのロングヒット商品


流行り廃りがないので、いつまででも古臭さを感じず長く使用できます。


2018051002









スチールベルトクーラーは、我が家も保有しており、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするクーラーボックス


2020031703 (1)

























イエティのクーラーボックス


いわゆる高性能クーラーボックスとして代表的なものが、イエティのクーラーボックス



イエティのクーラーボックスは、熊に襲われても壊れないという程、丈夫でしっかりとしたつくり。




値段は高いですが、購入すると一生使用することができます。



2020031201 (3)









イエティのクーラーボックスは、回転成形という繋ぎ目のない一体成形を採用しており、高い気密性と優れた耐久性を実現


我が家も保有しており、実際に使用してみるとしっかりとしたつくりで、耐久性のあるのがわかります。


2021100401 (109)









5cmの圧力注入された断熱材が、長時間保冷を維持してくれます


保冷能力は、最大7日間中に入れた氷が溶けないと言われています。


2018050303

2018050308









イエティのクーラーボックスは、我が家が購入してよかったと思えるクーラーボックス


2020031201 (2)























ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLは、年間50泊キャンプに行く我が家が、必ずキャンプに持っていく保冷剤


FullSizeRender























まとめ


2018090402 (8)









最近は、クーラーボックス同様、保冷剤もいろいろなメーカーから発売されています。


100円ショップやホームセンターからも発売されており、たくさんの保冷剤があります。


そのたくさんある保冷剤の中で、最強のクーラーボックスと言われているのが、ロゴスの倍速凍結・氷点下パック。


ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、最強と言われている通り、かなり高性能な保冷剤。


クーラーボックスの中に、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを入れておくだけで、1泊2のキャンプなら余裕で保冷を維持してくれます。


ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめする保冷剤。


以上、「キャンプで使うクーラーボックス!保冷剤の入れ方はこれで完璧!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック