FullSizeRender








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドからクーラーボックスが発売されています



いざ購入しようと思っても、たくさんあり過ぎて、どのメーカーのどのサイズのクーラーボックスを選んだらいいか迷います。


FullSizeRender









今、キャンプで使うクーラーボックスで、よく売れているのが、40L〜50Lサイズのクーラーボックス




40L〜50Lサイズのクーラーボックスが売れているということは、そのサイズが使いやすいんだと思います









実際、我が家も50Lのコールマンのスチールベルトクーラーを使用していますが、ちょうどいいサイズ


FullSizeRender








今回は、40L〜50Lサイズのクーラーボックスがなぜ使いやすいのか、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
キャンプで使うクーラーボックスの大きさ


FullSizeRender









最適なクーラーボックスのサイズは、大人2人で使用しても家族4人で使用しても、それ程変わりはないと思います


たとえお子さん2人増えたからといって、それ程容量が増えるということはありません。




デュオキャンプもファミリーキャンプも、最適なクーラーボックスの容量は、だいたい一緒









最適なクーラーボックスの容量は、作る料理や季節によっても変わってきます


FullSizeRender









冷やさなければいけない食材が増えると、それだけ場所を取るし、夏場はペットボトルやビールなどの缶が増えるので、入れるスペースが必要


その都度、クーラーボックスに入れるものが変わってくるので、最適なクーラーボックスの容量も変わってきます。


2018051005




キャンプで使うクーラーボックス大きさは、最低でも40L〜50Lサイズを購入して下さい









今、キャンプで使うクーラーボックスで人気があり売れているのが、40L〜50Lサイズ


人気があり売れているということは、それだけ使いやすいんだと思います。


FullSizeRender









実際我が家も、50Lサイズのコールマンのスチールベルトクーラーをキャンプで使用していますが、ちょうどいいサイズです


キャンプで使うクーラーボックスは、40L〜50Lサイズがおすすめ。


FullSizeRender










メイン&サブのクーラーボックス


暑い時期は、メインのクーラーボックス+サブのクーラーボックスがあれば便利


FullSizeRender









夏場は、ペットボトルやビールなどの缶が増えるので、サブのクーラーボックスを用意すると、メインのクーラーボックスに入れられるスペースが増えます


どうしても、ペットボトルやビールなどの缶は、場所をとってしまいがち。




我が家は暑い時期、キンキンに冷えたビールを飲みたいということで、サブのクーラーボックスにビールを入れています。



FullSizeRender









20Lサイズのクーラーボックスに、保冷剤を2つ入れているので、ビールがかなりキンキンに冷えます


暑い時期に、冷えたビールを飲むのは、最高の贅沢。


FullSizeRender









我が家は最強の保冷剤、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使用


FullSizeRender









ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、最強の保冷剤と言われている通り、かなり高性能




ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、その名の通り−16まで冷やすことができる優れもの  

マイナス16℃の表面温度と、16時間の持続力があります









ロゴスの倍速凍結・氷点下パックのサイズは、Mサイズ・Lサイズ・XLサイズ


FullSizeRender









我が家は、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使用


FullSizeRender









クーラーボックスに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れるだけで、1泊2日のキャンプなら余裕で保冷を維持してくれます


2018051005









我が家は、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを、年間50泊行くキャンプに必ず使用しています


FullSizeRender









ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、最強の保冷剤と言われている通り、かなり保冷能力の高いのが特徴


FullSizeRender























サブのクーラーボックス


サブのクーラーボックスは、20Lサイズがちょうどいいサイズだと思います


FullSizeRender









サブのクーラーボックスとしておすすめなのが、ソフトクーラーのAOクーラズ


FullSizeRender









AOクーラーズの人気がある理由は、ソフトクーラーなのに、かなり高性能


厚さ1.9cmの断熱材が、長時間保冷を維持。




実際に触ってみると、かなりの分厚さに驚かれると思います。


FullSizeRender









今、キャンプで人気があり一番売れているのが、AOクーラーズ


FullSizeRender




サイズは、6パック5.7L・12パック11L・24パック23L・36パック34L・48パック45L









「AOクーラーズは、カラーも豊富にあるので、自分好みのサイズとカラーが選べます


楽天のアウトドアクーラーボックスランキングの上位で、今かなり売れているクーラーボックス。


FullSizeRender

























20Lサイズでよく売れているハードクーラーが、イエティのローディ24


イエティのローディ24も、楽天のアウトドアクーラーボックスランキングで、常に上位の商品。


FullSizeRender









我が家も、イエティのクーラーボックスを使用


FullSizeRender









イエティのクーラーボックスは、熊でも壊せない丈夫なつくりと言われています


痛むことなく長く使えるのが、購入するメリット。




値段は高価ですが長く使えるので、選んで損はないと思います。


FullSizeRender









イエティのクーラーボックスは、回転成形という継ぎ目のない一体成形を採用しており、高い気密性と優れた耐久性


圧力注入された5cmの断熱材が、長時間の保冷を実現。


FullSizeRender









イエティのローディ24は、飲み物専用としてつくられたと言っても過言ではない便利さ




2Lのペットボトルが、縦に6本入れることが可能。


500mlの缶だと24本・360mlの缶だと36本入ります










イエティのローディ24は、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするクーラーボックス


FullSizeRender

























フィールドアのノーザンクーラーボックス


今キャンプで流行っていて売れているのが、フィールドアのノーザンクーラーボックス



ノーザンクーラーボックスのおすすめな理由は、高性能クーラーボックスが手軽な値段で購入できること。


FullSizeRender









いわゆる高性能クーラーボックスと呼ばれるものは、一体成型構造を採用しており、フタやボディに継ぎ目がありません


圧力注入された分厚い断熱材と、気密に優れた蓋の裏にあるパッキンで、長時間の保冷を実現。


FullSizeRender









5cmの断熱材が使われているので、かなり分厚さを感じます


FullSizeRender









高性能クーラーボックスが手軽に購入できるとあって、ノーザンクーラーボックスはかなり売れています


FullSizeRender

























スチールベルトクーラー


「スチールベルトクーラーは、厚さ3cmの発泡ウレタンが採用されており、クーラーボックス自体の厚みを感じません



いわゆる高性能クーラーボックスと、言われるものではありません。




ただ、真夏のキャンプ、1泊2日ぐらいなら保冷を完璧に維持してくれます。



2018050314









スチールベルトクーラーは、全体的にバランスがよく、悪い所がないクーラーボックス


高級感があり、見た目がおしゃれなのもスチールベルトクーラーのおすすめな理由。


2021081430 (54)









スチールベルトクーラーは、昔から今も流行りのロングヒット商品


流行り廃りがないので、いつまででも古臭さを感じず長く使用できます。


2018051002









スチールベルトクーラーは、我が家も保有しており、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするクーラーボックス


2020031703 (1)

























イエティのクーラーボックス


いわゆる高性能クーラーボックスとして代表的なものが、イエティのクーラーボックス



イエティのクーラーボックスは、熊に襲われても壊れないという程、丈夫でしっかりとしたつくり。




値段は高いですが、購入すると一生使用することができます。



2020031201 (3)









イエティのクーラーボックスは、回転成形という繋ぎ目のない一体成形を採用しており、高い気密性と優れた耐久性を実現


我が家も保有しており、実際に使用してみるとしっかりとしたつくりで、耐久性のあるのがわかります。


2021100401 (109)









5cmの圧力注入された断熱材が、長時間保冷を維持してくれます


保冷能力は、最大7日間中に入れた氷が溶けないと言われています。


2018050303

2018050308









イエティのクーラーボックスは、我が家が購入してよかったと思えるクーラーボックス


2020031201 (2)






















まとめ


FullSizeRender









キャンプて使うクーラーボックスの大きさは、40L〜50Lサイズが使いやすいと思います。


実際に、人気があり売れているのが、40L〜50Lサイズのクーラーボックス。


40L〜50Lサイズのクーラーボックスだと、1泊2日のキャンプにちょうどいいサイズ。


最近は、いろいろなクーラーボックスが発売されており、その中で特に売れているのが、いわゆる高性能と言われるクーラーボックス。


高性能なクーラーボックスは、断熱材が分厚く長時間の保冷が可能。


昔に比べてたくさんのクーラーボックスが発売されているので、最近はとても選びやすくなりました。


以上、「年間50泊行く我が家がレビュー!キャンプのクーラーボックス!ベストな大きさはこのサイズ!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 

































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック