2022041002 (59)








「年間50泊程、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




年間50泊もすると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります。


FullSizeRender









1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ


真冬ほど寒くはなく、真夏ほど気温が上がらないので、重装備でなくてもキャンプができます。


2022010901 (8)









焚き火で暖が取れるのも、春や秋キャンプ


春や秋キャンプは、焚き火好きにはたまらない季節。


FullSizeRender









冬キャンプは、寒くて過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば、自宅より快適に過ごせます


2021123101 (70)

2021123101 (82)









1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ


平地だと1日を通して熱く、熱帯夜になることもあります。   


FullSizeRender









夏キャンプを快適にする為、どんな装備で就寝されますか?


今回は、夏キャンプを快適に就寝する方法と、我が家のおしゃれなタオルケット&ブランケットを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
夏キャンプのおすすめタオルケット&ブランケット


2022041002 (92)









夏キャンプを快適に過ごすには、平地より標高の高いキャンプ場がおすすめ


標高が100m上がると、気温が0.6度下がると言われています。




我が家が夏キャンプに行く時、いつも標高の高いキャンプ場を選びます。


2021081430 (20)









標高の高いキャンプ場は、昼間は気温が上がりますが、夜が涼しく過ごしやすいです


2021081430 (106)

2021081430 (103)









夏キャンプを快適にするなら、標高の高いキャンプ場を選ぶのもひとつの方法


2021081430 (38)










インナーマット


寒い季節、気をつけてほしいのが、地面からの冷気


地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。




夏キャンプは気温が高いので、地面から冷気は発生しません









「夏キャンプは冬場と違い、地面からの冷気対策が必要ないので、床に敷くインナーマットなど、それほど神経質にならなくても大丈夫


2022041002 (30)










オールウェザーブランケット


我が家はテントの床の一番下に、オールウェザーブランケットを敷いています


2022041002 (4)









オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造



2015111214









NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています


2015111208









オールウェザーブランケットを敷いておくと、テントの床のダメージ防止になります



冬場は、地面からの冷気対策にもなります。



2022041002 (3)










WAQのインフレーダブルマット



「我が家が就寝する時に、いつも使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット



WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。


2022041002 (5)









「WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります」


2022041002 (7)









「厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます



2021051704 (5)









特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます


2021051703 (7)

2021051703 (8)









素材に、ひし形のウレタンを採用しているので、就寝するのに快適


ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません。


2021051704 (6)









空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます


2021051706 (11)

2021051707 (1)

2021051703 (1)









どんなコットにも、ちょうどいいい大きさで、とても良い寝心地


2021123101 (82)









「素材がポリエステルになっており、夏場
サラッとしていて涼しいです」


2022041002 (11)









WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット


我が家は、いろいろなマットを使用してますが、最近はWAQのインフレーダブルマットばかり。




年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめできるマット。



2021051703 (10)

























強力接触冷感Q-MAX0.5



「暑い時期は、ひんやりするマットを敷くことで、少しでも快適にして下さい」


我が家は、マットの上にひんやりマットの「強力接触冷感Q-MAX0.5」を敷いています。

  
2022041002 (12)

2022041002 (15)









「強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天のランキングでも上位で人気があり、一般的なクール敷きパッドよりひんやり感があります」  


2022041002 (89)









「肌触りがよく、接触冷感加工がされているので、触るとさらさらしています」   


寝転ぶとひんやりとしていて、夏キャンプにあると便利。  




洗濯機で丸洗いできるのも、強力接触冷感Q-MAX0.5の良い所。  











ペンドルトンのタオルブランケット



「我が家がタオルケットの代わりに使用しているのが、ペンドルトンのタオルブランケット



夏キャンプは、夜も気温が下がらず寒くならないので、寝袋は必要ありません。



2022041002 (34)









自宅で使用しているタオルケットやブランケットでもよいとは思いますが、我が家はキャンプ用にペンドルトンのタオルブランケットを使用しています



せっかくキャンプに行くのだから、やはりおしゃれなものを使いたいと、いつも思っています。



2022041002 (36)









「夏キャンプは、基本温度が高めですが、早朝が少し冷え込むことがあります」


シュラフまでは必要ないですが、タオルケットのようなものがあれば暖かいです。


2022041002 (36)









「我が家はタオルケットの代わりに、肌触り抜群のペンドルトンのタオルブランケットを使用



2022041002 (25)









ペンドルトンのタオルブランケットは、今キャンプで爆発的に売れている商品


人気があり売れている理由は、見た目のおしゃれさと高級感。


2022041002 (35)









ペンドルトンのタオルブランケットの良さは、肌触りがよく丁寧につくられているので丈夫で保温性があること


FullSizeRender









「値段は高いですが、購入する価値はあると思います」


我が家が、春夏秋冬毎回キャンプに持って行く便利なブランケットです。


FullSizeRender

FullSizeRender























まとめ



FullSizeRender









夏キャンプは、気温が下がらず寒くならないので、寝袋は必要ありません。



寝袋の代わりに、ブランケットやタオルケットで十分です。



自宅で使用されているブランケットや寝袋でもよいとは思いますが、できればおしゃれな方がいいです。



我が家はタオルケットの代わりに、ペンドルトンのタオルブランケットを使用。



ペンドルトンのタオルブランケットは、肌触りがよく使っていて気持ちいいのでおすすめします。



値段は高いですが、しっかりとしているので長く使用できます。



ペンドルトンのタオルブランケットは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするブランケット。



以上、「夏キャンプに絶対おすすめ!タオルケット&ブランケットはこれを選ぶべき!我が家が徹底レビュー!」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 




































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック