2022010901 (9)








「年間50泊程、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。




1年を通してキャンプに行くと、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります。


FullSizeRender









1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ


真夏ほど気温が上がらず、真冬ほど寒くないので、重装備でなくてもキャンプができます。




焚き火だけでも暖が取れ、焚き火を楽しめるのが春や秋のキャンプ。


FullSizeRender









春や秋のキャンプは、焚き火を楽しみながらゆったりとお酒を飲んでいます


焚き火が、とても気持ちいい季節。


FullSizeRender









1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ


1日を通して暑く、平地だと熱帯夜になることもあります。




キャンプをしていて暑いので、不快と感じてしまうのが夏のキャンプ。


FullSizeRender









真冬のキャンプは、寒いのでキャンプをしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすると自宅より快適に過ごせます


FullSizeRender









夏を除く、春・秋・冬キャンプに注意してほしいのが地面からの冷気


冬は1日を通して気温が下がり、春や秋は朝晩が冷え込みます。


2021123103 (9)









気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気


手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。


2022010901 (2)









我が家は地面からの冷気対策に、極厚の銀マットを使用


極厚の銀マットを敷くと、高級なフロアマットは必要ありません。


2022010901 (4)









テントに敷くインナーマットは、極厚の銀マットがあれば問題なし!その理由を、詳しくブログで紹介したいと思います。








2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
テントに敷くインナーマット


2021101701 (27)









夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプで注意してほしいのが、地面から発生する冷気


冬キャンプは1日を通して寒く、春や秋のキャンプは寒暖差で朝晩が冷え込みます。


FullSizeRender









気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気


手で地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。


FullSizeRender









特に気温が下がる冬キャンプ、暖房器具で幕内の温度を上げても、地面からの冷気対策をしないと快適には過ごせません


我が家は地面からの冷気対策に、極厚の銀マットを使用。




極厚の銀マットは、手軽な値段で購入できるのがメリット。



2022010901 (4)









極厚の銀マットがあれば、高級なフロアマットは必要ありません


地面からの冷気を完全に遮断してくれるのが、極厚の銀マットの良いところ。


2021101701 (4)










地面からの冷気対策


202201161 (79)




オールウェザーブランケット


我が家はテントの床の一番下に、オールウェザーブランケットを使用



オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造。



2015111214


仕様/規格 
●材質:ポリエチレンフィルム・アルミニウム・繊維・有色ポリエチレンフィルムの4層です

●サイズ:152×213cm

●重量:350g(CS:6/CT:50) 

●医療機器としてFDAに正式登録されているほか、アメリカの軍隊やボーイスカウトでも正式に使用されています。NASA開発の4層構造の多目的なシートで、毛布・レジャーシート・タープと様々な用途に使う事が出来る耐久性があります。 









「NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています」


2021101701 (1)









オールウェザーブランケットを敷くと、テントの床の保護にもなります


テントの床が傷やダメージになると、雨が降った時、雨水が浸透するリスクが高くなります。




長くテントを使用するなら、床の傷やダメージ対策は必要です。


2022010901 (3)






















極厚の銀マット


オールウザーブランケットの上には、極厚の銀マット


極厚の銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断してくれます。


2021101701 (4)









極厚の銀マットは、床全部に敷くのではなく、寝転がったり座ったりする所だけに敷けば大丈夫


ピンポイントに敷くことで、銀マットの枚数を減らせます。




極厚の銀マットは、地面からの冷気を遮断するだけではなく、クッション性も高めます

1枚より2枚重ねて敷くと、地面のでこぼこなどを、より吸収してくれます









「極厚の銀マットは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするキャンプアイテム



2022010901 (4)

























「極厚の銀マットの上には、エルパソのブランケット」



エルパソのブランケットは、昔も今も流行りのキャンプアイテム。




人気がありすぎて、一時期購入できませんでしたが、現在は落ち着いています。


2021101701 (20)

2021101701 (19)









「エルパソブランケットの人気がある理由は、他にはない雰囲気で、見た目がかなりおしゃれ」


2021101701 (14)









「生地はかなり分厚く、とてもしっかりとしています」



触ってみると、思っている以上に、生地の分厚さがあります。


2021101701 (12)









「サイズが150×210cmなので、4人用のテントなら、2枚敷くとちょうどいい大きさ」



年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。


2021101701 (25)









「見た目以上に、かなりおしゃれなブランケットだと思います」



2022010901 (6)

2022010901 (10)

























WAQのインフレーダブルマット


「我が家が就寝する時に、いつも使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット



WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。


2022010902 (5)









「WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります」


2022010902 (1)









「厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます



2021051704 (5)









特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます


2021051703 (7)

2021051703 (8)









素材に、ひし形のウレタンを採用しているので、就寝するのに快適


ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません。


2021051704 (6)









空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます


2021051706 (11)

2021051707 (1)

2021051703 (1)









どんなコットにも、ちょうどいいい大きさで、とても良い寝心地


2021123101 (82)









WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット


我が家は、いろいろなマットを使用してますが、最近はWAQのインフレーダブルマットばかり。




年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめできるマット。



2022010902 (1)

2021051703 (10)

























まとめ


2022010901 (9)









最近は、キャンプブームということで、いろいろなブランドからフロアマットが発売されています。


そのフロアマットは、高級なものまでいろいろ。


我が家のおすすめは、極厚の銀マット。


極厚の銀マットは、手軽に購入できるのがメリット。


地面からの冷気を遮断する極厚の銀マットは、年間50泊キャンプに行く我が家の必需品。


以上、「寝心地が超快適!ファミリーテントに敷くインナーマットは絶対これ!使用している我が家が徹底レビュー!」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック