IMG_3039








「最近は、キャンプブームということもあり、ソロでキャンプをする方も増えました



それに伴い、ソロテントもたくさんのアウトドアブランドから発売されています。




いざ購入しようと思っても、どのブランドのどの形のソロテントを選んだらいいか迷います。


FullSizeRender









最近の流行りは、サイドウォールのついているワンポールテントやパップ型テント


その中で、TC素材がとても人気。


FullSizeRender









TC素材は、影が濃く遮光性が高いのが特徴」


夏の強い日差しを軽減します。




暖房器具で暖めた空気が、外に逃げにくいので、寒い時期も重宝します。


FullSizeRender









「TC素材のソロテントは、春夏秋冬快適に使用できます


FullSizeRender









今回はTC素材のソロテントを含め、今人気で売れているソロテントを詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね!
Instagram









*タイトル
おすすめなソロテント




ソロティピー1TC


バンドックから発売されているのが、ソロティピー1TC


ソロティピー1TCは、今流行りのサイドフラップが付いているワンポールテント。


FullSizeRender









ソロティピ1TCのサイズは、440×240で高さが240cmとそれ程大きなワンポールテントではありません


IMG_3783









サイドフラップが付いていることで、こじんまりしたサイズのソロティピ1TCを広く使えます


FullSizeRender









インナーサイズは、220×100で高さが135cmあるので、2人で就寝するのは無理ですが、1人で十分過ぎるスペース


IMG_3784










生地はまぁまぁ分厚く、TC素材は柔らかな感じで肌触りがいいのが特徴


IMG_3782









ソロティピ1TCは、サイドフラップが付いているワンポールテントで、人気がありかなり売れているテント


FullSizeRender

























ソロベース


ソロベースは、バンドックから発売されているパップ型テント


今やパップ型テントといえば、バンドックと言われる通り、とても人気があり売れている商品。


IMG_3791









ソロベースには、ソロベースとソロベースEXがあり、ソロベースEXにはスカートとサイドフラップが付いています


FullSizeRender




ソロベースEXにはスカートとサイドフラップが付いているので、寒い時期にキャンプをされるならソロベースEXがおすすめ。

どちらかというと、ソロベースよりソロベースEXの方が人気があり売れています。









「素材のTCは、まぁまぁ分厚く、しっかりとしたつくり



IMG_3792









TC素材なので、焚き火の火の粉でダメージが起きにくく、近くで焚き火がやりやすいです


FullSizeRender









サイズは、360×190で高さが110cmと、縦に細長い形でフルクーロズするとやはり狭いです


幕を立ち上げキャノピーにすることで、広く使うことができます。


FullSizeRender









インナーサイズは、190×85で高さが100cmあり 1人で使うには十分なスペースがありますが、傾斜があるのでサイズの割りには狭く感じます


IMG_3793









ソロベースを購入されるなら、サイドフラップとスカートが付いたソロベースEXがおすすめ


ソロベースEXは、楽天のテントランキングでも上位で、かなり売れているテント。


FullSizeRender

























エクスカーションティピーⅡ/325


コールマンから発売されているエクスカーションティピーⅡ/325の素材は、テックスファイバーが採用されており、見た目と肌触りがTC風


TC素材ではないので結露はありますが、速乾性に優れているので風に当たるとすぐに乾きます。




幕質は、めちゃくちゃ分厚くはありませんが、しっかりとしたつくり。


IMG_3798









エクスカーションティピーⅡ/325は、フロントポールを採用しており、フロントポールがあることで前室ができます


前室には、靴やちょっとした荷物を置けるので、とても重宝します。


IMG_3801









385×325で、高さ200cmの本体サイズ


IMG_3800









インナーテントのサイズは、325×230で高さ200cmあるので、3人家族でも就寝できます


インナーテントが広いので、ソロで使うと荷物を入れて十分過ぎるほどのスペースを確保できます。


IMG_3802









エクスカーションティピーⅡ/325は、今かなり売れているワンポールテント


IMG_3799


























ツーリングドーム



「ツーリングドームは、コールマンから発売されているドーム型のソロテント


今ドーム型のテントが売れていない中で、コールマンのツーリングドームはかなり人気で売れています。


FullSizeRender









幕質は、めちゃくちゃ分厚くはありませが、しっかりとしたつくり


2021092220 (6)









インナーテントのメッシュになる出入り口が広いので、暑い時期も快適


FullSizeRender









「コールマンのツーリングドームには、STとLXがあり、STのひとまわり大きなサイズがLXになっています



FullSizeRender




STのインナーサイズは、210×120cmで高さ100cm。

LXのインナーサイズは、210×180cmで高さが110cm。









STかLXを選ぶポイントとして、ソロキャンプがメインならツーリングドームST


FullSizeRender









2人で使用したり、1人でもゆったりと使うならツーリングドームLX


FullSizeRender









どちらというと、1人でも広く使えるツーリングドームLXの方が使いやすいのでおすすめします


FullSizeRender
























アテナワイドツーリング/130


アテナワイドツーリング/130は、コールマンとスポーツオーソリティのコラボ商品


コラボ商品なので、Amazon・楽天・ヤフーショッピングでも購入できますが、購入できる所は限られています。


IMG_3809









アテナワイドツーリング/130の特徴は、アルミ合金製になっており、軽くて丈夫で強度も高く優れています


グラスファイバー製のポールが多い中、丈夫でしっかりとしているので、ポールが折れることなく、長く使用できます。



IMG_3812









フライシートは、ポリエステル製になっており、まぁまぁ分厚くしっかりとしたつくり


IMG_3806









305×230cmで高さ130cmの本体サイズですが、イスやテーブルをロースタイルにすることで、圧迫感がなく過ごせます


IMG_3805









130×220cmで高さ115cmあるインナーテントは、1人分のシュラフを入れたらゆったりサイズ


IMG_3804









インナーテントは、吊り下げ式になっており、設営も簡単


キャノピーを立てると、より広く使えます。


FullSizeRender









ソロ用のドーム型テントとしては、値段は高い方ですが、しっかりとしたつくりで長く使用できるので、選んで損はないと思います


IMG_3809

























フォークテントTC280プラス


フォークテントTC280プラスは、フィールドアから発売されているサイドフラップの付いたワンポールテント


FullSizeRender









我が家が、フォークテントTC280プラスを購入した理由は、手頃な値段で購入でき二又ポールだったから



二又ポールのフォークテントTC280プラスは、かなり使い勝手がいいテント。


FullSizeRender









フォークテントTC280プラスの特徴は、サイドフラップが付いている所


FullSizeRender









2本のポールで張り出すと、別でタープを張ったような広さになり、とても快適


FullSizeRender









1本のポールで張り出すと、張り出した所に荷物が置け、幕内でゆったりと過ごせます


FullSizeRender









本体サイズは、280×280cmで高さが175cmあるので、インナーテントを張らなければ、2人分のシュラフを置くことも可能


FullSizeRender









フォークテントTC280プラスはTC素材なので、近くで焚き火をすることもできます


FullSizeRender









素材のTCは肌触りが独特で、少し硬めの生地なので、肌触りかあまりよくはありません


FullSizeRender









フォークテントTC280プラスには、フルクローズできるインナーテントが付いており、サイズは260×130cm


FullSizeRender









1人分のシュラフを入れてゆったりと過ごせますが、サイズ的に2人分のシュラフを置くことはできません


FullSizeRender









フライシートの裾部分にスカートは付いていますが、ペグダウンはできません


ただスカートがある分、隙間風の入り込みを軽減してくれるので、寒い時期も快適。


FullSizeRender









我が家がソロキャンプやデュキャンプでよく使うのが、フォークテントTC280プラス


年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするワンポールテント。


FullSizeRender

























ソロホームステッドTC


ソロホームステッドTCは、ワンティグリスから発売されている2ポールテント


FullSizeRender









素材はTCになっており、テカらない質感とソフトな触り心地


TC素材が、とても心地いいと思います。


FullSizeRender









見た目がワイルド過ぎないので、女性の方が使用しても違和感がありません


FullSizeRender









ソロホームステッドTCの最大の特徴は、シェルターとして使えテントとしても使用できること


FullSizeRender









付属のグランドシートに、バックルを取り付けることで、テントとして使用できるので、とても便利


本体サイズは、400×240cmで高さが160cmあるので、荷物を置かなけばコット2つを置くことも可能。


FullSizeRender




設営は、6ヶ所をベグダウンし、フレームを4本差し込み、ポールを2本立てたら設営が完了。

簡単に設営ができるのも、ソロホームステッドTCの良いところ









本体にはガード付きの煙突穴が付いており、薪ストーブをする時にとても便利


FullSizeRender









メッシュになる前後の出入り口と、側面にある窓が開けられるので、風通しが良いのが特徴


ワンティグリスのソロホームステッドTCは、春夏秋冬使える2ポールテント。


FullSizeRender

























TCワンポールテント


TCワンポールテントは、ワンティグリスから発売されているTC素材のワンポールテント


FullSizeRender









素材はTCになっており、テカらない質感で、肌触りがとてもいいのが特徴


FullSizeRender









「本体にはガード付きの煙突穴が付いており、薪ストーブをする時にとても便利


FullSizeRender









ワンティグリスのTCワンポールは、ワンポールテントに珍しい10角形の形


10角形の形なので、ほぼ丸の形と思ってもらったらいいと思います。


FullSizeRender




10角形の形をしているので、ペグダウンするのも10ヶ所。


10ヶ所をペグダウンし、中央にポールを立ち上げるだけで設営が完了。


設営がとても楽なのが、TCワンポールテントの良いところ










TCワンポールテントは、裾部分にスカートが付いていますが、全周ではありません


前方のキャノピーとして立ち上げる場所には、スカートが付いていないので、注意して下さい。


FullSizeRender









ワンティグリスのTCワンポールの特徴は、前方の出入り口を2本のポールを使って、立ち上げができること


ワンポールテントなのに、2本のポールでキャノピーにできるので、別途タープを張る必要はありません。




キャノピーとして立ち上げた所がタープ代わりになるので、とても便利。



FullSizeRender









サイズは、直径360cmで高さが205cmあるので、2人分のコットを入れられます


ソロで使用しても、ゆったりとしたスペースが確保できるのもTCワンポールの良いところ。


FullSizeRender









ワンティグリスのTCワンポールは、一時的人気があり過ぎて購入できませんでしたが、現在は落ち着いています


FullSizeRender

























アーストリッパー2.0


アーストリッパーは、ホールアースから発売されているソロのこじんまりした2ルームテント


FullSizeRender









一番の特徴は、フライシートの裏に、シルバーコーティングがされていること


シルバーコーティングされた幕は、よくあるポリエステルの生地より分厚くしっかりとしたつくり。


2021021901 (5)









ポールは、ジュラルミンが採用されており、軽くて丈夫


2021021901 (4)









本体サイズは、230×300cmで高さ145cmあるので、ソロで使うと十分なスペース


イスとテーブルをロースタイルにすることで、より広く使うことができます。


FullSizeRender









インナーテントは、215×140cmで高さ120cmあるので、2人分のシュラフを敷くことも可能


FullSizeRender









フライシート裾には、スカートが付いているので、寒い時期でも快適


FullSizeRender









アーストリッパーは、幕質も分厚くしっかりしたつくりなので、長く使用できます


FullSizeRender
























YOKAティピ


YOKAティピは、YOKAから発売されているワンポールテント


IMG_3836









YOKAティピのおすすめな所は、幕のデザインだと思います


幕の本体色はダークカーキですが、光の当たり具合や角度によって、茶色や緑になることがあります。


IMG_3839









設営は4ヶ所をペグダウンし、立ち上げるだけなのでとても簡単


IMG_3837









YOKAティピは、テント外周に帯状のリフレクターが付いており、テントが光で反射する為、自分のテントを見失いません


IMG_3840









煙突穴が付いているので、幕内で薪ストーブをすることが可能


IMG_3842









入り口が2ヶ所あり、その2ヶ所をまくり上げるとかなり風通しがよく涼しいです


IMG_3843









YOKAティピはスカートがある為、寒い時期も使える4シーズンテント


IMG_3839









一時期売り切れで購入できなかったYOKAティピですが、現在はだいぶん落ち着いてきました


YOKAティピは、他にはない雰囲気のワンポールテントなので、人と少し違ったテントが欲しいという方におすすめします。


IMG_3836

























FOX-BASE TC


フューチャーフォックスは、2020年にスタートした信州発のアウトドアブランド


立ち上がってまだ時間が経っていないので、知らないという方も多いはず。


FullSizeRender









そのフューチャーフォックスで一番人気があるのがFOX-BASE TC


いわゆるパップ型テントと、呼ばれるもの。


FullSizeRender




FOX-BASE TCのコンセプトは、大人男の秘密基地









秘密基地を主としてつくられている為、他のメーカーのパップ型テントよりも、前室サイド部分の布が大きくなっています


サイドの布を大きくしたことで、より1人の空間を確保し、秘密基地感を強くもてるようになりました。


FullSizeRender









FOX-BASE TCのサイズは、375×230cmで高さが150cmと、他のパップ型テントより広い設計でつくられています


サブポールの高さが150cmあるので、座ると天井部分に頭が当たらず、より解放感があります。


FullSizeRender









スカートは、長めにつくられており、ペグダウンをすることも可能


FullSizeRender









テント裏面には、50×30cmの窓が装備


FullSizeRender









メッシュのインナーテントが付属されており、サイズが90×190cmあるので、1人分のシュラフを敷いても十分なスペース


FullSizeRender









煙突穴があるので、幕内で薪ストーブを使用することも可能


FullSizeRender









パップ型テントは、今流行りということで、いろいろなアウトドアブランドから発売されています


その中でFOX-BASE TCは、小さな所までこだわりを感じるテント。




こだわりがあるテントは、使いやすさがあります。


FullSizeRender









FOX-BASE TCは、パップ型テントとして、とても使い勝手のいいテントだと思います


フューチャーフォックスのFOX-BASE TCは、我が家おすすめのパップ型テント。


FullSizeRender

























TCルーテントデュオ


「TCルーテントデュオは、ヒマラヤのプライベートブランドのビジョンピークスから発売されています



TCルーテントデュオのおすすめな所は、素材がTC素材だということ。


IMG_3873









よくあるドーム型のテントは、インナーとフライシートの2重構造になっている為、設営に時間がかかりました


TCルーテントデュオは、フライシートがなく、TC素材のインナーテントのみなので、設営がとても楽。


FullSizeRender









TC素材のインナーテントは、防水加工されている為、雨の日でも問題なく設営ができます


FullSizeRender









220×180cmで、高さ130cmの本体サイズ


2人使用のテントなので、ソロで使っても十分過ぎるスペースを確保できます。


IMG_3874









TCルーテントデュオは、天井のメッシュになるルーフ・ベンチレーションが2ヶ所・出入り口2ヶ所、全てメッシュにできるので、風通しが良いのが特徴


FullSizeRender

FullSizeRender




TC生地は、暖房器具で暖めた空気が外に逃げにくいので、寒い時期も暖か。

TCルーテントデュオは、春夏秋冬使える4シーズンテント









TC素材は、とても分厚いつくりなので、痛むことなく長く使用できます



IMG_3873









TCルーテントデュオは、カンガルーテントとして使用できるので、とても便利



FullSizeRender









TCルーテントデュオは、我が家おすすめのポリコットンテント



FullSizeRender

























ノルディスクのユドゥン


「2人で使用するのにベストなテントですが、我が家はソロでも使用することがあります」


ユドゥンは、暑い時期に涼しいテントとして有名




素材がポリコットン製になっており、夏の強い日差しを軽減し、幕内の温度を下げます。


FullSizeRender









出入り口が広く、風通しがよくなければ、熱が幕内に溜まってしまいます


FullSizeRender









我が家が、夏キャンプにおすすめする涼しいテントが、ノルディスクから発売されているユドゥン


ノルディスクのユドゥンは、ポリコットン製になっており、夏の強い日差しを軽減。




出入り口の2ヶ所が大きいので、風通しがかなり良いのが特徴。


FullSizeRender









尚且つ、サイドにも4ヶ所の窓があります


FullSizeRender

FullSizeRender










ノルディスクのユドゥンは、夏涼しいだけではなく冬場も快適に過ごせます


ポリコットン素材は、暖房器具で暖めた空気を外に逃がさないのが特徴。


202201161 (81)









ノルディスクのユドゥンもポリコットン製になっており、寒い季節も暖かく過ごせます


202201161 (79)









ポリコットン生地は分厚く、かなりしっかりしたつくりなので、長く使用できるのもノルディスクのユドゥンの良いところ


触ってみると、生地の分厚さがわかります。


IMG_9178









値段は安くはないですが、痛むことなく長く使用できるので、購入して損はないと思います


IMG_0006 (1)









ノルディスクブランドは、廃盤がほとんどなく、流行り廃りがないので、ユドゥンもいつまでも古臭さを感じず、長く使っていけます


IMG_3039









210×260cmで、高さが150cmのサイズ


こじんまりしたテントですが、荷物を入れなけば4人で就寝することも可能。


FullSizeRender









我が家は荷物を入れて、ソロや夫婦2人で使用する時もあります


IMG_0026









ノルディスクのユドゥンは、見た目がかなりおしゃれなので、サイトで映えます



FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender









シロクマのロゴが、めちゃくちゃかわいいです


FullSizeRender









ノルディスクのユドゥンは、我が家が一番キャンプで使用しているテントで、購入して良かったと思えるテント


年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするテントです。


FullSizeRender

























まとめ


FullSizeRender









最近は、いろいろなブランドからソロテントが発売されています。


いざ購入しようと思っても、どのブランドのどの形のソロテントを選んだらいいか迷います。



今回紹介したソロテントは、今流行りで売れているテント。


売れているということは、それだけ使いやすいということ。


我が家の紹介したテントを参考にして、ぜひ選んでみて下さいね。


以上、「絶対おすすめ!最強のソロテント14選&TC幕!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 


































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック